ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん
・マリア
(レッドデリシャス)
・アリス
(ユニバーシティオブラブ)
・ローズ
(モニークマニフィーク)
・ティナ
(セイディスプリンクル)
・リディ
(キスミートゥルー)
・ニーナ
(ミシャティビャーリュブリュー)
・ユリア
(ローシェックモルセー)
・カレン
(シャルロットデフルール)
・アメリア
(レジーナ・アーウェン)
・イザベラ
(ビアンカパール)
・ジュリア
(スコッティマム)
・エステル
(サリー・サルマガンディ)
*べべ
(メラニーユビークガール)
・メアリー
(ダークラビットホール)
・ソフィア
(ミンティーマジック)
・メロディ
(プレイフルレインドロップス)
・ルーシー
(デヴィデラクール)
・グリシーヌ
(アドアーズ・アナ)
・クラリッサ
(ホームスウィートホーム)
・ベアトリス
(ミュージカルトレンチ)

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

ブログ内検索

  • 2011
  • 04/10
  • Sun

「魔女遊戯」 イルサ・シグルザルドッティル著

「魔女遊戯」 イルサ・シグルザルドッティル著

アイスランド大学のコピー室でドイツ人留学生ハラルドが、両目を抉られた絞殺死体で見つかった。祖父の莫大な遺産をつぎ込み、異常な熱心さで魔女研究に没頭していた被害者を、呪い殺すように殺めた犯人の目的とは?両親の依頼で事件を調べ始めた女弁護士トーラは、次第に魔女の火刑、奇怪な古書が絡むグロテスクな謎に嵌り込んでいく。全世界が注目の斬新な歴史ミステリ、日本初登場。

↑本の内容紹介から。

魔女狩りの研究をしていた留学生の殺人事件を、遺族の依頼を受けて再調査することになった女性弁護士・トーラが主人公のアイスランドを舞台にしたミステリです。
魔女狩りや異様な事件で、全体的におどろおどろしい重たい方面に行きそうなんだけど、不思議と読むのがシンドイということにはなりませんでした。
事件を後追い調査という形で、語っているせいかな。
惨殺死体の描写も直接書かれるのではなく、間接的な反応で表現されていることもあるかもしれない。
それとトーラと、調査の相棒・ライヒとのやりとりや、トーラの日常が可笑しかったです。
笑顔を浮かべつつ、意地悪の応酬みたいな。
(あなたたち、大人ですよね?と、思わず突っ込みたくなるような(笑)
そして、バツイチで二人の子持ちであるトーラの家庭生活が書かれていて、普通の人であることに親近感を覚えました。
(ネタバレ反転→それにしても、三十六歳で祖母になる……トーラの息子がガールフレンドとの間に子供が出来ちゃって。相手方の両親との対面というか、修羅場には、事件の真相よりこちらの問題の方が気になった!
あと、魔女狩りの歴史的蘊蓄も読みごたえがありました。
帯に「新しい」とあったように、新鮮な読書体験でした。
三十六歳のお祖母ちゃん)トーラのその後が気になるので、シリーズ続編の翻訳を希望したいところです。

魔女遊戯 (集英社文庫)魔女遊戯 (集英社文庫)
(2011/02/18)
イルサ・シグルザルドッティル

商品詳細を見る

top↑