ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん
・マリア
(レッドデリシャス)
・アリス
(ユニバーシティオブラブ)
・ローズ
(モニークマニフィーク)
・ティナ
(セイディスプリンクル)
・リディ
(キスミートゥルー)
・ニーナ
(ミシャティビャーリュブリュー)
・ユリア
(ローシェックモルセー)
・カレン
(シャルロットデフルール)
・アメリア
(レジーナ・アーウェン)
・イザベラ
(ビアンカパール)
・ジュリア
(スコッティマム)
・エステル
(サリー・サルマガンディ)
*べべ
(メラニーユビークガール)
・メアリー
(ダークラビットホール)
・ソフィア
(ミンティーマジック)
・メロディ
(プレイフルレインドロップス)
・ルーシー
(デヴィデラクール)
・グリシーヌ
(アドアーズ・アナ)
・クラリッサ
(ホームスウィートホーム)

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

応援してます!

  • 翻訳ミステリー大賞シンジケート
  • 被災地を応援しています
  • 覆面作家企画5

ブログ内検索

  • 2012
  • 01/19
  • Thu

「菓子フェスの庭」 上田早夕里著


「菓子フェスの庭」 上田早夕里著/

神戸にあるフランス菓子店<ロワゾ・ドール>に、西富百貨店の武藤という男性が訪れた。西宮ガーデンズで行う「お菓子のフェスティバル」に参加して欲しいという。中堅パティシエの夏織は、その新作、その新作づくりに抜擢され日々奮闘していた。そんな折、密かに想いを寄せていた先輩パティシエの恭也が、東京からひょっこり帰ってきて……。「ラ・パティスリー」の五年後を描いた、とびっきり美味しくて幸福なパティシエ小説、文庫オリジナルで登場。

↑本の内容紹介から。

神戸を舞台にしたグルメシリーズ。その「ラ・パティスリー」の続編と言っていいのかな。
「ラ・パティスリー」では新人パティシエだった夏織さんが出てきます。
もっとも、お話のメイン視点は(三人称)、お菓子が苦手で食べられないのに「菓子フェス」の担当になった武藤さん(男性)です。間に夏織さん視点も入ります。
と、菓子が苦手なのに「菓子フェス」の担当になった武藤さん。出店要請に訪れた<ロワゾ・ドール>で、胃がもたれて食べられないと言ったところ、夏織さんが甘くない胃に優しいお菓子を作ってくれて――と。
そこで武藤さんは夏織さんに「白いお菓子」を作ってくれと注文する。
「白いお菓子」作りに挑む夏織さんに、武藤さんはいつの間にか恋心を抱いて……と。
美味しそうなお菓子も一杯でてきますが、お話は甘いだけではない苦さも含まれていました。
「ラ・パティスリー」から五年で、もうすっかり職人さんとして、自分の道を選んでいる夏織さんが良かったです。
あ、ミステリじゃなく、完全にグルメ・お仕事小説になってました。
(「ショコラティエの勲章」は、日常の謎系のミステリでもあったけれど)
お菓子に興味ある人は、楽しめるんじゃないでしょうか。

菓子フェスの庭 (角川春樹事務所 ハルキ文庫)菓子フェスの庭 (角川春樹事務所 ハルキ文庫)
(2011/12/15)
上田早夕里

商品詳細を見る

ラ・パティスリー (ハルキ文庫)ラ・パティスリー (ハルキ文庫)
(2010/05)
上田 早夕里

商品詳細を見る

ショコラティエの勲章 (ハルキ文庫)ショコラティエの勲章 (ハルキ文庫)
(2011/03/15)
上田 早夕里

商品詳細を見る

top↑