ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

応援してます!

  • 翻訳ミステリー大賞シンジケート
  • 被災地を応援しています
  • 覆面作家企画5

ブログ内検索

  • 2011
  • 08/06
  • Sat

「最初の刑事: ウィッチャー警部とロード・ヒル・ハウス殺人事件」ケイト・サマースケイル著

「最初の刑事: ウィッチャー警部とロード・ヒル・ハウス殺人事件」ケイト・サマースケイル著/

1860年、ヴィクトリア朝時代の英国。6月のある朝、のどかな村にたたずむ屋敷“ロード・ヒル・ハウス”の敷地で、当主の3歳の息子が惨殺死体となって発見された。殺された子どもは施錠された屋敷内にいたはずだった。犯人は家族か、使用人か?世間が注目するなか、捜査の任についたのはジョナサン・ウィッチャー警部。1842年にスコットランド・ヤード刑事課が創設された際に最初に刑事になった8人のうちのひとりで、ずばぬけた技量を持つ敏腕刑事である。優れた推理力をはたらかせ、事件の謎に迫るウィッチャー。しかし、非協力的な遺族や、プライバシー神聖視の風潮、加熱する報道、さらには刑事への偏見もあいまって、事件は数奇な道すじをたどる―ヴィクトリア朝英国を揺るがし、後に数々の探偵小説が生まれるもととなった幼児殺害事件の驚くべき真相とは。当時の特異な世相をも迫真の筆致で描き出す圧巻のノンフィクション。サミュエル・ジョンソン賞ほか受賞作。

↑本の内容紹介から。

ヴィクトリア朝の英国で、中産階級家庭で起こった幼児の殺人事件をスコットランド・ヤードに創設された刑事課の警部が謎に迫るという、探偵小説の手法で書かれたノンフィクションです。
前妻の子供たちが冷遇され、後妻(前妻が生きている頃は家庭教師だった)が生んで、両親から溺愛されていた子供が被害者に。
父親は工場監視という役職柄、地元に親しまれておらず、子守りの女性との関係を疑われたり、また彼自身、警察にあまり協力的ではない行動に疑惑が疑惑を呼ぶ。
犯人とされる人物は警部自身の口からは、割と早くに明言されるのですが、証拠がなかったり、地元警察との足の引っ張り合いと申しましようか。
それに事件に対する報道の過熱ぶりやにわか探偵化する大衆といった背景に、逆にウォッチャー警部が貶められたりと。
いつの時代も人間という生き物は変わらんのだなという、滑稽さを覚えたりしましたが……(ワイドショー的とでも言いましょうか(苦笑)
しかし、この事件やウィッチャー警部をモデルとした小説が引き合いに出されたりして、翻訳ミステリが好きな人間としては、大変楽しめました。
ノンフィクションなので、小説のように整然とこの事件だけを追うというわけでもないので、人によっては長く感じられる部分もあるかもしれません。
ですが、当時、刑事という存在がどういう風に見られていたかとか、また他にどんな事件が起こっていたかとか。資料として、興味深く読めました。

最初の刑事: ウィッチャー警部とロード・ヒル・ハウス殺人事件最初の刑事: ウィッチャー警部とロード・ヒル・ハウス殺人事件
(2011/05/20)
ケイト・サマースケイル

商品詳細を見る

top↑