ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

応援してます!

  • 翻訳ミステリー大賞シンジケート
  • 被災地を応援しています
  • 覆面作家企画5

ブログ内検索

  • 2012
  • 09/01
  • Sat

更新報告。

「秘密を閉じ込めて」、「君だけに贈る詩」更新しました。
アンケート、撤去しました。ご協力くださった方、ありがとうございました。

以下、読書のまとめ。
今までも沢山面白い本ばかり読んできて、これから秋にかけても、面白そうな読みたい本がわんさかと出て来るにあたり……。
読書熱がいまだ冷めやらず、本しか読んでないような。
どうしよう。どうしよう。

とりあえず、フレッド・ヴァルガスの「彼の個人的な運命」は面白かったよ!
私もこんな楽しいお話、書きたいな(←この欲求を生かしなさい)


期間 : 2012年08月
読了数 : 19 冊
彼の個人的な運命 (創元推理文庫)
フレッド・ヴァルガス / 東京創元社 (2012-08-25)
★★★★★ 読了日:2012年8月29日
「彼の個人的な運命」フレッド・ヴァルガス著/

三人の若き歴史学者、マルク、マティアス、リュシアンとマルクの伯父で元刑事が住むボロ館に元内務省調査員が連れて来たのは、凄惨な女性連続殺人事件の最有力容疑者だった。彼の無実を信じる元売春婦に託されたこの青年はほんとうに無実なのか?彼は事件現場近くで目撃され、指紋もしっかり採取されている。三人と元内務省調査員が事件を探る。CWA賞受賞シリーズの傑作。

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
見知らぬ顔 (創元推理文庫)
アン ペリー / 東京創元社 (1995-09)
★★★★★ 読了日:2012年8月26日
「見知らぬ顔」アン・ペリー著/

夢も見ない眠りから覚めたとき、彼はすべての記憶を喪っていた。自分がモンクという名の刑事だと知らされ、病状を隠して職場に復帰したが、割りふられたクリミア戦争帰りの退役少佐殺しは容易ならざる難事件。十九世紀英国に孤立無援の警部が展開する、自分探しと真相究明の旅の結末は? 構成堅牢、時代ミステリの決定版!

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
アバンチュリエ(4) (イブニングKC)
森田 崇 / 講談社 (2012-08-23)
★★★★★ 読了日:2012年8月25日
ペルソナ4 10【完全生産限定版】 [DVD]
浪川大輔 , 森久保祥太郎 / アニプレックス (2012-08-22)
★★★★★ 読了日:2012年8月22日
誓約のエフェメラ 悪魔伯爵と焔の乙女 (一迅社文庫アイリス)
朝戸 麻央 / 一迅社 (2012-08-18)
★★★★☆ 読了日:2012年8月21日
「誓約のエフェメラ 悪魔伯爵と焔の乙女」朝戸麻央著/

「新たな契約を結ぼうか?」
魔の潜む都ロゼッタ。
幼い頃の記憶がない少女リゼルは、化物に襲われていたところを炎の魔法を操る青年伯爵アーベルトに救われる。悪魔に力を与える妙薬《エフェメラ》である彼女を守るかわりに、アーベルトは彼が追っている事件の捜査協力を要求。その上、メイドとして伯爵家で働くことを命じてきて…!?
永き時に飽きた悪魔伯爵との出会いが少女の運命を変える。霧煙る都のラブファンタジー。

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
スケッチトラベル
堤大介 , ジェラルド・ゲルレ / 飛鳥新社 (2012-08-11)
★★★★★ 読了日:2012年8月20日
フェリシアの旅 (角川文庫)
ウィリアム トレバー / 角川書店 (2000-02)
★★★★☆ 読了日:2012年8月19日
「フェリシアの旅」ウィリアム・トレバー著/
男は車のミラーから彼女を凝視していた。映っていたのは、十七歳の少女フェリシア。連絡先も告げずに去ってしまった恋人を捜すためにアイルランドからイギリスにやってきた。何の手がかりもなく。車の男ヒルディッチは、町工場の食堂の責任者。だが彼には知られざる性癖があった。天才的な嗅覚で家出娘たちを捜し出し、巧妙に助けの手をのべ、感謝され、そして―。男は偶然の出会いを演出し、静かに、だが確実に、彼女を追いつめていく―。アイルランドの実力派による同名映画の原作。

