ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

応援してます!

  • 翻訳ミステリー大賞シンジケート
  • 被災地を応援しています
  • 覆面作家企画5

ブログ内検索

  • 2013
  • 06/12
  • Wed

「島はぼくらと」辻村深月著

「島はぼくらと」辻村深月著/

母と祖母の女三代で暮らす、伸びやかな少女、朱里。
美人で気が強く、どこか醒めた網元の一人娘、衣花。
父のロハスに巻き込まれ、東京から連れてこられた源樹。
熱心な演劇部員なのに、思うように練習に出られない新。

島に高校がないため、4人はフェリーで本土に通う。
「幻の脚本」の謎、未婚の母の涙、Iターン青年の後悔、
島を背負う大人たちの覚悟、そして、自らの淡い恋心。
故郷を巣立つ前に知った大切なこと――すべてが詰まった傑作書き下ろし長編。

↑本の内容紹介から。

直木賞受賞後の辻村さんの第一作は書き下ろしです。
(ミステリ要素はないです)
青春――というよりは、四人の高校生の目を通して綴られた故郷の「物語」かな。
瀬戸内海にある冴島で暮らす四人の高校生は、高校がないために本土にフェリーで通っています。
最終の便を逃すと島に帰れないために、部活動もままならない。それでも演劇部に所属する、新くん。
女三人で暮らす、朱里さん。島でホテルを経営するため、東京からやって来た源樹くん。網元の一人娘である衣花さん。
冴島はIターンやシングルマザーを積極的に受け入れています。そこへ自称作家と名乗る男性が「幻の脚本」を探している様子。
この自称作家のイヤらしさは、さすが辻村さんといいますか(笑)
実にイヤらしい小者っぷりで、穏やかな島の空気を掻き乱すような感じで、読み始めたときは直木賞受賞作のような「厭」系の話かな?と不安になりましたが(まあ、小者だったので!というか、割とサッと退場したのには驚きましたが、軸は「幻の脚本」にあった。
お話は四人だけの物語ではなく、小さな島にも社会はあって、医者がいないこと、また進学など色々な問題での別離、それに自然災害といった(震災による福島のお話など、冴島が抱える火山問題を通し)、社会問題も絡めて
やって来る人、出ていく人、帰って来る人、留まる人の物語が折り重なって、良かった。
「幻の脚本」に託された励ましと祈りもじんわりと心にしみて来る。
あと、今までの辻村さんのお話は、田舎の窮屈さみたいなものを前面に押し出していて、田舎好きとしては「ちょっと」と思うところがありましたが、今作では「故郷」という、温かさを感じさせるお話でした。
辻村さんの作品では、他作品の登場人物がチラリと登場したりすることがあるのですが、今作でもまさかのあの人が、顔を見せたてくれたのも嬉しかったです。
講談社から出ている辻村作品が好きな方には、特にオススメ!

島はぼくらと島はぼくらと
(2013/06/05)
辻村 深月、五十嵐 大介 他

商品詳細を見る

top↑