ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん
・マリア
(レッドデリシャス)
・アリス
(ユニバーシティオブラブ)
・ローズ
(モニークマニフィーク)
・ティナ
(セイディスプリンクル)
・リディ
(キスミートゥルー)
・ニーナ
(ミシャティビャーリュブリュー)
・ユリア
(ローシェックモルセー)
・カレン
(シャルロットデフルール)
・アメリア
(レジーナ・アーウェン)
・イザベラ
(ビアンカパール)
・ジュリア
(スコッティマム)
・エステル
(サリー・サルマガンディ)
*べべ
(メラニーユビークガール)
・メアリー
(ダークラビットホール)
・ソフィア
(ミンティーマジック)
・メロディ
(プレイフルレインドロップス)
・ルーシー
(デヴィデラクール)
・グリシーヌ
(アドアーズ・アナ)
・クラリッサ
(ホームスウィートホーム)

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

ブログ内検索

  • 2010
  • 11/20
  • Sat

「血のごとく赤く―幻想童話集」 タニス・リー著



「血のごとく赤く―幻想童話集」 タニス・リー著/

さあ、お聞きなさい、グリマー姉妹のおとぎ話を。美しいけれど邪悪な王女や可憐な姫君をまどわす魔物の王子、闇の公子に恋した乙女や狼に変身する美少女たちがくりひろげる、美しく妖しく残酷な九つの物話を…。ダーク・ファンタジィ界の女王がグリム兄弟ならぬグリマー姉妹の名を借りて、「白雪姫」「シンデレラ」「美女と野獣」「ハーメルンの笛吹き」などおなじみの童話をモチーフに織りあげた、魅惑の幻想童話集。

↑本の内容紹介から。

童話をモチーフに新たに織り直された幻想短編集です。
「報われた笛吹き」ハーメルンの笛吹き
「血のごとく赤く」白雪姫
「いばらの森」眠り姫
「時計が時を告げたなら」シンデレラ
「黄金の綱」ラプンツェル
「姫君の未来」かえるの王様
「狼の森」赤ずきん
「墨のごとく黒く」白鳥の湖
「緑の薔薇」美女と野獣

――の、9編。
各お話は美しく、妖しく、時に残酷で――こういうお話、大好きです!
挿絵も繊細で雰囲気があって、大変良いです。
「いばらの森」は割と直球だけど、王子様視点だったり。
「血のごとく赤く」の白雪姫が×××という設定で、斬新だったり。
シンデレラのお話が、親子二世代にわたる復讐劇になっていりと、ね!
お話は知っているはずの童話なのに、新鮮です。

どちらかと言うと、子供向けのハッピーエンドな童話ではなく、本当は怖い系になるかな。
9編中、2編しか、ハッピーエンドとは言えないですが。
毒が染み込んでいくような、冷たい水に指先が凍るような感覚が……ええ、実は、結構、好きなんですよ。
そうして、ファンタジー色が強い中、SFだった「緑の薔薇」が凄い良かったです!
異種族恋愛ものがお好きな方には、「緑の薔薇」だけでも目を通していいのではないかと!
(絶版のようなので、図書館ででも)
こう、内側から溢れそうな想いを認めたいような、認めたくないような、葛藤というか。
なんか、その辺りがね!
(上手く説明できないのですが、凄くいい感じなのです!)

血のごとく赤く―幻想童話集 (ハヤカワ文庫FT)血のごとく赤く―幻想童話集 (ハヤカワ文庫FT)
(1997/05)
タニス リー

商品詳細を見る

top↑