↑本の内容紹介から。(一部、ネタバレっぽいところがあったので削除)
[続きを読む]
恋するベーカリーで謎解きを (カップケーキ探偵2)
ジェン・マッキンリー / 武田ランダムハウスジャパン (2012-08-10)
★★★★☆ 読了日:2012年8月18日
「恋するベーカリーで謎解きを (カップケーキ探偵2)」ジェン・マッキンリー著/

メルとアンジーのかわいいカップケーキ屋さんは相変わらず大繁盛。ふたりの恋愛は問題あり、なのが悩みだけれど。でも、それどころじゃない事件が起こった。 メルの母ジョイスが久方ぶりにデートをしたら、その最中にお相手が殺されて……。当然、ジョイスは有力犯人候補。メルは真犯人を見つけたいのに、一番あやしいと思う男とアンジーがつきあいはじめるし、もうめちゃくちゃ――。ふたりの恋のゆくえも気になる、キュートなベーカリー事件簿、第2弾!

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
夜毎に石の橋の下で
レオ・ペルッツ / 国書刊行会 (2012-07-25)
★★★★★ 読了日:2012年8月15日
「夜毎に石の橋の下で」レオ・ペルッツ著/

1589年秋、プラハのユダヤ人街を恐るべき疫病が襲った。
墓場に現れた子供の霊は、この病は姦通の罪への神の怒りだと告げる。
これを聞いた高徳のラビは女たちを集め、罪を犯した者は懺悔せよと迫ったが、名乗り出る者はなかった……。
神聖ローマ帝国の帝都プラハを舞台に、皇帝ルドルフ2世、ユダヤ人の豪商とその美しい妻、宮廷貴族、武将、死刑囚、錬金術師、盗賊団、道化、画家らが織りなす不思議な愛と運命の物語。
夢と現実が交錯する連作短篇集にして幻想歴史小説の傑作。

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
竜の歌が聞こえたら ~ふたつの炎の宿命の! ~ (ウィングス文庫)
新堂 奈槻 / 新書館 (2012-08-09)
★★★★☆ 読了日:2012年8月14日
「竜の歌が聞こえたら ~ふたつの炎の宿命の! ~」新堂奈槻著/
俺はハイタカ。配達オンリーの魔法ギルド・ヤッホーカッコーヤッホーの魔術師だ。ある日、うちのギルドに箱いっぱいの火魔法の魔符が届けられた。贈り主はルイだったが、ソレのせいでひと騒動勃発。いてもいなくてもおまえが迷惑なのは一緒だから帰ってこい!と文句と一応の礼(魔符の)を告げるべく、俺は奴のもとへ出向くことに。すると、さらにトラブルに巻き込まれるわ、妙に小綺麗な奴の双子は現われるわ…?ハートフル・ファンタジック・ストーリー第二巻。

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
Blythe Collection Guide Book (ブライスコレクションガイドブック)
ジュンコ・ウォング / グラフィック社 (2011-12-29)
★★★★★ 読了日:2012年8月13日
おひとり様物語(4) (ワイドKC)
谷川 史子 / 講談社 (2012-08-10)
★★★★☆ 読了日:2012年8月13日
らせん階段 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
エセル・リナ ホワイト / 早川書房 (2003-09-19)
★★★☆☆ 読了日:2012年8月13日
「らせん階段」エセル・リナ・ホワイト著/

荒涼とした田園地帯にそびえ立つ“サミット”邸。一風変わった家族のみが住む屋敷にメイドとして雇われたヘレンは、不吉な予感に震えていた。近隣の町で若い女が連続して殺されているのだ。次に狙われるのはわたしかもしれない―ひたひたと忍び寄る殺人鬼の影に怯えるヘレンだったが、屋敷には頼りにできる人物は見当たらない。そして激しい嵐の夜、ヘレンの耳に聞こえてきたのは、屋敷裏のらせん階段を歩く何者かの足音だった!ロバート・シオドマク監督が映画化し、その後三度にわたって映像化されたゴシック・サスペンスの古典的傑作。

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
岡崎 琢磨 / 宝島社 (2012-08-04)
★★★★☆ 読了日:2012年8月12日
「珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を」岡崎琢磨著/

京都の小路の一角に、ひっそりと店を構える珈琲店「タレーラン」。恋人と喧嘩した主人公は、偶然に導かれて入ったこの店で、運命の出会いを果たす。長年追い求めた理想の珈琲と、魅惑的な女性バリスタ・切間美星だ。美星の聡明な頭脳は、店に持ち込まれる日常の謎を、鮮やかに解き明かしていく。だが美星には、秘められた過去があり―。軽妙な会話とキャラが炸裂する鮮烈なデビュー作。

