ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん
・マリア
(レッドデリシャス)
・アリス
(ユニバーシティオブラブ)
・ローズ
(モニークマニフィーク)
・ティナ
(セイディスプリンクル)
・リディ
(キスミートゥルー)
・ニーナ
(ミシャティビャーリュブリュー)
・ユリア
(ローシェックモルセー)
・カレン
(シャルロットデフルール)
・アメリア
(レジーナ・アーウェン)
・イザベラ
(ビアンカパール)
・ジュリア
(スコッティマム)
・エステル
(サリー・サルマガンディ)
*べべ
(メラニーユビークガール)
・メアリー
(ダークラビットホール)
・ソフィア
(ミンティーマジック)
・メロディ
(プレイフルレインドロップス)
・ルーシー
(デヴィデラクール)
・グリシーヌ
(アドアーズ・アナ)
・クラリッサ
(ホームスウィートホーム)

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

応援してます!

  • 翻訳ミステリー大賞シンジケート
  • 被災地を応援しています
  • 覆面作家企画5

ブログ内検索

  • 2013
  • 06/19
  • Wed

「白雪姫には死んでもらう」ネレ・ノイハウス著

「白雪姫には死んでもらう」ネレ・ノイハウス著/

空軍基地跡地の燃料貯蔵槽から人骨が発見された。検死の結果、11年前の連続少女殺害事件の被害者だと判明。折しも、犯人として逮捕された男が刑期を終え、故郷に戻っていた。彼は冤罪だと主張していたが村人たちに受け入れられず、暴力をふるわれ、母親まで歩道橋から突き落とされてしまう。捜査にあたる刑事オリヴァーとピア。人間のおぞましさと魅力を描いた衝撃の警察小説!

↑本の内容紹介から。

「深い疵」に続く、ドイツを舞台にした警察小説、。ピア&オリヴァーシリーズの第二弾!
(正確には第四作目(?)になるのかな?日本での翻訳はシリーズの途中からです)
十一年前、二人の少女が行方不明になり、血まみれの車のトランクや発見された凶器といった状況証拠から、逮捕され刑を受けたトビアス。
彼自身は事件当夜の記憶がなく、故に自分が犯人か否かもわからない。無罪を主張できないまま、刑を受けます。
そして出所し家に帰ってみれば、両親は離婚。父親が経営していた食堂は潰れ、また土地などの財産も人手に渡っている現実に打ちひしがれる。
そんななか、彼の母親が突き落とされて重体に。この捜査で、ピアたちが関わってきます。
直感的なピアはトビアスが殺人犯であるというのに疑念を抱きます。同時期に基地跡地で発見された遺体は行方不明だった少女のもの。証言からすれば、トビアスが遺体を遺棄するのはかなり無理がある――と。
十一年前の事件の真相の謎と、またこの町に最近やって来た少女アメリー(過去行方不明になったもう一人の少女、白雪姫に容姿が似ている)は、事件とトビアスに興味を持って調べていたところ、有力な手掛かりを掴んだ矢先に行方不明にと。
幾つもの謎と愛憎渦巻く人間関係が錯綜し、最後まで面白かったです。
(事件の概要は見えても、ハラハラ展開があって)
事件面でなく、捜査陣のプライベート部分も描かれているのですが、今回はオリヴァーが、何か、ね。
色々、あったよ。心配するような落ち込み具合と、心配して損した復活具合に(苦笑)
今作も登場人物が多かったけれど、さほど気にならず。むしろ色々な女性像(男性像も)が読み応えがあって楽しめました。
いや、ホント、良い意味でも悪い意味でも、女性が目立ってました。
アメリーもゴスの奇天烈な少女のように見えて、しっかりしていたし。
辛辣な物いいをするけど、冷徹に物事を見ているティースの叔母など。
白雪姫のモチーフをなぞらえている部分など、童話好きとしては探すの面白かったです。
(アレとか、アレとかは、それだよね?)
このシリーズ、次はシリーズの最初に戻るそうです。
今では悩みをあけすけに語るような信頼関係を築いている(恋愛関係はないです→)ピアとオリヴァーの仲悪い頃?がみられるのかと思うと、楽しみです。

白雪姫には死んでもらう (創元推理文庫)白雪姫には死んでもらう (創元推理文庫)
(2013/05/30)
ネレ・ノイハウス

商品詳細を見る
深い疵 (創元推理文庫)深い疵 (創元推理文庫)
(2012/06/21)
ネレ・ノイハウス

商品詳細を見る

top↑