ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

応援してます!

  • 翻訳ミステリー大賞シンジケート
  • 被災地を応援しています
  • 覆面作家企画5

ブログ内検索

  • 2011
  • 07/26
  • Tue

「サヴァイヴ」近藤史恵著



「サヴァイヴ」近藤史恵著/

他人の勝利のために犠牲になる喜びも、常に追われる勝者の絶望も、きっと誰にも理解できない。ペダルをまわし続ける、俺たち以外には―。日本・フランス・ポルトガルを走り抜け、瞬間の駆け引きが交錯する。ゴールの先に、スピードの果てに、彼らは何を失い何を得るのか。

↑本の内容紹介から。

「サクリファイス」「エデン」のロードレースを題材に扱ったシリーズの短編集です。

「老ビブネンの腹の中」「スピードの果て」「プロトンの中の孤独」
「レミング」「ゴールよりもっと遠く」「トウラーダ」

 ――の、六編収録。

レース以外での内側でのバトル(自己葛藤・嫌がらせ・陰謀?)とでも言いますか。
今まで気づかなかった恐怖や、仲間内の嫌がらせ、またはロードレースをスポーツとしてではなく、ビジネスとして考える人たちが、大事なレースを汚そうとしたりと。
壁にぶち当たりながらも、それらを乗り越えていく人たちがやはりカッコいいです!
一応、他の本の重要なネタバレはしていないので、こちらの短編集からお試しに入るのもありだと思いますが。
「サクリファイス」の前日談にあたるお話と、後日談になるお話で構成されているので、どちらかというと長編の方を読んでからの方が、より楽しめるかな?
「サクリファイス」であの人が下した決断は、こういう下敷きがあったからなんだと、改めて強く噛みしめたり
赤城さんと石尾さんのお話を読むと「サクリファイス」を再読したくなりました。

サヴァイヴサヴァイヴ
(2011/06)
近藤 史恵

商品詳細を見る


サクリファイス (新潮文庫)サクリファイス (新潮文庫)
(2010/01/28)
近藤 史恵

商品詳細を見る

エデンエデン
(2010/03)
近藤 史恵

商品詳細を見る

top↑