ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

応援してます!

  • 翻訳ミステリー大賞シンジケート
  • 被災地を応援しています
  • 覆面作家企画5

ブログ内検索

  • 2013
  • 04/13
  • Sat

「ジヴェルニーの食卓」原田マハ著

「ジヴェルニーの食卓」原田マハ著/

「この世に生を受けたすべてのものが放つ喜びを愛する人間。それが、アンリ・マティスという芸術家なのです」(うつくしい墓)。「これを、次の印象派展に?」ドガは黙ってうなずいた。「闘いなんだよ。私の。――そして、あの子の」(エトワール)。「ポール・セザンヌは誰にも似ていない。ほんとうに特別なんです。いつか必ず、世間が彼に追いつく日がくる」(タンギー爺さん)。「太陽が、この世界を照らし続ける限り。モネという画家は、描き続けるはずだ。呼吸し、命に満ちあふれる風景を」(ジヴェルニーの食卓)。モネ、マティス、ドガ、セザンヌ。時に異端視され、時に嘲笑されながらも新時代を切り拓いた四人の美の巨匠たちが、今、鮮やかに蘇る。語り手は、彼らの人生と交わった女性たち。助手、ライバル、画材屋の娘、義理の娘――彼女たちが目にした、美と愛を求める闘いとは。『楽園のカンヴァス』で注目を集める著者が贈る、珠玉のアートストーリー四編。

↑本の内容紹介から。

印象派の画家に関わった女性たちが語るマティス、ドガ、セザンヌ、モネの物語。短編四編が収録されています。
(「楽園のカンヴァス」と違って、今作はミステリではありません)
「うつくしい墓」は、ひと夏アンリ・マティスに仕えた女性が、後年インタビューを受けてマティスの晩年を語ります。
「エトワール」はアメリカ人の女流画家メアリーから見たエドガー・ドガの唯一の彫刻作品「十四歳の小さな踊り子」の物語。(このお話もメアリーの老後、回想を交えての三人称)
「タンギー爺さん」は画材屋の親爺の娘が、ポール・セザンヌ宛に送った手紙で綴るお話です。
このお話、セザンヌ本人、出てこないんですが(ゴッホの方が出張ってる)
そして語り手の娘自体は、セザンヌのことはツケを払わない迷惑な客みたいな、感じなんですけど。
父であるタンギー爺さんが、セザンヌや印象派の画家たちを擁護するなど、タンギー爺さんの人生を語ることで、かの人への敬愛などが伝わって来ます。
「ジヴェルニーの食卓」はモネの息子嫁で義理の娘(再婚相手の娘)の三人称視点で語られるモネの物語。
と、四編それぞれに語りの手法を変えながらそれぞれの画家を語ると同時に、当時の印象派への風当たり冷たさなど、時代背景がよくわかる作りです。
語り手が画家本人ではなく、その作品の解釈はあくまで第三者の立場ですから、読み手としてはそういう見方もあるのねと。
決して「こういう風に見なければいけない」というように、こちらの観賞の邪魔をせず、それでいて制作背景の知識が自然と入って来る。
そういうところが、作家さんの凄いところだなと思うと同時に、画家たちへの愛情あふれる温かな視線が素敵でした。
時代に受け入れられずとも。
また、困窮の淵にあったり(成功する以前のモネ)、身体の不自由さに満足に描けないなかでも、絵筆ではなく切り絵へと手法を変えて描き続けた(マティス)画家たちの情熱がひしひしと感じられました。
とっても良かったです。
美術に興味ある人も、そうでない人にもオススメです!

ジヴェルニーの食卓ジヴェルニーの食卓
(2013/03/26)
原田 マハ

商品詳細を見る

楽園のカンヴァス楽園のカンヴァス
(2012/01/20)
原田 マハ

商品詳細を見る

top↑