06

January February March April May June July August September October November December
2010(Wed)

「アリアドネの弾丸」 海堂尊著

読感/国内小説

「アリアドネの弾丸」 海堂尊著/

東城大学病院で再び殺人事件が!「この事件はすべてが不自然すぎる。絶対にどこかがおかしいんだ」東城大学病院に導入された新型MRIコロンブスエッグを中心に起こる事件の数々。さらには、病院長に収賄と殺人の容疑がかけられてしまう!殺人現場に残されていた弾丸には、巧妙な罠が張り巡らされていた…。不定愁訴外来の担当医師・田口公平が、駆けつけた厚生労働省のはぐれ技官・白鳥圭輔とともに完全無欠のトリックに挑む。

↑本の内容紹介から。

「チーム・バチスタの栄光」シリーズの最新刊です。
(ちなみに私は、「チーム・バチスタ~」と「ジェネラル・ルージュの凱旋」しか読んでいません)
というわけで、作家さんの作品全てに通じているわけじゃないので、登場人物の関係図が見えなくて時々「?」を浮かべてしまいました。
バチスタシリーズ以外でも「螺鈿迷宮」は押さえておいた方が良かったみたいです……桜宮関係。
お話は、東城大学病院主体で新たに建設される死後画像診断センター(エーアイセンター)のセンター長に、語り手である田口先生が任命されたところから始まります。
まあ、いつもの高階院長の策略による面倒事の丸投げ人事(笑)
というわけで、エーアイセンター創立に関係して、新型MRIコロンブスエッグが導入され、技術者の不審な死が冒頭で提示されるものの、事件自体は遅め。
エーアイやMRIなどと言った説明がちょっと多いですが、専門委ではない田口先生という存在を通すことで、割とわかりやすく理解できると思います。
この作家様は、小説を通して医療現場の実情などを訴える形をとっているので、この辺りくどく感じてしまうかもしれませんが、司法対医療の対決構図とか、興味深く読めました。
で、今回は割と早くから(事件が起こる前から)白鳥さんが登場。
いや、もう、言動がやや迷惑な人ですが、本当に仕事面に関しては有能だよね!
コロンブスエッグで起こった殺人事件の犯人として現場で、高階院長が捉えられるというピンチに対して、白鳥さんが大活躍です。
スキャンダルから病院を守るため、限られた時間の中で高階院長が嵌められた罠の謎を解くという緊迫感のなか、ロジカルモンスターの本領発揮!
ただ、その半面で田口先生が……単なる語り手になっているような。
まあ、白鳥さん以外に濃いキャラ達が出てくるので、影が薄くなるのはしょうがないような気もしますが。
登場人物の立ち位置がこの作品だけでは把握できないのが難と言えば難ですが、面白かったです。

アリアドネの弾丸アリアドネの弾丸
(2010/09/10)
海堂 尊

商品詳細を見る

Edit