ブログランキング

21

January February March April May June July August September October November December
2006(Sun)

読感。

読感/国内小説

「遺品」若竹七海著を読みました。

金沢市郊外、銀鱗荘ホテルに眠っていた今は亡き女優・曾根繭子にまつわるコレクション。その公開作業が進められる中、明らかになったのは、コレクションを収集した大林一郎の繭子への異様なまでの執着。繭子の使った割り箸、繭子の下着、繭子の…狂気的な品々に誘われ、やがてホテルには、繭子が書き残した戯曲を実演するかのような奇怪な出来事が次々と起こる。それは確実に終幕に向かって―。書き下ろし本格長編ホラー。

↑本の裏から。

多分、この作家さんは怪奇より、悪意を書いた方が怖いと思うんですが。
うん、多分。
人間の生々しい感情を書いた方が、怖いと思います。
人の噂とか、執着といった方が……怖く感じられたし。
実際に、私はそう言ったものの方に恐怖を感じます。
それに、幽霊が怪奇現象を起こすより、いるかいないかという曖昧さがどちらかというと怖い気がするんですが、どうですか?
(映画とかの場合は、また違ってきますけど……効果音とか、怖いよね)

Edit Comments(0)

Page up▲

06

January February March April May June July August September October November December
2006(Sat)

読感。

読感/国内小説

一気に三冊、読んだわけではありませんが。
まとめて、感想書きます。

「仔羊の巣」坂木司著
「動物園の鳥」坂木司著
「三人目の幽霊」大倉崇裕著

私が日常ミステリーが好きなのは、目線が変わるだけで、何でもないような出来事に、驚きの真実が隠されているのを発見出来ること。
ただの意地悪に思えたことが、不器用な優しさだったりと。
そういうお話を読むと、自分の視野の狭さを実感します。そうして、自分も優しい視点を持てたらいいな、と思う。
それに、犯罪者が滅多に出てこないしね。
殺される人も出て来ないので、安心して読めるというか(病気や事故で亡くなるということはあるけれど)

というわけで、坂木司さんの本は、好みでした。
前に感想を書いた「青空の卵」の続編です。
特に「子羊の巣」に収録されている「カキの中のサンタクロース」での利明君のお父さんのエピソードが、良かったです。
不器用な思いやりが、すれ違って傷ついていたけれど。
鳥井さんの謎解きで、誤解が解けて、本当に良かった。
心がホカホカと温かくなります。色々と考えさせられる部分もありました。
加納朋子さんとか好きな人には、お奨めの作家さんです。ハマると思う。


「三人目の幽霊」は密かに目をつけていた本でした。
落語ということで、北村薫さんの「私」シリーズみたいな感じだろうと、思っていたのですが……日常の謎を取り扱っているというより、軽犯罪ですよね、コレ。
だから、事件の概要は私にも見えやすく、謎解きが劇的ということもなく、目から鱗がというような真相でもなく。
あ、でも、落語の部分は興味深く読めましたよ。うん。
……ただ、私が求めていたものは、お話の中にはありませんでした。


Edit Comments(0)

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2006 この瞳に映るもの, all rights reserved.
04 | 2006/05 | 06

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Page up▲