ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

応援してます!

  • 翻訳ミステリー大賞シンジケート
  • 被災地を応援しています
  • 覆面作家企画5

ブログ内検索

  • 2009
  • 09/18
  • Fri

「シャルビューク夫人の肖像」 ジェフリー・フォード著


読感です。

「シャルビューク夫人の肖像」 ジェフリー・フォード著

「姿を見ずに、肖像画を描いてほしい」肖像画家のピアンボに突然声をかけてきたのは、両目が白濁した盲目の男。
シャルビューク夫人の使いと称し、法外な報酬を口にして肖像画の製作を依頼してきた。
屏風の向こうで夫人が語る、過去の話とその声だけで姿を推測するという、その奇妙な依頼に、
やがて画家は虜となっていき・・・・・・。
謎の霊薬、奇病の流行――19世紀末のニューヨークを舞台に鬼才フォードが紡ぎ出す、奇怪な物語。

↑本の内容紹介から。

姿を見ずに、肖像画を描いて欲しいという、突拍子もない、だけど報酬の額の高額さに、画家としての力を試そうとする主人公・ピアンボ。
屏風越しに語るシャルビューク夫人の話が、何というかこれまた荒唐無稽というか。
未来が見えるとか、ね。
ホラ話かと思いきや、それを裏付ける物証が出てきたり、と。
どこまでが真実で、どこからが嘘なのか、ピアンボ共々、読みながら翻弄されました。
実際、作者にからかわれているんじゃないかという部分もある。
謎めいたシャルビューク夫人の姿は、見えなくとも語られる話の中での、存在感は圧倒的で。
読みながら、夫人の姿を自分なりに想像したりして、思いっきり、作品の中に引き込まれた。
夫人の依頼を受けてから、巷では血の涙を流して命を落とす奇妙な病気が広がったり、ピアンボを脅す存在が現れたりと、ハラハラドキドキ。
そして、結末はそうきたかと驚かされました。
ラスト部分、もう少し書き込んで欲しかった気がするけれど、十分に面白かったです。
主人公が画家というのも、私的にポイントが高かった。
画家として創作に思い悩む部分とかも、読みごたえがありました。

シャルビューク夫人の肖像 (ランダムハウス講談社文庫)シャルビューク夫人の肖像 (ランダムハウス講談社文庫)
(2008/03/01)
ジェフリー フォード

商品詳細を見る

top↑