ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん
・マリア
(レッドデリシャス)
・アリス
(ユニバーシティオブラブ)
・ローズ
(モニークマニフィーク)
・ティナ
(セイディスプリンクル)
・リディ
(キスミートゥルー)
・ニーナ
(ミシャティビャーリュブリュー)
・ユリア
(ローシェックモルセー)
・カレン
(シャルロットデフルール)
・アメリア
(レジーナ・アーウェン)
・イザベラ
(ビアンカパール)
・ジュリア
(スコッティマム)
・エステル
(サリー・サルマガンディ)
*べべ
(メラニーユビークガール)
・メアリー
(ダークラビットホール)
・ソフィア
(ミンティーマジック)
・メロディ
(プレイフルレインドロップス)
・ルーシー
(デヴィデラクール)
・グリシーヌ
(アドアーズ・アナ)
・クラリッサ
(ホームスウィートホーム)

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

応援してます!

  • 翻訳ミステリー大賞シンジケート
  • 被災地を応援しています
  • 覆面作家企画5

ブログ内検索

  • 2011
  • 10/27
  • Thu

「眼鏡屋は消えた」山田彩人著

「眼鏡屋は消えた」山田彩人著/

気がつくとあたしは演劇部の部室の床でのびていた。そのうえ八年間の記憶が失われ、現在あたしは母校で教師になっているらしい。しかも親友の実綺が高二の文化祭直前に亡くなっていたなんて!!!八年前と同様に学園内では、彼女の書いた脚本『眼鏡屋は消えた』の上演を巡るごたごたが起きている。実綺の死には何か裏がありそうだ。上演を実現し、自分の記憶を取り戻すため、元同級生の探偵に事の真相を探ることを頼んだ。あたしが最も苦手とする、イケメン戸川涼介に―。青春時代の切ない事件と謎を、リーダビリティ抜群の筆致で描くミステリ。第21回鮎川哲也賞受賞作。

↑本の内容紹介から。

東京創元社から出た新人さんの本です。
後頭部を殴打され目覚めたら八年間の記憶を失っていた主人公・藤野千絵こと「あたし」。八年前には親友が不審な死を遂げており、イケメン探偵と調べることに――という、謎解きの過程を書いた長編ミステリ。
まず、主人公の性格と語りが面白いです。
八年間の記憶を失くして、女子高生に戻っているからか、テンションが高い!
それでいって、メンクイというかイケメン好き!

 イケメンがラブコールしてきてもあたしがポカンじゃ困る。あたしがつれない態度なんで、イケメンが嫌われたんじゃないかって思って悩んだりしたら可哀想だ。つれない態度をとられたことで逆にイケメンの気持ちが一気に盛り上がって、かくなる上はいきなり結婚に持ち込もうとプロポーズしてきたらどうするんだ! あたしはぜんぜん記憶がないんだからオーケーしていいかどうかわからないぞ! でもとびっきりのイケメンなら迷わずオーケーするぞ! それで後悔するかもしれないぞ! でも迷わずオーケーするぞ! 思い知ったかコノヤロー! 青春の記憶が八年間飛んだってイケメンさえ出てくれば許す! 許す! 
(P20より)


↑イケメンなら何でもいいのか!(笑)
そうして八年前に起こった親友の死。自殺と片づけているようだけれど、「あたし」の日記には「殺された」と書いてある。
親友の死と自分が殴られたことに関係があるのか?

 ひょっとするとこれはけっこうおもしろいかもしれない! スリルとサスペンスにあふれてる。あたしの失われた八年間はこんなにドラマチックだったのか? あたしってドラマのヒロインみたいな青春時代を送ってたのか!
(P28より)


そうして事件を調べるために同級生で探偵をしている戸川涼介に、依頼する。この人が性格は悪いけれど、イケメン(……言うほど、性格が悪いかなー?と思わなくもなかったけれど。途中途中は、イイ性格してやがるなと思うところも)

主人公と探偵と、性格がまあ一般的というよりはイイ性格で(←見ている分には面白いけれど。友達になりたいかと問われれば真剣に悩む)面白いんで、勢いがあるところは楽しく読める。
けれど、その魅力も事件を検証する会話シーンでは半減するような……。
(その辺り、ページ丸々会話になっていたりするんですが、会話のキャッチボールというより、主人公が何だか壁になって質問を返しているだけになっているような気がしました。だから動きが少ないところは、ちょっとページを捲る手が鈍りました)
終盤、正義を主張するある人の言動は気持ち悪かったです。
(↑正義に疑問を呈する内容なので、これは褒め言葉です)

眼鏡屋は消えた眼鏡屋は消えた
(2011/10/08)
山田 彩人

商品詳細を見る

top↑