ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

応援してます!

  • 翻訳ミステリー大賞シンジケート
  • 被災地を応援しています
  • 覆面作家企画5

ブログ内検索

  • 2012
  • 04/17
  • Tue

「灰色の季節をこえて」ジェラルディン・ブルックス著

「灰色の季節をこえて」ジェラルディン・ブルックス著/

1665年春、イングランド中部の村がペスト渦に襲われた。村に腰を落ち着けたばかりの旅回りの仕立て職人が、首にできた瘤から悪臭を放って死んだ日が始まりだった。すべてを燃やせ!――仕立て職人の遺した言葉に村人は耳を傾けなかった。まもなく病は燎原の火のように広がりはじめた。18歳の寡婦アンナの家も例外ではなく、幼い息子二人をたちまち死神が連れ去った。底知れぬ絶望と無力感に覆われた村では、やり場のない怒りが人々を魔女狩りへと駆り立て、殺人事件さえ起きた。アンナが仕える若き牧師夫妻は近隣に疫病が広がるのを防ぐために、村を封鎖してこの地にとどまり、病に立ち向かうよう呼びかけた。だが、有力者一族は村を見捨てて立ち去り、死者はとめどなく増え続ける……
史実をもとに、巧みなストーリーテリングと瑞々しい感性で綴られる、底知れぬ絶望と恐怖、そして「再生」の物語。著者を歴史小説界の頂点に押し上げた記念すべきデビュー長篇。

↑本の内容紹介から。

ペストの感染拡大を懸念し村を閉鎖した牧師夫妻に仕えるアンナの眼を通して描かれた歴史小説です。
「古書の来歴」「マーチ家の父」のジェラルディン・ブルックスのデビュー作になります。
お話はフィクションが混じっているけれど、エピソードには実話が元になっていて、ジャーナリストという職業柄か、取材などが徹底されているようなので、下地は安定感バッチリといいますか。
語り手は夫を鉱山事故で亡くした寡婦のアンナ。二人の幼い子を抱えた彼女の元に、仕立屋が下宿する。
その仕立屋が熱病で倒れ、あっという間に死亡。
暫く、間を置いてネズミの死骸で遊んでいた隣人の子が発病し、村にたちまちペストの脅威が広がって行きます。
村人たちが村から避難すれば、近隣への感染が拡大する――ということで、牧師夫妻は村を閉鎖することを決断(村の有力者は早々に自分たちだけで逃げて、外部から手助けもしないという!)
閉じ籠った村の中で、それでも疫病の猛威は収まることなく次々と……。
そして、アンナの子供たちも。
このアンナの息子であるジェイミーが、無邪気な愛情表現で薔薇の花びらを雨のように降らせるシーンがあるのですが。
その瞬間を「奇跡」と受け止め、幸福を感じているのが読み手としては伝わって来るなかでの喪失は……(涙)
病だけが人の命を奪っていくわけではなく、恐怖や絶望に追い詰められた人の精神というものは、誰かのせいにしたくなる弱さを持っていて……魔女狩りが起これば、村で助産などをしていた女性が私刑される形で、殺害されたり。
疫病の暴力的な猛威を前にした村人たちの恐怖や怒り、そこから来る狂気などが真に迫ってました。
と同時に、そこに生じる差別も……。
村から親戚を頼って出た二人に与えられた暴力とか……。
過去の歴史を読んでいるはずなのに、何故か現代が重なって見えたりして……色々と考えさせられました。
(特に罪もない人々の命が奪われていくところとか……うん、震災を重ねてしまって)
終盤はちょっと予想外の方向に話が転んだ気がしたけれど、沢山のものを失いながらも、それでも生きていくアンナの物語だったのだと、思います。
あの絶望の中で、それでもアンナは牧師の妻であるエリノアから文字を教わり、薬草の知識を身につけ魔女として殺された助産婦の代わりに、村の女性たちの出産を助けて――と。
そうして彼女が助けた命と、新たに得た命と生きていく
多くの「死」が語られていましたが、「生」のお話でもあると思いました。

灰色の季節をこえて灰色の季節をこえて
(2012/04/12)
ジェラルディン・ブルックス

商品詳細を見る


やたらとススメまくっている「古書の来歴」は文庫化したよ!
こちらも、良いですよ!

古書の来歴 (上巻) (RHブックス・プラス)古書の来歴 (上巻) (RHブックス・プラス)
(2012/04/10)
ジェラルディン・ブルックス

商品詳細を見る
古書の来歴 (下巻) (RHブックス・プラス)古書の来歴 (下巻) (RHブックス・プラス)
(2012/04/10)
ジェラルディン・ブルックス

商品詳細を見る

top↑