ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん
・マリア
(レッドデリシャス)
・アリス
(ユニバーシティオブラブ)
・ローズ
(モニークマニフィーク)
・ティナ
(セイディスプリンクル)
・リディ
(キスミートゥルー)
・ニーナ
(ミシャティビャーリュブリュー)
・ユリア
(ローシェックモルセー)
・カレン
(シャルロットデフルール)
・アメリア
(レジーナ・アーウェン)
・イザベラ
(ビアンカパール)
・ジュリア
(スコッティマム)
・エステル
(サリー・サルマガンディ)
*べべ
(メラニーユビークガール)
・メアリー
(ダークラビットホール)
・ソフィア
(ミンティーマジック)
・メロディ
(プレイフルレインドロップス)
・ルーシー
(デヴィデラクール)
・グリシーヌ
(アドアーズ・アナ)
・クラリッサ
(ホームスウィートホーム)

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

ブログ内検索

  • 2010
  • 09/27
  • Mon

「背表紙は歌う」 大崎梢著

「背表紙は歌う」 大崎梢著/

「とある地方の小さな書店が経営の危機にあるらしい」よくある悲しい噂のひとつだと思っていたが、書店営業仲間の女性がそのことを妙に気にしていて…。個性的な面々に囲まれつつ奮闘する井辻くんは、東に西に今日も大忙し!出版社の新人営業マンの活躍を描いた、本と書店を愛する全ての人に捧げるハートフル・ミステリ。出版社営業・井辻智紀の業務日誌シリーズ第二弾。

↑本の内容紹介から。

「ビターな挑戦者」
「新刊ナイト」
「背表紙は歌う」
「君とぼくの待機会」
「プローモーション・クイズ」――五編、収録。

本好きと言えど、なかなか覗けない出版業界の裏側を舞台に、ちょっとした謎で綴っていく、中堅出版社の営業・ひつじ君(もとい、井辻くん)の日常の謎系シリーズの第二弾です。
今回も取次や文芸賞、新刊の販売促進などの、一般人では時々、?と思うこと(新刊なのに、既に色々な推薦文がついているのは何故かとか)の裏側が垣間見えて、興味深く読めました。
「君とぼくの待機会」は文芸賞の話。モデルはやっぱり、芥川・直木賞辺りなんでしょうね。
ノミネートで一喜一憂する出版社や作家さんの姿は、受賞に対して「凄い」とか「へー」とか、そんな一言では終わらないドラマがあるのね(笑)
評価して貰うのは嬉しいけれど、受賞しなければ駄目な部分を突き付けられる。
そんな書き手の心情なども描かれていて、ああ、ちょっとわかると共感したり。
第五話、「プローモーション・クイズ」では、大崎さんのもう一つシリーズ、書店・成風堂シリーズとの絡みもあって良かったです。(勿論、そちらを読んでなくとも大丈夫)

本好きさんは、読も読も(笑)

↓お話のなかにあった謎々。作品のプロモーションをなぞって、載せてみる。
ヒントは載せないけど(お前ね)

青森生まれの木村チズコちゃんと、
広島生まれの浅野ミツハルくんが、
サッカーの試合を見に行きました。
沖縄生まれの高石ヨウマくんが、シュートを決めて勝ちました。
勝ったのはどのチームでしょう。 
(P217より)

背表紙は歌う (創元クライム・クラブ)背表紙は歌う (創元クライム・クラブ)
(2010/09/11)
大崎 梢

商品詳細を見る

top↑