ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

応援してます!

  • 翻訳ミステリー大賞シンジケート
  • 被災地を応援しています
  • 覆面作家企画5

ブログ内検索

  • 2013
  • 08/18
  • Sun

「刑事たちの三日間 上・下」アレックス・グレシアン著

「刑事たちの三日間 上」アレックス・グレシアン著/

1889年、切り裂きジャックの恐怖が残るヴィクトリア朝ロンドン。地に落ちた警察への信頼を回復するため、ロンドン警視庁に殺人捜査課が創設された。日々捜査に忙殺される中、仲間のひとりが無残な死体となって発見される。事件の捜査を命じられたのは、新米警部補のディだった―。巨大都市にはびこる犯罪の闇、それに立ち向かう刑事の光。斬新なスタイルで贈る傑作警察小説!バリー賞、「ストランド・マガジン」批評家賞ノミネート。

「刑事たちの三日間 下」アレックス・グレシアン著/

科学的犯罪捜査の先駆者キングスリー博士の助けを借りながら、ロンドン警視庁の殺人捜査課警部補のディは、同僚刑事殺害の謎を追う。一方で、卑劣な犯罪を目の当たりにしたハマースミス巡査は、密かに捜査することを決意する。その先に、罠が待ちうけているともしらずに…。刑事たちの終わらない捜査の日々の、わずか三日間のドラマを活写する、圧巻のヴィクトリア朝警察小説。

↑本の内容紹介から。

切り裂きジャック事件が世間を賑わせて暫くのロンドンで、民衆たちの警察への信頼が失墜しているで、一人の警察官の無残な遺体が発見される――という、かなりショッキングなところから始まります。
切り裂きジャック事件は直接は関係ない(間接的には少しだけ関わるけれど、犯人の謎に迫ったりはしない)ですし、この時代を舞台にしてはそうそう陰惨さはないかなと思います。
ほんの一部、ところどころにショッキングな描写が混じるけど、そこまでグロかったりはしないので、大丈夫じゃないかなぁ……と思いますが。
(こればっかりは人によるでしょうが、最初の衝撃がOKだったら、耐えられるレベルかと)
事件を担当するのはロンドンに出てきたばかりの新米警部補・ディ。
彼はロンドンに出てきたばかりで、凄く真面目な人です。一緒にロンドンにやって来た奥さんのクレア。
彼女とは結婚してそれほど経っていないけれど、奥さんの家は割と裕福なので、自分のような安月給の刑事の妻に迎えて良かったのか?みたいな、申し訳なさを感じているような、ディ警部補です。
(ここら辺の奥さんとのすれ違いが、じれったいロマンス好きな人にはイイかと!)
そんなディ警部補と組むのが、ブラッカー警部補でダジャレ好きな人です。
彼の下でこの事件の捜査に加わるのが、これまた熱血漢なハマースミス巡査と、服装に拘るプリングル巡査。
他にも、本来の仕事とは関係なく解剖を手伝う医師のキングズリー博士と、その娘フィオナ。警視総監のサー・エドワードと、皆、魅力的な人物描写が良いんですよ。
お話は多視点で綴られ、犯人は読者側にもわかるようになっているんだけど。
(なので、捜査陣が犯人に近づいたり、捜査の方向性が行き違ったりするのにじれったさを感じたり、ドキドキしたり)
この犯人がある意味、素人くさいというか。行き当たりばったりに近いような感じで何やらかすか、わからん。そこへ持ってきて、別の事件や様々な人たちの思惑が絡んできて、終始ハラハラドキドキでした。
また当時の庶民の生活も垣間見え、とても面白かったです!
シリーズの続きもあるようなので、読みたいです。
刑事たちの三日間 上 (創元推理文庫)刑事たちの三日間 上 (創元推理文庫)
(2013/07/27)
アレックス・グレシアン

商品詳細を見る
刑事たちの三日間 下 (創元推理文庫)刑事たちの三日間 下 (創元推理文庫)
(2013/07/27)
アレックス・グレシアン

商品詳細を見る


「刑事たちの三日間」が面白かった人は↓のシリーズも面白いですよ!
闇のしもべ 上 (英国式犯罪解剖学) (創元推理文庫)闇のしもべ 上 (英国式犯罪解剖学) (創元推理文庫)
(2012/09/21)
イモジェン・ロバートスン

商品詳細を見る
闇のしもべ 下 (英国式犯罪解剖学) (創元推理文庫)闇のしもべ 下 (英国式犯罪解剖学) (創元推理文庫)
(2012/09/21)
イモジェン・ロバートスン

商品詳細を見る

首斬り人の娘 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)首斬り人の娘 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
(2012/10/05)
オリヴァー ペチュ、Oliver Potzsch 他

商品詳細を見る

top↑