ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

応援してます!

  • 翻訳ミステリー大賞シンジケート
  • 被災地を応援しています
  • 覆面作家企画5

ブログ内検索

  • 2014
  • 06/25
  • Wed

「世界堂書店」米澤穂信編

「世界堂書店」米澤穂信編/

世界堂書店にようこそ。米澤穂信が心から愛する傑作小説たちを、アメリカ、イギリス、フランスはもちろん、中国、フィンランド、ギリシアなどなど、世界中から選び抜きました。不思議な物語、意地悪な話、恐ろしい結末、驚愕の真相…まさに珠玉のアンソロジー。

↑本の内容紹介から。
「源氏の君の最後の恋」マルグリット・ユルスナール 著
「破滅の種子 」ジェラルド・カーシュ 著
「ロンジュモーの囚人たち」レオン・ブロワ 著
「東洋趣味(シノワズリ)」ヘレン・マクロイ 著
「昔の借りを返す話」シュテファン・ツヴァイク 著
「バイオリンの声の少女」ジュール・シュペルヴィエル 著
「私はあなたと暮らしているけれど、あなたはそれを知らない」キャロル・エムシュウィラー 著
「いっぷう変わった人々」レーナ・クルーン 著
「連瑣 」蒲松齢 著
「トーランド家の長老」ヒュー・ウォルポール 著
「十五人の殺人者たち」ベン・ヘクト 著
「石の葬式」パノス・カルネジス 著
「墓を愛した少年」フィッツ=ジェイムズ・オブライエン 著
「黄泉から」久生十蘭 著
小説家米澤穂信さんが世界各国の作家たちの短編から15編の作品を集めたアンソロジーです。
世界各国ですが、フランス人が源氏物語の後日談を書いていたり、アメリカ人が中国で各国の大使たちを書いていたりと、舞台は色々。宇宙もあるよ!みたいな。
(今度は舞台が世界各国な縛りで、アンソロジーを一つ)
どのお話も面白かったけれど、映像を思い浮かべると特に面白い「シャングリラ」に、雰囲気が好きなのは「東洋趣味」。他に「いっぷう変わった人々」、「十五人の殺人者たち」、「石の葬式」が特に好みでした。

以下、Twitterの方でメモ的に呟いていたこと、付け足しつつ。

「源氏の君の最後の恋」 源氏物語の後日談的なお話。だけど作家はそこまで原典に忠実ではないようで、原典からは色々矛盾していたり。その辺、注釈で補足されています。お話自体にはそう関係ない。
「ロンジュモーの囚人たち」結婚したカップルが何故か、その地から離れられなくなってしまうという、お話。
「シャングリラ」はSFでマージャンだった。
「破滅の種子」は骨董品を扱うジスカ氏は、品物にあることないこと「いわく」を付けたがる。そうしてある指輪に不幸の「いわく」を付けた。その後、指輪が新聞上で話題になっているのを知り――。嘘から出たまことと言った感じ。オチはわかりやすい感じだけれど、面白かった。
「昔の借りを返す話」(「昔の~」は何か落としてくるかと思っていたら、いい話で、意外だった(笑)
「バイオリンの声の少女」特別な声を持った少女が女になったことで、普通になってしまうみたいな、掌編。
「私はあなたと暮らしているけれど、あなたはそれを知らない」変な話。お前は誰だ?と問いたくなるような、多分、「私」って何者だ?というところに答えを求めないのが文学なのかなと思う。私はミステリ脳なので、答えが欲しい……。
まあ、でも変な話は好きなので、面白かったです。
「東洋趣味(シノワズリ)」満州帝国で露国大使の若妻が消えた、その謎を追うミステリ。
「いっぷう変わった人々」嬉しくなると宙を浮いてしまう少女、影を持たない少年、鏡に姿が写らない少年たちのお話。児童文学、かな? ラスト、二通りに読めるよね、これ。違うかな?
「連瑣」ルビふりが独特で(多分、原典の漢文をそのままりようした訳文)その辺りが面白いなと。
「トーランド家の長老」いや、まあ、色々と通じ合わないことの不幸というか、幸福かな?(苦笑)
「十五人の殺人者たち」医者たちがそれぞれに犯してしまった医療ミスを自慢しあう会合で――。どんでん返しがいい方向に効いていて、良かったです。
「石の葬式」作者プロフィールに書かれてあるように、ギリシアの小説家なんだけれど南米小説の匂いがした(そんなに読んでないけれど)ガルシア=マルケスの「予告された殺人の記録」を思い出すなど。

世界堂書店 (文春文庫)世界堂書店 (文春文庫)
(2014/05/09)
米澤 穂信

商品詳細を見る

top↑