ブログランキング

31

January February March April May June July August September October November December
2012(Mon)

更新。

更新報告。

「星屑断章」、「花浅葱の衣」更新しました。

2012年の更新は本日で最後となります。
1年間、お付き合い頂き、誠にありがとうございました。
今年は色々と目標が達成出来ず(最低、月一更新だけは守れたけれど……)
新連載の用意の方も間に合っていないので、2013年ものんびり更新となるかと思いますが。

来年もまた、お付き合いしてくださいますと、管理人は泣いて喜ぶかと思われます。
どうぞ、よろしくお願いします!

では、皆様、良いお年を!

(私はまだ色々とやらなければ……)

Edit

Page up▲

26

January February March April May June July August September October November December
2012(Wed)

「黒衣の女 ある亡霊の物語」スーザン・ヒル著

読感/翻訳小説

「黒衣の女 ある亡霊の物語」スーザン・ヒル著/

広大な沼地と河口に面し、わずかに水上に出た土手道で村とつながるだけ。その館は冷たく光りながら堂々とそそり立っていた。弁護士のキップスは、亡くなった老婦人の遺産整理のため、館にひとり泊まりこむことになる。だが立ちこめる霧があたりを覆うと、想像もできなかった怪奇が襲いかかった…孤立した館にしのび寄る恐怖をじっくりと描きあげ、伝統ある英国ゴースト・ストーリーの歴史に新たなページをひらいた傑作。

↑本の内容紹介から。

クリスマスイブの夜、再婚した妻の子供たちや孫たちといった家族が集うなか、行っていた怪談話。
主人公である中年男性キップスはそんな家族から、何かないのかと話を求められます。
しかし、彼は頑なに拒否。しかしながら、想いは彼が昔、体験した過去へ――と。
まだ若かったキップスは、遺産整理のために潮が満ちると帰れなくなってしまう地にある館に泊まり込むことに。
周囲の地元の人間さえもあまりいい顔をせず、近寄らない館。
濃厚な霧の中で、迷う道。聞こえてくる悲鳴、と。
雰囲気は満点だけど、それほど怖くないようなと思っていました。
まあ、彼が一人で怖がっている感じがしていたんですね。
(一人だけ見て、聞いてという状況なので、妄想なんじゃ?という疑惑が)
それでのんきにページを捲っていましたが、ラストの残酷さに打ちのめされました。
…………暗示されていたわけだけど、よもやそんな展開が待っていたとは(というか、あったというべきか

うわぁぁぁぁ

このラストは、かなり衝撃でした。
酷い、この亡霊、酷いよ……

映画も今年「ウーマン・イン・ブラック」として公開されたようです。

黒衣の女 ある亡霊の物語〔新装版〕 (ハヤカワ文庫NV)黒衣の女 ある亡霊の物語〔新装版〕 (ハヤカワ文庫NV)
(2012/10/23)
スーザン・ヒル

商品詳細を見る


Edit

Page up▲

21

January February March April May June July August September October November December
2012(Fri)

手作り記録。

人形。

先日の記事で書いた、ランダムさんショックで(←何ですか、それは)一時的に本を読めなくなり、チクチクしてました。
そんな感じで、手作り日記。

(.. Read more)


Edit

Page up▲

12

January February March April May June July August September October November December
2012(Wed)

写真整理。

人形。

今年の初めにデジカメを新調したんですが、出不精だし、そんなに出番がないような気がしていたけれど。
お姫さまたちをお迎えしてからは、大活躍。

できれば、もっと可愛く撮ってあげたいのですが……。
精進します!

と、写真整理。

↓人形が苦手な方は開かないでくださいね!

(.. Read more)


Edit

Page up▲

06

January February March April May June July August September October November December
2012(Thu)

クリスマス。

人形。

ホッチキスで指を挟んで、ちょっぴり流血(大した量じゃない)
忙しかったせいもあって昼間は気にならなかったんですけど、家に帰って来ると気が抜けるのか……ズキズキする。
(ちょっぴり)

今日は大人しく本読もう。

と、先日、買ったお洋服。クリスマスなドレスです。
可愛いよー、ということでお披露目。

本やお洋服を色々と買った分、ここはこういう風にすればいいのかーとか。
素人なりに研究しているので(決して可愛さに目がくらんでポチっているわけではないですよ!)そろそろ、自分でもガシガシ作りたいところですが……指を怪我するとはね。

↓人形が苦手な人は開かないでくださいね!

