06

January February March April May June July August September October November December
2011(Wed)

「記憶をなくして汽車の旅」 コニス・リトル著

読感/翻訳小説

「記憶をなくして汽車の旅」 コニス・リトル著

目覚めると、わたしはオーストラリア横断鉄道の車中に。でも、自分の名前も何もかも思い出せない!初対面のおじさん一家や自称婚約者の青年医師とメルボルンで合流するや、さらに奇怪な出来事が続発、とうとう殺人事件まで!容疑をかけられたわたしは、終点パースに着くまでに記憶を取り戻し、犯人を突きとめることができるのか?サスペンスとユーモアあふれる鉄道ミステリ。

↑本の内容紹介から。

主人公が目覚めたら記憶を失くしていた――というところから始まるサスペンスミステリです。
自分が何者かわからないなか、婚約者や親戚一行とオーストラリアを鉄道で旅をすることに。
どうやら自分の親戚のおじさんが財産を持っていて、その財産狙いのイトコが言い寄ってきたり(←このイトコを牽制するために偽物の婚約者が仕立てられた模様)
そうして、そのイトコの言い分には、もしかしたら自分は殺人者かも知れないという事実が浮かび上がって来て――というのが本筋。
自分は殺人者なのかという不安に悩まされている旅の道中で、殺人事件が起こってと、ドキドキ展開。
とはいえ、ユーモアのある文章で深刻さはさほどなく、サクサクと読めました。
こちらの作家さんの本は二冊、違うものを読んでいますが、解説にある通り、あるパターンにそって話が作られているので、キャラ造形が定型と言いますか。
ちょっとツンとした女性が主人公で、相手役とはちょっと仲が悪いところとか。
なので、内面を掘り下げるような、人間ドラマをお求めの方には、向かないかな。
(あと、ツンツンしていた二人がいつの間にか、恋に落ちてるとか←この「いつの間にか」の過程がないところが、ちょっと、と思わなくもないのですが(苦笑)
だけど、テンポよく進むお話と意外な真相という、気軽に(二時間ドラマを見るような感覚で)ミステリを楽しみたい方にはいいかと。

記憶をなくして汽車の旅 (創元推理文庫)記憶をなくして汽車の旅 (創元推理文庫)
(2007/08)
コニス リトル

商品詳細を見る
夜ふかし屋敷のしのび足 (創元推理文庫)夜ふかし屋敷のしのび足 (創元推理文庫)
(2008/08)
コニス リトル

商品詳細を見る
まちがいだらけのハネムーン (創元推理文庫)まちがいだらけのハネムーン (創元推理文庫)
(2010/03/24)
コニス・リトル

商品詳細を見る

Edit