27

January February March April May June July August September October November December
2011(Sat)

「ブラックランズ」ベリンダ・バウアー著

読感/翻訳小説

「ブラックランズ」ベリンダ・バウアー著/

十二歳の少年スティーヴンは、今日も母の弟ビリーの遺体を捜してヒースの茂る荒野にシャベルを突き立てる。十九年前に起きた連続児童殺害事件以来、被害者の母となった祖母は心を閉ざし、母もまた鬱屈した感情を抑えることができない。傷の癒えない家族を変えるためには、ビリーの遺体を発見し、事件を完全に終わらせるしかないと考えたスティーヴンは、やがて殺人犯である獄中のエイヴリーと手紙のやりとりを開始する。猟奇的殺人犯と十二歳の少年の危険な往復書簡は、次第に二人を思わぬ方向に導く…。英ゴールドダガー賞にノミネートされた傑作スリラー登場。

↑本の内容紹介から。

十二歳のスティーヴンの叔父ビリーは、十九年前に起こった連続児童殺人事件の被害者となります。犯人は捕まっているけれど、遺体は見つかっていない。
その事件が暗く影を落として、お祖母ちゃんは心を閉ざし、ビリーの帰りを待ち続ける。スティーヴンのお母さんはそのことから、お祖母ちゃんに顧みなられない存在となって、現在お祖母ちゃんとお母さん、スティーヴンと五歳になる弟の四人暮らしの家庭は、笑顔もままならない。
ビリーの遺体が見つかれば、心の整理がついて、家族が幸せになるはずだ!と、スティーヴンは三年近く荒野をシャベルで掘り続ける――と。
もう、スティーヴンが健気で健気で。
家族を心配するスティーヴンですが、それ故に暗い顔をしてしまえば、お母さんにはあまり可愛げがないと思われて……。
お母さんは、弟の方を可愛がる(五歳なので何もわからないから、弟は無邪気なわけで……)
お母さん、スティーヴンはお母さんや家族のために、がんばっているんだよ!
思わず、叫びたくなります。
終盤でもスティーヴンは、自分よりも他人のことを優先したりしてね(……もう、なんて健気なの)
そうして、スティーヴンは犯人であるエイヴリーに手紙を出し、ビリーの遺体の隠し場所を聞き出そうとします。
二、三行の短い手紙のやり取りは、エイヴリーにスティーヴンへの興味を募らせて……。
(ここから先は、ハラハラドキドキの展開が待ってますが、ネタバレになりそうなので自重)
一部、やり過ぎだなーと思った部分がありましたが。
スティーヴンのがんばりと健気さが、とても胸に来ました。

ブラックランズ (小学館文庫)ブラックランズ (小学館文庫)
(2010/10/06)
ベリンダ バウアー

商品詳細を見る

Edit