ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

応援してます!

  • 翻訳ミステリー大賞シンジケート
  • 被災地を応援しています
  • 覆面作家企画5

ブログ内検索

  • 2012
  • 07/28
  • Sat

「鬼談百景」「残穢」小野不由美著



お気に入り(抜粋掲載)
Yさんの娘は、近頃ようやく単語をいくつか喋れるようになったところだ。お気に入りの玩具は「みふぃ」のぬいぐるみで、お気に入りの遊びは「ぶらんこ」。ぬいぐるみはYさん自身がお友達として買い与えたものだが、なぜブランコが好きなのかは、よく分からなかった。あまりに「ぶらんこ」と言うので、公園のブランコに抱きかかえて坐ってみた。ところがこれは「ぶらんこ」とは違うらしく、ブランコに乗っていながら、「ぶらんこ」と言ってむずがる。
「いったい何なんだろうなあ」
Yさん夫婦は首をひねっている。そもそも少し不思議なところのある子なのだ。
動物や子供には、大人の眼には見えないものが見える、という。何かの折にふっと視線を上げ、そしてしばらく食い入るように宙を見ている。楽しそうに笑い声を立てながら、宙を指差すこともある。
実を言うと、Yさんは今住んでいる部屋があまり好きになれなかったのだ。旦那さんの職場に近いうえ、家賃も安かったのでその部屋に決めたものの、マンション自体、どことなく暗くて気に入らなかった。部屋もなんだか空気が淀んだ感じがする。そんなに古い建物でもないし、どちらかというと垢抜けたスタイルの部屋なのに、なんとなく気の塞ぐ感じがするのだ。そればかりではない。時折、ふと理由もなくぞっとすることがある。夜中などに、妙な物音が耳につくこともある。それはさーっと何かが物を撫でるような音だ。
そんなある日のことだ。Yさんが洗い物をしていると、背後で娘が楽しそうな笑い声を上げた。機嫌良く遊んでいるなあ、と思いながら洗い物を終えると、娘が妙なものを提げていた。「みふぃ」の首に紐をかけて、それを振り回して笑っている。 何してるの、と声を荒げると、娘はきょとんとして、「ぶらんこ」と言った。
以来、Yさんは娘が宙を見つめていると、そこに異常なものがぶら下がっているような気がして、怖くて堪らない。
小野不由美が描く九十九の怪異。読むほどに不穏な闇は深まり、恐怖がいや増すーー。百物語怪談文芸の最高傑作、ここに誕生! 『幽』好評連載に加え新作十八編を書き下ろし収録。

↑本の内容紹介から。
鬼談百景 (幽BOOKS)鬼談百景 (幽BOOKS)
(2012/07/20)
小野不由美

商品詳細を見る


「残穢」小野不由美著/

怨みを伴う死は「穢れ」となり、あらたな怪異の火種となるのか──。畳を擦る音が聞こえる、いるはずのない赤ん坊の泣き声がする、何かが床下を這い廻る気配がする。だからあの家には人が居着かない──何の変哲もないマンションで起きる怪奇現象を調べるうち、浮き上がってきたある「土地」を巡る意外な真実。著者九年ぶりの五〇〇枚書き下ろし、戦慄のドキュメンタリー・ホラー長編。

↑本の内容紹介から。
残穢残穢
(2012/07/20)
小野 不由美

商品詳細を見る


99編の怪談集「鬼談百景」と、ある怪談の謎を追った長編「残穢」です。
Twitterの方で、書評家の方が「鬼談百景」の99編と「残穢」で百物語を構成するということで、「鬼談~」の方から着手。
一話数ページからなる怪談は、読者から(この辺り「残穢」で言及されています)集まったものなので、伝聞という形だから。
その後どうなったという、最後まで語られていない。
そして怖い話ばかりではなく、不思議系と言いますか、ほっこりする話もあったので、読み始めたばかりはそんなに怖くないなーと思ってました。
うん、余裕をぶちかましていた自分が滑稽になるくらい、「鬼談百景」は99も話が重ねられると、身近に感じる部分があって、じわじわと怖さが沁みてきました。
夜中、トイレに行こうとして階段の明かりをつけたら、何か転がって行くのが見えたとか――。
具合が悪くて、学校休んでいた人が、心細くて学校帰りの友達を見かけて、ベランダから家に誘ったら――兄弟がいるのかとか?――。
見えるのも怖いけど、自分だけが見えないのも怖いという現実を突き付けられ、ぞくり。
そうして続けて「残穢」を読む。
「残穢」は語り手が作家の小野さん自身なのか?という設定で、昔書いた小説のあとがきで怪談を募集したところ、アパートで畳をする音がするという手紙を貰う。
その手紙の主とやりとりしていて、ふと他に貰った手紙に似たような状況が――と。
「残穢」怪異の出所を辿っていけば、「鬼談百景」の怪談と幾つかリンクし、もしかしたら他の怪談も手繰ってみれば、伝染した結果なのでは?と思わせるところが面白く、またその広がり具合が怖く感じられました。
うん、引っ越した先にも怪異がついて来られたら……。
とはいえ、「残穢」自体は語り手が冷静なので、ぞくぞくする怖さというのはなかったかな。
(登場人物が怯えるのが、読んでる人間にも伝染して、怖いと思うタイプらしいです、私は。なので、うん、そんなに怖い怖いとはならなかったです)
ただ、どこまでが本当なのか、推測するのは面白いかも。

top↑