ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん
・マリア
(レッドデリシャス)
・アリス
(ユニバーシティオブラブ)
・ローズ
(モニークマニフィーク)
・ティナ
(セイディスプリンクル)
・リディ
(キスミートゥルー)
・ニーナ
(ミシャティビャーリュブリュー)
・ユリア
(ローシェックモルセー)
・カレン
(シャルロットデフルール)
・アメリア
(レジーナ・アーウェン)
・イザベラ
(ビアンカパール)
・ジュリア
(スコッティマム)
・エステル
(サリー・サルマガンディ)
*べべ
(メラニーユビークガール)
・メアリー
(ダークラビットホール)
・ソフィア
(ミンティーマジック)
・メロディ
(プレイフルレインドロップス)
・ルーシー
(デヴィデラクール)
・グリシーヌ
(アドアーズ・アナ)
・クラリッサ
(ホームスウィートホーム)

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

ブログ内検索

  • 2010
  • 09/04
  • Sat

「瑠璃の契り」 北森鴻著



「瑠璃の契り」 北森鴻著/

魑魅魍魎が住まう骨董業界を生き抜く孤高の美人旗師・冬狐堂こと宇佐見陶子。目利きの命である眼を患った彼女を食い物にしようと、同業者がわけありの品を持ち込む。それは、不思議と何度も返品されてくる和人形だった―「倣雛心中」。他、表題作を含め全四篇を収録した古美術ミステリーの人気シリーズ第二弾。

↑本の内容紹介から。

冬狐堂シリーズの短編集第二弾です。
(長編の方は、講談社文庫から「狐闇」「狐罠」の二冊でています)

何度も返品される人形(「倣雛心中」)
陶子さんの美大生時代、その才能に打ち負かされ画業を諦める原因となった女性、その彼女の遺作を集めた画集が二十年の時を経て復刻された謎(「苦い狐」)
ガラス切り子(「瑠璃の契り」)
陶子さんの昔の夫であるプロフェッサーDが人形の謎を追って旅に出、陶子さんもまたDの後を追い、生き人形の謎に迫る(「黒髪クピド」)
の四編が収録されています。
うち二編が人形を取り扱ったもので、人形という題材が好きな私は大変興味深く読めました。
人形から陶磁器などといった蘊蓄も広がりをみせ、知識欲が刺激されるとともに、目の病を患い、脆く崩れそうながらも、それを乗り越える陶子さんが相変わらず、カッコよいです。
脆さと逞しさという相反するものを内側に秘め、人情深い面もある陶子さんが本当に魅力的です。
あー、もっと陶子さんのお話を読みたかったな。
これで冬狐堂シリーズ最後だというのが惜しいです。
(作家様がお亡くなりになられたのが、切なくてしょうがありません)

瑠璃の契り―旗師・冬狐堂 (文春文庫)瑠璃の契り―旗師・冬狐堂 (文春文庫)
(2008/01/10)
北森 鴻

商品詳細を見る

top↑