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
掘り出し物には理由がある (コージーブックス)
シャロン フィファー / 原書房 (2012-08-10)
★★★★☆ 読了日:2012年8月11日
「掘り出し物には理由がある (アンティーク雑貨探偵)」シャロン・フィファー著/

アンティークのボタンに陶器、絵葉書に古い結婚式の写真―興味のない人にはただのがらくたでも、蒐集家にはうっとりするような宝の山。そんな貴重なアンティークを探し出すのが、蒐集家にしてフリーランスの「拾い屋」であるジェーンの仕事。といってもまだ駆け出しで、ついつい自分の好きな雑貨に目がいってしまうのが玉にきず。その日も七つ道具をひっさげ、お宝をさがしに朝からガレージ・セールへ。美しい植木鉢と出あい、最高に幸せな気分で帰宅した彼女に予期せぬ事態が!隣家の主婦が何者かに殺されたのだ。そして、遺体の服から消えていたアンティークのボタン。いったいなぜ?蒐集家の鋭い観察眼で事件の真相に迫る。

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
わたしが眠りにつく前に (ヴィレッジブックス)
SJ・ワトソン / ヴィレッジブックス (2012-07-20)
★★★☆☆ 読了日:2012年8月9日
「わたしが眠りにつく前に」SJ・ワトソン著/

「わたし」クリスティーン・ルーカスは、特殊な記憶障害を負っている。毎朝目覚める度、前日までの記憶が失われてしまうのだ。いまは長年連れ添った夫とふたり暮らし。毎日彼が誰かすらわからなくなるわたしを、夫は献身的な愛で受け入れてくれている。そんなある日、医師を名乗る若い男から電話がかかってくる。聞けば、すこし前から夫に内緒で彼の診察を受けているのだという。医師はここ数週間、あなたは毎日の出来事をひそかに書き綴ってきたと言い、日誌を見るように告げる。わたしは言われるまま、それを読み始めた。その先に何が待つのかも知らずに…。CWA最優秀新人賞受賞作。

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
黒死荘の殺人 (創元推理文庫)
カーター・ディクスン / 東京創元社 (2012-07-27)
★★★★☆ 読了日:2012年8月4日
「黒死荘の殺人」カーター・ディンクス著/

曰く付きの屋敷で夜を明かすことにした私が蝋燭の灯りで古の手紙を読み不気味な雰囲気に浸っていた時、突如鳴り響いた鐘―それが事件の幕開けだった。鎖された石室で惨たらしく命を散らした謎多き男。誰が如何にして手を下したのか。幽明の境を往還する事件に秩序をもたらすは陸軍省のマイクロフト、ヘンリ・メリヴェール卿。ディクスン名義屈指の傑作、創元推理文庫に登場。

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
エジンバラの古い柩 (創元推理文庫)
アランナ・ナイト / 東京創元社 (2012-07-21)
★★★☆☆ 読了日:2012年8月4日
「エジンバラの古い柩」アランナ・ナイト著/

エジンバラ城の崖下で男の遺体が発見された。捜査をはじめたファロ警部補は現場付近で男性の肖像が描かれたカメオを拾う。さらに警官だった父の遺品から、40年前に城の壁の中から赤ん坊の遺体を納めた古い柩が発見されたという事件の記録と、現場で発見したものと対のメアリー王女のカメオを見つける。ふたつの宝飾品が示す驚愕の真相とは?英国史を覆しかねない大胆な傑作。

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
ご近所美術館 (創元クライム・クラブ)
森福 都 / 東京創元社 (2012-07-27)
★★★★☆ 読了日:2012年8月3日
「ご近所美術館」森福都著/

平凡なサラリーマンの「ぼく」こと海老野が勤める会社の近所に、突如できた小さな美術館。居心地のよさと旨いコーヒー目当てに常連となった海老野は、引退した館長に代わってやって来た川原姉妹の姉・菫子に一目惚れする。来館者から持ち込まれる不可思議な謎を解いて菫子を振り向かせようと、生意気でオタクなその妹・あかねの力を借りつつ奮闘を重ねるが…。恋する一青年が、美術館専属の探偵となって活躍するほんわかミステリ連作集。

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]

top↑