ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

応援してます!

  • 翻訳ミステリー大賞シンジケート
  • 被災地を応援しています
  • 覆面作家企画5

ブログ内検索

  • 2012
  • 04/21
  • Sat

「わたしの名は赤 上・下」 オルハン・パムク著

「わたしの名は赤 上」 オルハン・パムク著/

1591年冬。オスマン帝国の首都イスタンブルで、細密画師が殺された。その死をもたらしたのは、皇帝の命により秘密裡に製作されている装飾写本なのか…?同じころ、カラは12年ぶりにイスタンブルへ帰ってきた。彼は件の装飾写本の作業を監督する叔父の手助けをするうちに、寡婦である美貌の従妹シェキュレへの恋心を募らせていく―東西の文明が交錯する大都市を舞台にくりひろげられる、ノーベル文学賞作家の代表作。国際IMPACダブリン文学賞(アイルランド)、最優秀海外文学賞(フランス)、グリンザーネ・カヴール賞(イタリア)受賞。

↑本の内容紹介から。

「わたしの名は赤 下」オルハン・パムク著/

細密画師の惨殺事件につづき、第二の殺人が起きる。いまだ捕えられていない犯人の動機は、すべてあの装飾写本にあるのだと囁かれる。皇帝の命令により、カラは犯人を探すことになった。だが、一連の事件は、恋仲となった従妹シェキュレとの新生活にも暗い影を落とす―個性豊かな語り手たちの言葉から立ち上る、豊穣な細密画の宇宙。東西の文化の相克と融和を描き出し、世界が激賞した第一級のエンターテインメント大作。

↑本の内容紹介から。

「白い城」が割と気に入ったので(実はよくわかっていない気がするんだけど、文章が語彙豊かで好みだったもので)同じ翻訳家の方が訳された新訳版に手を出しました。
(「白い城」を読む前から、「わたしの名は赤」には目をつけていましたが)
「白い城」が自己の存在を問うようなお話だったんですが、こちらは犯人探しのミステリ――皇帝から依頼された装飾写本に携わっていた細密画師が殺害され、その犯人を探す――というよりは、イスタンブルにおける細密画の歴史とその行方といった色合いが強いのですが。
イスラム教では偶像崇拝が禁止されているという、文化背景のもとでの細密画は、西洋絵画とは違いあくまでも書物の挿絵という、脇役的な存在。
だからこそ西洋画の自由さに惹かれ、それが悪魔的と見なされる。
この細密画の描写の細やかさや、なかなか触れることが出来ないイスラム文化と、読みどころが沢山で、面白かったです。
お話は、「わたしは屍」と最初に殺された犯人の語りから入り、「わたしの名はカラ」、「わたくしめは犬にござい」「わたしは人殺しと呼ばれるであろう」と、語り手が次々と変わっていく構成です。
その構成に最初戸惑ったけれど、慣れて来るとそれぞれに味わいがあって良かったです。
犯人の語りもありますが。
でも、この語りで読み手が犯人を誰かと指摘できるかと言えば、かなり難しく、終盤まで犯人はわからなかったです。
そして沢山の語り手から紡がれるお話の中では、個人的には噺家による「金貨」「死」「女」が特に面白かった。
主人公のカラがまあ、探偵役というには頼りなく、恋心に翻弄されていて。その相手役のシェキュレがまあ……二人の男を恋に焦らさせている割には、結構、打算的と言いますか。
(この辺、語り手が多いので色々な方向から人物像が描かれて、また面白い)
シェキュレは読み方によっては好悪が分かれそうだけど、二人の子供の母としてなら、あのしたたかさは、有りかなと思いました(笑)
うん、女としてではなく母親として幸せな家庭を望むなら、いい条件を求めなきゃな。子供たちのためにも。
(女性が自立できるような、現代社会とはまた違う文化ですしね)
色々と面白かったです。


わたしの名は赤〔新訳版〕 (上) (ハヤカワepi文庫)わたしの名は赤〔新訳版〕 (上) (ハヤカワepi文庫)
(2012/01/25)
オルハン パムク

商品詳細を見る
わたしの名は赤〔新訳版〕 (下) (ハヤカワepi文庫)わたしの名は赤〔新訳版〕 (下) (ハヤカワepi文庫)
(2012/01/25)
オルハン パムク

商品詳細を見る
白い城白い城
(2009/12/17)
オルハン パムク

商品詳細を見る

top↑