ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん
・マリア
(レッドデリシャス)
・アリス
(ユニバーシティオブラブ)
・ローズ
(モニークマニフィーク)
・ティナ
(セイディスプリンクル)
・リディ
(キスミートゥルー)
・ニーナ
(ミシャティビャーリュブリュー)
・ユリア
(ローシェックモルセー)
・カレン
(シャルロットデフルール)
・アメリア
(レジーナ・アーウェン)
・イザベラ
(ビアンカパール)
・ジュリア
(スコッティマム)
・エステル
(サリー・サルマガンディ)
*べべ
(メラニーユビークガール)
・メアリー
(ダークラビットホール)
・ソフィア
(ミンティーマジック)
・メロディ
(プレイフルレインドロップス)
・ルーシー
(デヴィデラクール)
・グリシーヌ
(アドアーズ・アナ)
・クラリッサ
(ホームスウィートホーム)
・ベアトリス
(ミュージカルトレンチ)

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

ブログ内検索

  • 2009
  • 08/22
  • Sat

「ペニーフット・ホテル受難の日」 ケイト・キングズバリー著

「ペニーフット・ホテル受難の日」 ケイト・キングズバリー著

ここはペニーフット・ホテル。海辺の田舎町にひっそりと建つ、上流階級に人気の快適な宿だ。そのホテルで宿泊客の婦人が墜落死した。事故、それとも?ホテルの評判を守ろうと、勝ち気で行動的な女主人セシリーは、冷静で忠実な支配人のバクスターと共に、宿泊客らに事情を聞いてまわるのだが…。優雅なホテルで起こる事件の数々と、紳士淑女の人間模様を描くシリーズ第一弾。

↑本の内容紹介から。

エドワード王朝時代のイギリスの田舎町のホテルを舞台にした、ドタバタミステリ。
今作では、私の直感が「怪しい」と思った人が、そのまんま犯人だったので、少し拍子抜けしてしまいましたが。
(コージーはそこまで複雑な謎ときはないから、割と直感で犯人がわかる)
ホテルの評判を守ろうと奔走する、亡くなった夫の跡を継いで、ホテルを切り盛りしようとする女主人セシリーと、ホテルの支配人でセシリーを見守る(亡くなった主人に頼まれ、それを律儀に守ろうとするため、若干過保護な)バクスター。
二人の関係が今後のシリーズ展開でどんな風に変わっていくのか、ちょっと楽しみです。
時代的に女性は、男性に守られるべきだと思っているバクスターが(社会的には出しゃばるなといった感じ←世上的な感覚です。バクスターとしては、セシリーには日常、穏やかに過ごして欲しいと思っているんだろう)
自立しようとするセシリーの行動に、ハラハラしたりやきもきしながら、振り回されるのがいい。


ペニーフット・ホテル受難の日 (創元推理文庫)ペニーフット・ホテル受難の日 (創元推理文庫)
(2009/05/05)
ケイト・キングズバリー

商品詳細を見る

top↑