ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん
・マリア
(レッドデリシャス)
・アリス
(ユニバーシティオブラブ)
・ローズ
(モニークマニフィーク)
・ティナ
(セイディスプリンクル)
・リディ
(キスミートゥルー)
・ニーナ
(ミシャティビャーリュブリュー)
・ユリア
(ローシェックモルセー)
・カレン
(シャルロットデフルール)
・アメリア
(レジーナ・アーウェン)
・イザベラ
(ビアンカパール)
・ジュリア
(スコッティマム)
・エステル
(サリー・サルマガンディ)
*べべ
(メラニーユビークガール)
・メアリー
(ダークラビットホール)
・ソフィア
(ミンティーマジック)
・メロディ
(プレイフルレインドロップス)
・ルーシー
(デヴィデラクール)
・グリシーヌ
(アドアーズ・アナ)
・クラリッサ
(ホームスウィートホーム)

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

応援してます!

  • 翻訳ミステリー大賞シンジケート
  • 被災地を応援しています
  • 覆面作家企画5

ブログ内検索

  • 2013
  • 07/15
  • Mon

「緑衣の女」アーナルデュル・インドリダソン著

「緑衣の女」アーナルデュル・インドリダソン著/

住宅建設地で発見された、人間の肋骨の一部。事件にしろ、事故にしろ、どう見ても最近埋められたものではない。現場近くにはかつてサマーハウスがあり、付近にはイギリス軍やアメリカ軍のバラックもあったらしい。住民の証言の端々に現れる緑の服の女。数十年のあいだ封印されていた哀しい事件が、捜査官エーレンデュルの手で明らかになる。CWAゴールドダガー賞/ガラスの鍵賞同時受賞。究極の北欧ミステリ。

↑本の内容紹介から。

「湿地」に続く、アイスランドを舞台にした捜査官エーレンデュルシリーズの第二弾です。
シリーズものですが、読んだ限りは「湿地」を読んでいなくても大丈夫です。
(勿論、読んでいたら作者があえてここまで辛い話を書こうとする、その姿勢の揺らぎなさに感じるものがあると思いますが。その辺りも「訳者あとがき」で書かれているので)
建設中の住宅地で人骨が発見されます。かなり昔のものらしいその骨から、過去行方不明になった者はいないかと、エーレンデュルとその部下エリンボルクとシグデュル=オーリの三人で捜査するパートと。
父親の家庭内暴力にさらされる家族の話、この二つを軸に進行します。
とにかく、この家庭の話がなかなか辛い。現代でも問題視されるドメスティック・バイオレンス。暴力だけではなく、言葉で人間性を否定して、母親は自分に自信すらなくしていく。
それでも子供たちのために耐える日々(一度、逃げ出したものの捕まり、子供を殺すという脅し文句で縛られては、もう逃げるに逃げ出せない)
そんな父親の暴力を克明に描くことで、改めて暴力の醜悪さに戦慄します。
ここまで人は酷いことが言えるのか、残酷なことができるのか。そう疑問に思うけれど、平穏な世界に暮らしている私が知らないだけで、ニュースのその向こうには残酷な世界があるのだろう。
それをこの作家は小説を通して訴えて、皆に考えて欲しいと願っている。
その力が、読ませるといいますか。
捜査で次第に明らかになる、発見された場所に住んでいた住人たちのこと、その時代。
(どうやら人骨が埋められたのは戦時中らしい)
現代ほどに融通が利かないことなどもあり、そこで生じた悲劇も辛い。
「湿地」ではあえて犯人を見せていて、今作も犯人らしき人は想像つくのですが、今回はひねりを加えてきたといいますか。ミステリ面でも前作を上回っている。
プライベート部分では、エーレンデュルの家族や過去が描かれ、また彼が行方不明者捜しに執着する理由が垣間見え、切なくなりました。
彼が家族と関係をつくれない、孤独は(「罪悪感」を抱えているからじゃないかなー
また、あとがきで語られたアイスランド文化など、読み応えがありました! 
シリーズの続きは当然、出ますよね? 待ってます!

緑衣の女緑衣の女
(2013/07/11)
アーナルデュル・インドリダソン

商品詳細を見る
湿地 (Reykjavik Thriller)湿地 (Reykjavik Thriller)
(2012/06/09)
アーナルデュル・インドリダソン

商品詳細を見る

top↑