(.. Read more)


Edit

Page up▲

03

January February March April May June July August September October November December
2012(Mon)

「江神二郎の洞察」 有栖川有栖著

読感/国内小説

コメント、ありがとうございます!
「お返事」のページにて、返信していますのでよろしければ、覗いてくださいませ。
その他、拍手もありがとうございます。がんばります。



「江神二郎の洞察」 有栖川有栖著/

その人の落とした『虚無への供物』が、英都大学推理小説研究会(EMC)入部のきっかけだった―。大学に入学した一九八八年四月、アリスは、江神二郎との偶然の出会いからEMCに入部する。江神、望月、織田とおなじみの面々が遭遇した奇妙な出来事の数々。望月の下宿でのノート盗難事件を描く「瑠璃荘事件」をはじめ、アリスと江神の大晦日の一夜を活写する「除夜を歩く」など、全九編収録。昭和から平成への転換期を背景に、アリスの入学からマリアの入部までの一年を瑞々しく描いた、ファン必携のシリーズ初短編集。

↑本の内容紹介から。

「月光ゲーム」「孤島パズル」「双頭の悪魔」「女王国の城」の探偵役・江神さんシリーズの初の短編集。
私は「双頭の悪魔」(文庫本)を最初に読んでからファンになり、過去長編を読んではまだ読みたいと!短編が収録されている雑誌などを図書館で幾つか読めたものの(あと、「孤島パズル」のコミック版で幾つかマンガ化され収録されています)、読めないものもあったので、いやー、待った待った!
(あとがきでは、私と同じような人も)
「瑠璃荘事件「「ハードロック・ラバーズオンリー」
「やけた線路の上の死体」「桜川のオフィーリア」
「四分間では短すぎる」「開かずの間の怪」
「二十世紀的誘拐」「除夜を歩く」「蕩尽に関する一考察」
アリス入部からマリア入部までの一年を綴った江神さんシリーズの短編集、全九編収録です。
時系列順に並んでいるので、その順で読むと季節の移り変わりと同時に、長編「月光ゲーム」での事件がアリスたちに暗い影を落とし、またそこからの変化も垣間見えます。
それと加筆修正がされているので、その他長編にも絡めるような書かれ方をしていて、また読み返したくなる!
(初めての人は「やけた~」と「桜川~」の間で、「月光ゲーム」を読むと良いかも)
何にしても、ミステリ好きが集まったサークルなので、江神さんアリス、モチ先輩に信長さんが繰り広げるミステリ談義が楽しい。楽しい。
いやー、色々と本が読みたくなってきます!
他にも「除夜を歩く」で、江神さんとアリスが交わした会話で、私が幻想・怪奇にも惹かれる理由がわかったような(?)気がしました。
このシリーズ、あと長編一本と短編集一冊で完結予定とのことで……続きが読みたい反面、終わって欲しくないという複雑な心境に陥っているのですが(笑)
それでもまた、EMCメンバーに逢えることを心待ちにしております!

江神二郎の洞察 (創元クライム・クラブ)江神二郎の洞察 (創元クライム・クラブ)
(2012/10/30)
有栖川 有栖

商品詳細を見る
月光ゲーム―Yの悲劇’88 (創元推理文庫)月光ゲーム―Yの悲劇’88 (創元推理文庫)
(1994/07)
有栖川 有栖

商品詳細を見る
孤島パズル (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)孤島パズル (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)
(1996/08)
有栖川 有栖

商品詳細を見る
双頭の悪魔 (創元推理文庫)双頭の悪魔 (創元推理文庫)
(1999/04)
有栖川 有栖

商品詳細を見る
女王国の城 上 (創元推理文庫)女王国の城 上 (創元推理文庫)
(2011/01/26)
有栖川 有栖

商品詳細を見る
女王国の城 下 (創元推理文庫)女王国の城 下 (創元推理文庫)
(2011/01/27)
有栖川 有栖

商品詳細を見る

Edit

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2012 この瞳に映るもの, all rights reserved.
11 | 2012/12 | 01

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Page up▲