ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん
・マリア
(レッドデリシャス)
・アリス
(ユニバーシティオブラブ)
・ローズ
(モニークマニフィーク)
・ティナ
(セイディスプリンクル)
・リディ
(キスミートゥルー)
・ニーナ
(ミシャティビャーリュブリュー)
・ユリア
(ローシェックモルセー)
・カレン
(シャルロットデフルール)
・アメリア
(レジーナ・アーウェン)
・イザベラ
(ビアンカパール)
・ジュリア
(スコッティマム)
・エステル
(サリー・サルマガンディ)
*べべ
(メラニーユビークガール)
・メアリー
(ダークラビットホール)
・ソフィア
(ミンティーマジック)
・メロディ
(プレイフルレインドロップス)
・ルーシー
(デヴィデラクール)
・グリシーヌ
(アドアーズ・アナ)
・クラリッサ
(ホームスウィートホーム)

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

応援してます!

  • 翻訳ミステリー大賞シンジケート
  • 被災地を応援しています
  • 覆面作家企画5

ブログ内検索

  • 2011
  • 06/24
  • Fri

「犯罪」 フェルディナント・フォン・シーラッハ著




「犯罪」 フェルディナント・フォン・シーラッハ著/

一生愛しつづけると誓った妻を殺めた老医師。兄を救うため法廷中を騙そうとする犯罪者一家の息子。羊の目を恐れ、眼球をくり抜き続ける伯爵家の御曹司。彫像『棘を抜く少年』の棘に取り憑かれた博物館警備員。エチオピアの寒村を豊かにした、心やさしき銀行強盗。―魔に魅入られ、世界の不条理に翻弄される犯罪者たち。高名な刑事事件弁護士である著者が現実の事件に材を得て、異様な罪を犯した人間たちの哀しさ、愛おしさを鮮やかに描きあげた珠玉の連作短篇集。ドイツでの発行部数四十五万部、世界三十二か国で翻訳、クライスト賞はじめ、数々の文学賞を受賞した圧巻の傑作。

↑本の内容紹介から。

弁護士が遭遇した異様な事件を語る短編集です。

「フェーナー氏」「タナタ氏の茶盌」
「チェロ」「ハリネズミ」「幸運」
「サマータイム」「正当防衛」「緑」
「棘」「愛情」「エチオピアの男」

――の、11編収録。
弁護士が主人公かというと、ちょっと違う。
お話のメインは、タイトルどおり「犯罪」かな。
簡潔な文章と少ないページ数の中に、「犯罪」を起こすに至った犯人たちの内側で、積み重ねられていった澱や歪みといったものが明確に浮かんでくるのが、個人的に凄いなと思いました。
(「フェーナー氏」や「チェロ」「棘」)
こんな風に語られたら、何だか理解できる気がする。
(どんな理由があったところで、犯罪なんて許されちゃいけないと思いますが……それでも、壊れてしまうのが解かるような)
収録されているお話は、どれも「犯罪」を取り上げているのですが、色々な傾向があって真相は闇の中と、決して答えが出されているものばかりではなかったりします。
そうしてやっぱり「犯罪」であるがために、苦さがつきまとう。
「正当防衛」などは、この中に出てくる男が実際にそれだったら……弁護士さん、辛いんじゃないかなーとか。
「愛情」も……うん、未来を予測はできないわけだけど……。
勿論、弁護士さんの存在で助かった人もいたりして、順番通りに読んでいった最後の「エチオピアの男」を読み終えて、本を閉じたときは不思議と読後感は悪くなかったです。
第二作の翻訳刊行も決まっているようなので、とっても楽しみ。
先に言ったように、簡潔な文章で綴られているので、翻訳ものが苦手という人にも読みやすいのではないかと思われます。
苦いものに耐性がある方に、オススメ。

犯罪犯罪
(2011/06/11)
フェルディナント・フォン・シーラッハ

商品詳細を見る

top↑