ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

応援してます!

  • 翻訳ミステリー大賞シンジケート
  • 被災地を応援しています
  • 覆面作家企画5

ブログ内検索

  • 2012
  • 09/16
  • Sun

「濡れた魚 上・下」フォルカー・クッチャー著

「濡れた魚」フォルカー・クッチャー著/

1929年、春のベルリン。ゲレオン・ラート警部が、わけあって故郷ケルンと殺人捜査官の職を離れ、ベルリン警視庁風紀課に身を置くようになってから、一ヶ月が経とうとしていた。殺人課への異動を目指すラートは、深夜に自分の部屋の元住人を訪ねてきたロシア人の怪死事件の捜査をひそかに開始するが…。今最も注目されるドイツ・ミステリが生んだ、壮大なる大河警察小説開幕。

↑本の内容紹介から。

「濡れた魚 下」フォルカー・クッチャー著/

怒涛の日々を送るベルリン警視庁のラート警部。ベルリンを震撼させる殺人事件の謎、消えたロシア人歌姫の消息、都市に暗躍する地下組織、ひそかにベルリンに持ち込まれたとささやかれる莫大な量の金塊の行方…。予測不能の成り行きで、絶対絶命のピンチに陥ったラートに光明は射すのか?転換期の首都と人を鮮やかに活写する、傑作大河警察小説。ベルリン・ミステリ賞受賞作。

↑本の内容紹介から。

第一次世界大戦から、約十年後の1929年ベルリンを舞台にした警察ミステリです。
共産党が幅を利かせ始めている時世、主人公のラート警部は地方からベルリンへとやってきます。
傍からみたら出世に見える栄転も、実は故郷で問題があったため。故に希望する殺人課ではなく、風紀課でポルノを取り締まる日々。
そんな現状に嫌気がさしていたときに、彼のアパートに人違いで訪ねてきたロシア人が事故に見える形で死亡している事実に立ちあうことに。
現場担当のベーム警部に反感を持つと同時に、この事件を解決することで殺人課への出世を目論み、ラート警部は密かに捜査することに。
そうしながら知り合った殺人課タイピストのチャーリーに恋をしては、浮かれと。
こういうタイプは、脇役で自滅するタイプだよなー。正直、この主人公はどうなんだろうなー。
と思っていたら、案の定、地雷を踏んだというか。

捜査中に(ネタバレ反転→人を死なせちゃったよ! しかもその死体を工事現場に埋めちゃったよ!
ええっ? あなた、警察官だよねっ?
衝撃の展開に、唖然としつつも、しかもその事件を自分で捜査することになっちゃったら、どうするんだ? 
どうなるんだ?
と、展開に予測がつかなくて、先が気になる気になる!
主人公が正統派ではないので、そこら辺りが人を選ぶかもしれませんが。
暗い時代を舞台にしている割には、主人公のドタバタが上手く引っ張ってくれるといいますか。
私はとても面白く読めました。
シリーズの続きも楽しみです。

余談ですが、過去の歴史描写が現代に重なって見える、昨今の時世は…………怖いですね。

濡れた魚 上 (創元推理文庫)濡れた魚 上 (創元推理文庫)
(2012/08/25)
フォルカー・クッチャー

商品詳細を見る
濡れた魚 下 (創元推理文庫)濡れた魚 下 (創元推理文庫)
(2012/08/25)
フォルカー・クッチャー

商品詳細を見る

top↑