ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

応援してます!

  • 翻訳ミステリー大賞シンジケート
  • 被災地を応援しています
  • 覆面作家企画5

ブログ内検索

  • 2010
  • 11/03
  • Wed

「バッキンガムの光芒 (ファージングⅢ)」 ジョー・ウォルトン著



「バッキンガムの光芒 (ファージングⅢ)」 ジョー・ウォルトン著/

ソ連が消滅し、大戦がナチスの勝利に終わった1960年、ファシスト政治が定着したイギリス。イギリス版ゲシュタポ・監視隊の隊長カーマイケルに育てられたエルヴィラは、社交界デビューと大学進学に思いを馳せる日々を過ごしていた。しかし、そんな彼女の人生は、ファシストのパレードを見物に行ったことで大きく変わりはじめる…。すべての読書人に贈る三部作、怒涛の完結編。

↑本の内容紹介から。

「英雄たちの朝」、「暗殺のハムレット」に続く、ファージングシリーズ三部作の完結編です。
「英雄~」と「暗殺~」の間が数か月という間に対して、「暗殺~」から「バッキンガムの光芒」には十年弱の月日が流れています。
語り手は社交界デビューを間近に迎えたエルヴィラ(先の二作でカーマイケル警部補の片腕であったロイストン巡査の遺児)と、三部作通しての主役カーマイケル(今作では、スコットランドヤードを離れて、監視隊に所属)
核によってソ連が消滅し、大戦は終結。イギリスで行われる平和会議を目前としたところから始まります。
内容紹介にあるように、すっかりファシズムが定着したイギリスで育ったエルヴィラは、そのことに疑問を抱いていない。
反面、カーマイケルは権力に屈した立場をとりながらも、裏でユダヤ人を国外に脱出させたりと秘密裏に動いています。
けれど、パレード見学に出掛けたエルヴィラは、暴動に巻き込まれ、現政権に反感を持つ者の一味と疑惑を持たれてしまいます。
養い子であるエルヴィラを守ろうとするしたことで、カーマイケルにも目が向けられれば……と。

何も知らなかった少女が、自分が巻き込まれた状況から、色々と学んでいく過程や、、主役二人がどうなるのか最後までハラハラさせられて、面白かったです。

結末は、イギリスと言えば、と言った感じです。
イギリスには希望の光が見えた気がするけれど、世界的にはどうなんだろうな。
ただ、三作通して思うのですが、カーマイケルは詰めが甘いところがある気がする……。
エルヴィラを救出することで、相手の反感を買うのは十分予測できただろうに……

バッキンガムの光芒 (ファージング?) (創元推理文庫)バッキンガムの光芒 (ファージング?) (創元推理文庫)
(2010/08/28)
ジョー・ウォルトン

商品詳細を見る

英雄たちの朝 (ファージングI) (創元推理文庫)英雄たちの朝 (ファージングI) (創元推理文庫)
(2010/06/10)
ジョー・ウォルトン

商品詳細を見る
暗殺のハムレット (ファージング?) (創元推理文庫)暗殺のハムレット (ファージング?) (創元推理文庫)
(2010/07/27)
ジョー・ウォルトン

商品詳細を見る

top↑