ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん
・マリア
(レッドデリシャス)
・アリス
(ユニバーシティオブラブ)
・ローズ
(モニークマニフィーク)
・ティナ
(セイディスプリンクル)
・リディ
(キスミートゥルー)
・ニーナ
(ミシャティビャーリュブリュー)
・ユリア
(ローシェックモルセー)
・カレン
(シャルロットデフルール)
・アメリア
(レジーナ・アーウェン)
・イザベラ
(ビアンカパール)
・ジュリア
(スコッティマム)
・エステル
(サリー・サルマガンディ)
*べべ
(メラニーユビークガール)
・メアリー
(ダークラビットホール)
・ソフィア
(ミンティーマジック)
・メロディ
(プレイフルレインドロップス)
・ルーシー
(デヴィデラクール)
・グリシーヌ
(アドアーズ・アナ)
・クラリッサ
(ホームスウィートホーム)
・ベアトリス
(ミュージカルトレンチ)

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

ブログ内検索

「ジャムの真昼」 皆川博子著

読感です。

「ジャムの真昼」 皆川博子著

叔母のアトリエにあるジャムの壺はぼくのもの。だからいつも舐めている。アトリエに通ってくる男たちの好きなジャムは、叔母の両腿のあいだから流れるもの…表題作、言葉と映像の甘美で危険な交歓が紡ぐ作品集。

↑本の内容紹介から。

短編集「蝶」が和であったなら、こちらは洋です。
そして、「蝶」が詩句などから紡ぎだされた物語だったのに対し、こちらは写真や絵画から物語が紡がれます。
淡々とした語り口調のお話は、幻想的でどこか壊れているようにありながら、事実を知れば痛々しく切ないです。
この方の書くお話は、じんわりと沁みてくる。
お話はもちろんのこと、題材とされた写真や絵画も幻想的で、正直、写真でこういう表現ができるのかと驚かされました。
(写真って、何だろうな。一瞬を切り取る、そんな感覚しかなかったけれど)
「少女戴冠」に添えられていた写真は、愛くるしくも痛々しい、それでいて凛とした姿に目を奪われる。
表紙の絵も「ジャムの真昼」を読めば、その絵からお話が紡がれたと納得する。現実と幻想の境界線に惑う。
実に素晴らしい短編集でした。

ジャムの真昼ジャムの真昼
(2000/10)
皆川 博子

商品詳細を見る

top↑

コメントの投稿

secret