ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

応援してます!

  • 翻訳ミステリー大賞シンジケート
  • 被災地を応援しています
  • 覆面作家企画5

ブログ内検索

  • 2013
  • 05/19
  • Sun

「キアズマ」近藤史恵著

「キアズマ」近藤史恵著/

決して交わるはずのなかった、俺たち。喪失を超えるように、ただ走り続ける――。命をかける覚悟? 誰かを傷つける恐怖? そんなもの呑み込んで、ただ俺は走りたいんだ。ひたすらに、自分自身と向き合うために。助けられなかったアイツのために――。一年間限定で自転車ロードレースに挑むことになった正樹。「サクリファイス」シリーズ4作目、新たな舞台は大学自転車部! ファン待望の最新長編小説。

↑本の内容紹介から。

「サクリファイス」「エデン」「サヴァイヴ」に続く、ロードレースシリーズの第四弾です。
とはいえ、今作は大学の自転車部が舞台なので、シリーズ未読でも大丈夫!
主人公自身が初心者という立ち位置なので、ロードレースのルールを知らなくてもOKです。
(今作は完全にミステリ色は抜けて、スポーツ、青春小説といった具合ですが。シリーズファンならある人が登場するところに、ニヤリとしたり)
主人公はフランスに行っていたことがある大学一年生の、岸田正樹くん。その経験からか、周りに馴染めない彼はある日、肩がぶつかったという因縁から逃れる途中、事故を起こしてしまいます。
怪我をさせてしまい、「何でもします」という言質をとられ一年という条件付きで自転車部に入部することに。
初心者である正樹くんですが、柔道を長年やっていた分、体力があり、それで初心者らしからぬ活躍を。
そんな彼が次第にロードレースに魅了されていくスポーツの面白味も存分に描きながら、背負うものへの葛藤なども深く
(過去、柔道の授業中の事故で友達が障碍を負い、命がけのスポーツに対する色々な想いや、またその友達に対する後ろめたさなど)
「キアズマ」
減数分裂の前期後半から中期にかけて、相同染色体が互いに接着する際の数か所の接着点のうち、染色体の交換が起こった部位。x字形を示す。(三省堂・大辞林)

よくわからなかったタイトルも、読んでいくと色々と含みをもっていたりとか。
今作も読み応えがありました!

キアズマキアズマ
(2013/04/22)
近藤 史恵

商品詳細を見る
サクリファイス (新潮文庫)サクリファイス (新潮文庫)
(2010/01/28)
近藤 史恵

商品詳細を見る
エデン (新潮文庫)エデン (新潮文庫)
(2012/12/24)
近藤 史恵

商品詳細を見る
サヴァイヴサヴァイヴ
(2011/06)
近藤 史恵

商品詳細を見る

top↑