ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

応援してます!

  • 翻訳ミステリー大賞シンジケート
  • 被災地を応援しています
  • 覆面作家企画5

ブログ内検索

  • 2013
  • 11/13
  • Wed

「鳥少年」皆川博子著

「鳥少年」皆川博子著/

精神病院で受けた絵画療法によって絵の才能が開花した青年を巡る、病院関係者たちの心の闇を書簡形式で綴るミステリ「火焔樹の下で」、隣室をのぞき見た孤独な娘を誘う異様な遊戯とその結末を語る「密室遊戯」のほか、初文庫化に際し、閉鎖的な地方に生きる少年少女の倦怠と残酷を幻視的な筆致で描き出した「バック・ミラー」など3篇の単行本未収録作を附した16篇を収める。

↑本の内容紹介。

「火焔樹の下で」「卵」「血浴み」「指」
「黒蝶」「密室遊戯」「坩堝(るつぼ)」
「サイレント・ナイト」「魔女」「緑金譜」
「滝姫」「ゆびきり」「鳥少年」「泣く椅子」
「バック・ミラー」「沼」
長らく絶版だった単行本の文庫化です。単行本未収録作品、三編を新たに加え文庫化された短編集ですので、単行本で読んだという人も、是非!
私も単行本で読んでいましたが、今回収録されてた「泣く椅子」など、新たな作品に出会えて、しかもそれが好みで、もう!もう!もう!と大興奮。
いや、「泣く椅子」は如何にも、「あなたのためよ」、みたいな押しつけがましい親切おばさんに突き付けられた残酷なオチに、うわぁー、となりました。残酷だけれど、それまでの彼女に対する不快感もあって、気持ちいいような(そんな自分に怖くなるような(苦笑)
「火焔樹の下で」はある人物に宛てられた書簡などで綴られるんですが、徐々に文面の端々から滲み出てくる狂気がなんとも。
他の作品にも、狂気や虚無、暗い情念に背筋を冷やしながらも、惹き込まれる。
「卵」「密室遊戯」「魔女」「緑金譜」「ゆびきり」「泣く椅子」「沼」が特に好き。
装丁画も素敵です!

鳥少年 (創元推理文庫)鳥少年 (創元推理文庫)
(2013/10/22)
皆川 博子

商品詳細を見る


今月出る「結ぶ」の文庫化も楽しみです!
結ぶ (創元推理文庫)結ぶ (創元推理文庫)
(2013/11/28)
皆川 博子

商品詳細を見る

top↑