ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん
・マリア
(レッドデリシャス)
・アリス
(ユニバーシティオブラブ)
・ローズ
(モニークマニフィーク)
・ティナ
(セイディスプリンクル)
・リディ
(キスミートゥルー)
・ニーナ
(ミシャティビャーリュブリュー)
・ユリア
(ローシェックモルセー)
・カレン
(シャルロットデフルール)
・アメリア
(レジーナ・アーウェン)
・イザベラ
(ビアンカパール)
・ジュリア
(スコッティマム)
・エステル
(サリー・サルマガンディ)
*べべ
(メラニーユビークガール)
・メアリー
(ダークラビットホール)
・ソフィア
(ミンティーマジック)
・メロディ
(プレイフルレインドロップス)
・ルーシー
(デヴィデラクール)
・グリシーヌ
(アドアーズ・アナ)
・クラリッサ
(ホームスウィートホーム)

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

ブログ内検索

  • 2009
  • 01/22
  • Thu

「七姫幻想」 森谷明子著

読感です。

「七姫幻想」 森谷明子著

秋去姫、朝顔姫、梶葉姫……、七つの異称を持った七夕伝説の織女。神代の大王の怪死をめぐる幻想的な第一話から、江戸時代の禁忌の愛を描いた最終話まで、遥かなる時を隔てて女たちの甘美な罪が語られる。史実、和歌、人間ドラマという糸を縦横に組み合わせて描かれた、まさしく絢爛たる織物のような連作ミステリー!

↑本の内容紹介から。

図書館を舞台にした日常ミステリの「れんげ野原のまんなかで」の作者さんの本です。
機会があれば、他の本も、と思っていました。ので、この本が文庫化されたので、購入。

秋去姫、朝顔姫、薫姫、糸織姫、蜘蛛姫、梶葉姫、百子姫……七夕の織り姫の異称に合わせた七つの短編連作。
大和から平安、江戸と。
時代を移しながらお話はとある一族の存在を縦糸のようにして、帝(王)の寵愛を巡っての愛憎など、どろどろとした部分を描き、女性の醜さ、狡さ、弱さ、強かさ。そして、無垢といった色とりどりの横糸で織りあげられた物語でした。
時代ものでも、文章は現代語なので読みやすく、それでいて雰囲気は壊さず。
するすると読めました。
全体的に苦いというか、悲恋が多かったですが、その中で「朝顔斎王」のお話は可愛かった!
宮様の無垢で、それでいて鈍感なところが、可愛い。なかなか気づいて貰えない中将殿が気の毒というか、こちらもなかなかに不器用で!
初々しい二人が可愛い。可愛い。
「朝顔斎王」が一番のお気に入りです。
紹介文にあるように、ミステリです。ちゃんとミステリしていました。
密室やら首なし死体やら(←いや、そんな仰々しい描写はないけれど)
ミステリ好きな人だけでなく、古典文学や歴史が好きな人は読んでみては。
解説を読むと、色々と発見することがありそうですよ。
……私は時代ものを読むのは嫌いじゃないけど、詳しくないのでよくわかりませんが。
この作者さんのデビュー作を読みたいと思うくらいには、楽しめました。
ただ、恋愛部分はほろ苦い感じではあります。はい。
けど「朝顔斎王」は読んだ後、ほんわかすると思う。

七姫幻想 (双葉文庫)七姫幻想 (双葉文庫)
(2009/01/14)
森谷 明子

商品詳細を見る

top↑