ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん
・マリア
(レッドデリシャス)
・アリス
(ユニバーシティオブラブ)
・ローズ
(モニークマニフィーク)
・ティナ
(セイディスプリンクル)
・リディ
(キスミートゥルー)
・ニーナ
(ミシャティビャーリュブリュー)
・ユリア
(ローシェックモルセー)
・カレン
(シャルロットデフルール)
・アメリア
(レジーナ・アーウェン)
・イザベラ
(ビアンカパール)
・ジュリア
(スコッティマム)
・エステル
(サリー・サルマガンディ)
*べべ
(メラニーユビークガール)
・メアリー
(ダークラビットホール)
・ソフィア
(ミンティーマジック)
・メロディ
(プレイフルレインドロップス)
・ルーシー
(デヴィデラクール)
・グリシーヌ
(アドアーズ・アナ)
・クラリッサ
(ホームスウィートホーム)
・ベアトリス
(ミュージカルトレンチ)

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

ブログ内検索

  • 2016
  • 01/29
  • Fri

「ウィスキー&ジョーキンズ: ダンセイニの幻想法螺話」ロード・ダンセイニ著

Twitterでやっていた「ウィスキー&ジョーキンズ」の豆本キャンペーンに、当選しました!

やったね!
01281.jpg

「ウィスキー&ジョーキンズ: ダンセイニの幻想法螺話」ロード・ダンセイニ著/

初老の紳士ジョーキンズがウィスキーを片手に、実話と称して語り出す若かりし日の思い出――幻獣に出会い、魔術に驚異し、一獲千金に胸躍らせる、奇想天外な冒険の数々。香り豊かで軽やかなテイスト、心地よい後味にほろ酔い気分。どこから読んでも楽しめる愉快な短篇23作。

↑本の内容紹介から。

話を向ければ、「その話をしよう」と語り出すのはウィスキー片手に初老の紳士ジョーキンズ。
そんな彼が紡ぐのは冒険、回想、法螺話?な、短編23編収録。

「アブ・ラヒーブの話」「薄暗い部屋で」「象の狙撃」「渇きに苦しまない護符」「失なわれた恋」
「リルズウッドの森の開発」「真珠色の浜辺」「アフリカの魔術」「一族の友人」「流れよ涙」
「ジョーキンズの忍耐」「リンガムへの道」「ライアンは如何にしてロシアから脱出したか」
「オジマンディアス」「スフィンクスの秘密」「魔女の森のジョーキンズ」「ジョーキンズ、馬を走らせる」
「奇妙な島」「スルタンと猿とバナナ」「徴」「ナポリタンアイス」「ジョーキンズ、予言者に訊く」「夢の響き」

解説コラム
「アデンとジョーキンズ」「食卓と幽霊」「ユニコーンのこと」「原始の自然の力」
「オジマンディアス、王の中の王」「幻の都を求めて」「キルケと神秘の生き物たち」
「ナポリタンアイス、緑は何味?」「一獲千金の夢」

私は同じテイストのものより、色々な引き出しといいますか、多彩な味わいがある作家さんが好きなので、初ダンセイニでしたが、とても面白かったです。
冒険テイストから、ユーモアありの法螺話にファンタジーよりの話もあれば、幻想的なものと。
「その話をしよう」を合い言葉に、瞬時にお話を作り出すかのようなジョーキンズ氏の口から、
次はどんな話が飛び出してくるのか、わくわくしてページを捲る手が止まりませんでした。
お話はジョーキンズ氏の友人が筆記していると言う形なので、ジョーキンズ氏とその周りへの観察眼もあったりして。
ジョーキンズ氏ばかりが喋るので、自分たちも喋りたい人がたまに邪魔をしようと画策したり(笑)
あと、解説コラムも楽しい!
お気に入りは「薄暗い部屋で」わくわくする冒険譚を求めるうるさい子供たちを、怪奇談でやり込める大人げないジョーキンズ氏がお茶目で素敵。
他に「アフリカの魔術」なども笑った。
とっても楽しい本でした。
本の装丁イラストも、読み終われば「おお、あの話の!」という発見があって、これまた素敵。
(本は箱入りなので、書影ではそのイラストの全部は見られませんが)



おまけ。

download.jpg
0128.jpg

top↑

  • 2016
  • 01/27
  • Wed

「グランド・ブルテーシュ奇譚」「箱入り王女の災難 魔術と騎士と黒猫の序曲」
「シンデレラ伯爵の靴箱館」1~3まで。
「西洋中世奇譚集成 妖精メリュジーヌ物語」「神を見た犬」
「ブラウン神父の知恵」読了。

今年に入ってからは、セールなど電子で買っていた本を消化しつつ。
積ん読本が山ほどあるので、今年はなるだけ本を積まないを目標にしていますが……。
それでも積もる。

皆川さんの本は単行本で読んだからね! ある意味、コレクションだから!





top↑

  • 2016
  • 01/22
  • Fri

お迎え。

イラストが出たときから、これはお迎えせねばと予約していたお嬢さんが届きました。
金髪さん!

お名前はソフィアさんにしました。よろしくです!

金髪設定だけど、ジュリアさんともアリスさんともちょっと色が違う金髪。
可愛いな!





top↑

  • 2016
  • 01/12
  • Tue

読書のまとめ。

2016年ももう十日以上過ぎたとか。早いですね!

今年もぼちぼちとよろしくお願いします。



とりあえず、読書のまとめ。

漫画とか映画(DVD)など合わせると、295冊。
活字本は100冊ちょっとのようです。
活字本だけ、某メーターで登録している。
そのデータによると、
読んだ本の数:103冊
読んだページ数:34832ページ

とりあえず、2015年好きな本約10冊を何となく選出。

「神曲」ダンテ
「誰でもない彼の秘密」マイケラ・マッコール
「火打箱」サリー・ガードナー
「12人の蒐集家/ティーショップ」ゾラン・ジヴコヴィッチ
「剣闘士に薔薇を」ダニーラ・コマストリ=モンタナーリ
「声」アーナルデュル・インドリダソン
「マルセル・シュオッブ全集」マルセル・シュオッブ
「スウェーデンの騎士」レオ・ペルッツ
「教皇ヒュアキントス ヴァーノン・リー幻想小説集」ヴァ―ノン・リー
「ストーナー」ジョン・ウィリアムズ

他にもツボった本は山ほどあります→「こちら

↓以下、2015年の読書のまとめ。

top↑