ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

応援してます!

  • 翻訳ミステリー大賞シンジケート
  • 被災地を応援しています
  • 覆面作家企画5

ブログ内検索

  • 2013
  • 05/09
  • Thu

「コリーニ事件」フェルディナンド・フォン・シーラッハ著

「コリーニ事件」フェルディナンド・フォン・シーラッハ著/

2001年5月、ベルリン。67歳のイタリア人、コリーニが殺人容疑で逮捕された。被害者は大金持ちの実業家で、新米弁護士のライネンは気軽に国選弁護人を買ってでてしまう。だが、コリーニはどうしても殺害動機を話そうとしない。さらにライネンは被害者が少年時代の親友の祖父であることを知り…。公職と私情の狭間で苦悩するライネンと、被害者遺族の依頼で公訴参加代理人になり裁判に臨む辣腕弁護士マッティンガーが、法廷で繰り広げる緊迫の攻防戦。コリーニを凶行に駆りたてた秘めた想い。そして、ドイツで本当にあった驚くべき“法律の落とし穴”とは。刑事事件専門の著名な弁護士が研ぎ澄まされた筆で描く、圧巻の法廷劇。

↑本の内容紹介から。

抑制された簡素な文体で、人が犯罪に堕ちていったり罪によって人生を狂わされたりといった人々を綴った短編集「犯罪」「罪悪」の作者・シーラッハさんの三作目は初の長編です。
(長編と言っても、他の本などと比べればページ数は少ない方だと思います。200ページ程度。シリーズ物ではないので、この本から読んでも大丈夫です!
しかし、圧縮された物語には、息を呑むばかりの真相が。
あまり書くと、ネタバレしそうなのですが……。
新米の弁護士ライネンは顧客を得るべく、国選弁護士として登録します。そんな彼の元にやって来た案件は、事業家の老人を殺害したイタリア人のコリーニ氏の弁護。
彼が老人を殺したのは明らかでしかし、被告は一切口を開かず――。
そうして、殺された老人はライネンの少年時代の親友の祖父であることを知り――と。
一度は弁護を降りようとする彼ですが、
「あんたは弁護士なんでしょう。弁護士のすべきことをしなくっちゃ」
と、勝機の薄い裁判に挑みます。被告人すら協力的ではない行き詰まりの状況、一つの手掛かりから明かされる事実はなんとも……(ネタバレ→ドイツと言えば、第二次世界大戦のナチスの蛮行
コリーニが、今になって犯行に及んだ理由など。
そうなって来ると、まあ、あれですよ(コリーニ氏に肩入れしたくなれば)裁判シーンは手に汗握る。
そして、結果は「…………」
ここで描かれている結末には、答えはないようなものですが)でも、この本が刊行された後、政府は調査委員会を立ち上げたということ。
ドイツという国が、「それら」の問題をどのように見ているのか、背負っているのか。よくわかるような気がしました。
故に何と言うか、日本という国は……と、色々と考えさせられました。

コリーニ事件コリーニ事件
(2013/04/11)
フェルディナント・フォン・シーラッハ

商品詳細を見る


犯罪犯罪
(2011/06/11)
フェルディナント・フォン・シーラッハ

商品詳細を見る
罪悪罪悪
(2012/02/18)
フェルディナント・フォン・シーラッハ

商品詳細を見る

top↑