ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん
・マリア
(レッドデリシャス)
・アリス
(ユニバーシティオブラブ)
・ローズ
(モニークマニフィーク)
・ティナ
(セイディスプリンクル)
・リディ
(キスミートゥルー)
・ニーナ
(ミシャティビャーリュブリュー)
・ユリア
(ローシェックモルセー)
・カレン
(シャルロットデフルール)
・アメリア
(レジーナ・アーウェン)
・イザベラ
(ビアンカパール)
・ジュリア
(スコッティマム)
・エステル
(サリー・サルマガンディ)
*べべ
(メラニーユビークガール)
・メアリー
(ダークラビットホール)
・ソフィア
(ミンティーマジック)
・メロディ
(プレイフルレインドロップス)
・ルーシー
(デヴィデラクール)
・グリシーヌ
(アドアーズ・アナ)
・クラリッサ
(ホームスウィートホーム)

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

応援してます!

  • 翻訳ミステリー大賞シンジケート
  • 被災地を応援しています
  • 覆面作家企画5

ブログ内検索

  • 2013
  • 09/25
  • Wed

「ゴッサムの神々 上・下 」リンジー・フェイ著

「ゴッサムの神々 上 」リンジー・フェイ著/

1845年、ニューヨーク。火事で顔にやけどを負ったティムは、創設まもないNY市警察の警官になった。ある夜、彼は血まみれの少女とぶつかる。「彼、切り刻まれちゃう」と口走った彼女の言葉どおり、胴体を十字に切り裂かれた少年の死体が発見される。だがそれは、街を震撼させた大事件の始まりにすぎなかった…。不可解な謎と激動の時代を生き抜く人々を鮮烈に活写した傑作。

↑本の内容紹介から。

「ゴッサムの神々 下」リンジー・フェイ著/

血に濡れたネグリジェ姿で売春宿から逃げてきた10歳の少女、バード。馬車に乗った黒頭巾の男が子どもの遺体を街外れに埋めたらしいという彼女の証言によって、ティムは19もの子どもの遺体を発見してしまう。彼らの多くは、胴体を十字に切り裂かれていた…。宗派対立、アイルランド系移民排斥などを背景に、苦難に負けず「前に進みつづける」人間たちの勇姿を描いた雄篇。

↑本の内容紹介から。

主人公ティムの一人称で綴られます。
1845年、火事で職を失い顔にやけどを負った青年ティム(ティモシー)は、設立されたニューヨーク市警の警官となった。そんな彼はある夜、全身血まみれの少女とぶつかって――。
というところから、始まるのですけれど。話はティムが警官になる以前、バーテンダーをしているところまで遡ります。
想い人がいて、コツコツと貯めたお金で、いつか彼女と結婚できたらいいと夢見ている(←告白すらしていない)ティムは、火事で両親を亡くし、家族は兄だけ。
しかし消防士をする政治家の兄ヴァル(ヴァレンタイン)が、ティムは大嫌い。
(麻薬を常習し、両親を亡くしたというのに火事に勇んで突っ込むところが、許せないという←(この兄弟間の感情の捩じれが、このお話の読みどころのひとつだと思います!)
そんなティムが勤めていた店や住居を大火で失くし、また顔に火傷を負ってしまいます。
そしてティムは、兄と共に創設された警察の警官となるわけですが、も兄の口利きなので、嫌々。
そうした中、血まみれの少女とぶつかったティムは少女が口にした言葉通りの死体を発見し、その捜査にあたることに――。
生真面目なティムが、踏んだり蹴ったりな目に合ってると、こう、がんばれと応援したくなりますね。
特に想い人とのくだりは……
まあ、でも、怒ったら……(結構、怖いよね
他にも変人っぽいミスター・ピーストが以外に有能だったり。拾った少女バード(保身故に嘘をついてしまうところとか)など、登場人物は魅力的。
ただ、事件の解決の仕方が個人的にはちょっと、ううん?な部分がありましたけど。(好みの問題)
ストーリー展開はややゆっくりめですが、一人称で綴られるお話は、主人公の目から見る、増えるアイルランド移民に対する風当たりの強さ、そこに絡まる宗教(プロテスタント対カトリック)、政治(アイルランド移民の票が欲しい)といった当時の背景を丁寧に描いていて読み応えがありました。

ゴッサムの神々<上> (ニューヨーク最初の警官) (創元推理文庫)ゴッサムの神々<上> (ニューヨーク最初の警官) (創元推理文庫)
(2013/08/10)
リンジー・フェイ

商品詳細を見る
ゴッサムの神々<下> (ニューヨーク最初の警官) (創元推理文庫)ゴッサムの神々<下> (ニューヨーク最初の警官) (創元推理文庫)
(2013/08/10)
リンジー・フェイ

商品詳細を見る

top↑