ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

応援してます!

  • 翻訳ミステリー大賞シンジケート
  • 被災地を応援しています
  • 覆面作家企画5

ブログ内検索

  • 2011
  • 07/14
  • Thu

「特捜部Q ―檻の中の女―」 ユッシ・エーズラ・オールスン著

「特捜部Q ―檻の中の女―」 ユッシ・エーズラ・オールスン著/

「特捜部Q」未解決の重大事件を専門に扱うコペンハーゲン警察の新部署である。カール・マーク警部補は「Q」の統率を命じられた。しかし、あてがわれた部屋は暗い地下室。部下はデンマーク語すら怪しいシリア系の変人アサドひとりのみ。上層部への不審を募らせるカールだが、仕事ですぐに結果を出さねばならない。自殺と片付けられていた女性議員失踪事件の再調査に着手すると、アサドの奇行にも助けられ、驚きの新事実が次々と明らかに。北欧の巨匠が本邦初登場! デンマーク発の警察小説シリーズ、第一弾。

↑本の内容紹介から。

北欧のデンマークを舞台にした警察ミステリです。
昇進という名の左遷(新設される部署のボスという名目ですが、実際のところ厄介払い扱い)で、地下室で過去の未解決事件を調査する部署に追いやられた刑事カールが主人公。
カールは元々同僚と折り合いが悪かったんだけど、とある事件で信頼する仲間を失い、軋轢が酷くなって持て余された結果、未解決事件を扱う部署のボスに。
とはいえ、部下は誰もいない状態で、仕事もあまり期待されていないんですが(カール自身、事件があってから屋や投げやりになっている)、国家予算として下りてくる金額が他の部署に流れていることを知ったカールは、上司に色々と掛け合った結果、謎のアラブ人・アサドが助手に。
このアサドがまあ、仕事熱心なせいで、カールとしては仕事をせざるを得ない状況に(笑)
そうして、選んだのが女性議員の失踪事件(二人が興味を持った理由が、その議員が美人だったからという)
二人が捜査に乗り出すパートと、失踪した議員ミレーデの過去パートが交互に進んでいきます。
失踪事件の真相は先読み出来ましたが、××の命運が気になってページを捲る手が止まりませんでした。
(ネタバレ反転→失踪したと思われていたミレーデが実は監禁されていたという。彼女がその状況下で、諦めずにたった一人残されている弟ウフェの元へ変えるんだという強い意思が、もうね。助かれー、誰か助けてあげてー、と。祈るような気持ちでページを捲らせるのです
カールとアサドの噛み合わない凸凹コンビも良かったのですが、個人的にはミレーデとウフェ(事故で脳障害を負っている)の姉弟が良かったです。
映像映えしそうな(テレビや映画向き)お話なので、刑事ドラマとか好きな人にはいいんじゃないかなと思います。
続編が出たら、また読みたいです。

特捜部Q ―檻の中の女― (ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1848)特捜部Q ―檻の中の女― (ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1848)
(2011/06/10)
ユッシ・エーズラ・オールスン

商品詳細を見る

top↑