ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

応援してます!

  • 翻訳ミステリー大賞シンジケート
  • 被災地を応援しています
  • 覆面作家企画5

ブログ内検索

  • 2012
  • 12/03
  • Mon

「江神二郎の洞察」 有栖川有栖著

コメント、ありがとうございます!
「お返事」のページにて、返信していますのでよろしければ、覗いてくださいませ。
その他、拍手もありがとうございます。がんばります。



「江神二郎の洞察」 有栖川有栖著/

その人の落とした『虚無への供物』が、英都大学推理小説研究会(EMC)入部のきっかけだった―。大学に入学した一九八八年四月、アリスは、江神二郎との偶然の出会いからEMCに入部する。江神、望月、織田とおなじみの面々が遭遇した奇妙な出来事の数々。望月の下宿でのノート盗難事件を描く「瑠璃荘事件」をはじめ、アリスと江神の大晦日の一夜を活写する「除夜を歩く」など、全九編収録。昭和から平成への転換期を背景に、アリスの入学からマリアの入部までの一年を瑞々しく描いた、ファン必携のシリーズ初短編集。

↑本の内容紹介から。

「月光ゲーム」「孤島パズル」「双頭の悪魔」「女王国の城」の探偵役・江神さんシリーズの初の短編集。
私は「双頭の悪魔」(文庫本)を最初に読んでからファンになり、過去長編を読んではまだ読みたいと!短編が収録されている雑誌などを図書館で幾つか読めたものの(あと、「孤島パズル」のコミック版で幾つかマンガ化され収録されています)、読めないものもあったので、いやー、待った待った!
(あとがきでは、私と同じような人も)
「瑠璃荘事件「「ハードロック・ラバーズオンリー」
「やけた線路の上の死体」「桜川のオフィーリア」
「四分間では短すぎる」「開かずの間の怪」
「二十世紀的誘拐」「除夜を歩く」「蕩尽に関する一考察」
アリス入部からマリア入部までの一年を綴った江神さんシリーズの短編集、全九編収録です。
時系列順に並んでいるので、その順で読むと季節の移り変わりと同時に、長編「月光ゲーム」での事件がアリスたちに暗い影を落とし、またそこからの変化も垣間見えます。
それと加筆修正がされているので、その他長編にも絡めるような書かれ方をしていて、また読み返したくなる!
(初めての人は「やけた~」と「桜川~」の間で、「月光ゲーム」を読むと良いかも)
何にしても、ミステリ好きが集まったサークルなので、江神さんアリス、モチ先輩に信長さんが繰り広げるミステリ談義が楽しい。楽しい。
いやー、色々と本が読みたくなってきます!
他にも「除夜を歩く」で、江神さんとアリスが交わした会話で、私が幻想・怪奇にも惹かれる理由がわかったような(?)気がしました。
このシリーズ、あと長編一本と短編集一冊で完結予定とのことで……続きが読みたい反面、終わって欲しくないという複雑な心境に陥っているのですが(笑)
それでもまた、EMCメンバーに逢えることを心待ちにしております!

江神二郎の洞察 (創元クライム・クラブ)江神二郎の洞察 (創元クライム・クラブ)
(2012/10/30)
有栖川 有栖

商品詳細を見る
月光ゲーム―Yの悲劇’88 (創元推理文庫)月光ゲーム―Yの悲劇’88 (創元推理文庫)
(1994/07)
有栖川 有栖

商品詳細を見る
孤島パズル (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)孤島パズル (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)
(1996/08)
有栖川 有栖

商品詳細を見る
双頭の悪魔 (創元推理文庫)双頭の悪魔 (創元推理文庫)
(1999/04)
有栖川 有栖

商品詳細を見る
女王国の城 上 (創元推理文庫)女王国の城 上 (創元推理文庫)
(2011/01/26)
有栖川 有栖

商品詳細を見る
女王国の城 下 (創元推理文庫)女王国の城 下 (創元推理文庫)
(2011/01/27)
有栖川 有栖

商品詳細を見る

top↑