ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

応援してます!

  • 翻訳ミステリー大賞シンジケート
  • 被災地を応援しています
  • 覆面作家企画5

ブログ内検索

  • 2011
  • 01/31
  • Mon

「メロディ・フェア」 宮下奈都著



「メロディ・フェア」 宮下奈都著/

大学を卒業した私は、田舎に戻り「ひとをきれいにする仕事」を選んだ。けれども、お客は思うように来ず、家では化粧嫌いの妹との溝がなかなか埋まらない。そんなある日、いつもは世間話しかしない女性が真剣な顔で化粧品カウンターを訪れて――いま注目の著者が、瑞々しさと温かさを兼ね備えた文体で、まっすぐに生きる女の子を描く、ささやかだけど確かな“しあわせ”の物語。

↑本の内容紹介から。

幼い頃から何故か口紅に心惹かれていた主人公の結乃さん、化粧品に関心を持たない母と妹との間でわかりあえない気がして家を出ていたけれど。
人を綺麗にする仕事がしたくて田舎に帰り、ビューティーパートナー(お店の化粧品カウンター内にいる美容店員)になった……わけだけど。
就職できたのは大手ではなく中堅どころで、まして職場はデパートではなくショッピングモール。
前任者はかなり美人だったらしく、色々と比較され。
そして職場の同僚は凄腕で、お客さんはそちらを指名してくる。
やりたいことはあるのに、理想どおりにいかない現実に、くよくよしてしまう。
そんな誰もが抱えているような悩みを、派手さはないけれど、等身大で描かれていて。
方言を交えた穏やかな文章が、するりと言葉が内側に沁みてきて、柔らかく心をほぐしてくれる感じでした。
読み終わった後は、うん、何だか自分もがんばりたくなっちゃうような温かさで。
自分の好きなもの、好きなこと。
それを一つ確信するだけでも強くなれると思わせくれるお話でした。
女性にオススメです。
きっと、読み終わった後は口紅をつけて、気分を変えたくなちゃうのではないでしょうか。

メロディ・フェアメロディ・フェア
(2011/01/14)
宮下奈都

商品詳細を見る

top↑