ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

応援してます!

  • 翻訳ミステリー大賞シンジケート
  • 被災地を応援しています
  • 覆面作家企画5

ブログ内検索

  • 2012
  • 11/04
  • Sun

「首斬り人の娘」オリヴァー・ペチュ著

「首斬り人の娘」オリヴァー・ペチュ著/

一六五九年。ドイツ南部の街ショーンガウで子供が殺された。遺体にあった奇妙なマークを見た住人たちは、魔女の仕業だと殺気立つ。そして産婆のマルタが魔女と疑われて投獄される。だが、処刑吏クィズルとその利発な娘マクダレーナは、彼女の無実を確信していた。マクダレーナに恋する医者ジーモンとともに、二人は事件の真相を探りはじめる。しかし、そこに第二の殺人が起きる。街の有力者たちがマルタの処刑を求めるなかクィズルらは真犯人を突き止めることができるのか?ドイツ発のベストセラー歴史ミステリ。

↑本の内容紹介から。

長かった戦争(ドイツ三十年戦争)が、終結して約十年後のドイツが舞台の歴史ミステリです。
タイトルが「娘」なので、「娘」が主人公かな?と思いきや、どっちかというと「」と「に恋する医者の息子」が探偵役として捜査し事件の謎に迫っていきます。
(だから、「娘」をタイトルに入れたのかな?)
そんな娘の父で処刑吏を務めるヤーコプ・クィズル。彼の少年時代がプロローグにあり、一家の家業を継ぎたくないと。家を出、戦争中には傭兵をしていたけれど、処刑吏に戻って今は妻と娘マグダレーナに、まだ幼い双子のパパ。
いや、このクィズル父が傭兵をしていただけあって、強いの! カッコいいの!
田舎で子供が殺され遺体に記された印に、産婆が魔女として捉えられ、クィズルは産婆の無実を証明するため奔走します。
悪人には厳しいけれど、罪がない相手には処刑を免れるよう、無実を証明しようとする。
(処刑吏は刑を執行する役目であって、刑を決めるわけじゃない←ここがなかなか、苦しいところ)
でも、村の権力者たちは、町の平穏を取り戻すためにと、罪なき者を犠牲にしようとするところが、読んでいてなかなかに苦しかった。
(この時代に於いては、悪魔や魔女は実在する存在であったわけで)
……でも、この時代に限らず、現代でも自分に都合の悪いことを弱い人間に押し付けて、いじめるとか……ありますよね。
(そんなことを思うと、何で人間っていつの時代も変わらんのだろうと……辛くなったりしましたが)
そんななかでも、迷信に揺さぶられない人がいたり、血の繋がらない里子が行方不明になって、心を痛める人がいたりと。
後半、処刑吏クィズルたちが真相に近づく辺りは手に汗握って、面白かったです。
(ネタバレ反転→娘が敵側の手に落ちて、誘拐されるんですが。そのことを知った双子たちが泣きだすシーンは、グワッと胸を掴まれました。何気ない、数行の描写なんだけど、クィルズ家の仲の良さが表現されていて、個人的には良かったな。
敵側との闘いのシーンもまた、ハラハラした

父と「娘」に恋する医者の息子のコンビが良かったです。関係的には「娘」を間に挟む分、色々とあるんだけど(娘に厳しいようで、やっぱりちょっと甘いパパが、いいです!)。
でも、割と相手を信用しているというか。
ミステリとしては、多視点でお話が綴られているので、割と読者の方が先に犯人(というか、黒幕)に気づくと思うけど。
私はハラハラドキドキで、面白かったです!
4部作ということで、続きの翻訳も是非!

首斬り人の娘 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)首斬り人の娘 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
(2012/10/05)
ペチュ オリヴァー、Oliver Potzsch 他

商品詳細を見る


三十年戦争を描いたこちらでも、処刑吏家族が出てきます。
こちらの方が外から描かれている分、処刑吏一家の立ち位置がどんな感じかわかりやすいかも。
聖餐城 (光文社文庫)聖餐城 (光文社文庫)
(2010/04/08)
皆川 博子

商品詳細を見る


このお話のハラハラ感が気に入ったら、「闇のしもべ」も面白いと思います。

闇のしもべ 上 (英国式犯罪解剖学) (創元推理文庫)闇のしもべ 上 (英国式犯罪解剖学) (創元推理文庫)
(2012/09/21)
イモジェン・ロバートスン

商品詳細を見る
闇のしもべ 下 (英国式犯罪解剖学) (創元推理文庫)闇のしもべ 下 (英国式犯罪解剖学) (創元推理文庫)
(2012/09/21)
イモジェン・ロバートスン

商品詳細を見る

top↑