ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん
・マリア
(レッドデリシャス)
・アリス
(ユニバーシティオブラブ)
・ローズ
(モニークマニフィーク)
・ティナ
(セイディスプリンクル)
・リディ
(キスミートゥルー)
・ニーナ
(ミシャティビャーリュブリュー)
・ユリア
(ローシェックモルセー)
・カレン
(シャルロットデフルール)
・アメリア
(レジーナ・アーウェン)
・イザベラ
(ビアンカパール)
・ジュリア
(スコッティマム)
・エステル
(サリー・サルマガンディ)
*べべ
(メラニーユビークガール)
・メアリー
(ダークラビットホール)
・ソフィア
(ミンティーマジック)
・メロディ
(プレイフルレインドロップス)
・ルーシー
(デヴィデラクール)
・グリシーヌ
(アドアーズ・アナ)
・クラリッサ
(ホームスウィートホーム)

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

応援してます!

  • 翻訳ミステリー大賞シンジケート
  • 被災地を応援しています
  • 覆面作家企画5

ブログ内検索

  • 2014
  • 07/30
  • Wed

またも一冊。

皆川博子さんの「聖餐城」やオリヴァー・ペチュの「首斬り人の娘」など。
死刑執行人が出てくる小説が好きなので、こちらのノンフィクションをポチ。
どんどん、本が積まれていくね!

死刑執行人はその職業柄、恐れられつつも蔑まれて。
だけど死体を取り扱うことで、当時では最先端の医療知識を兼ね備えていた人たちなのね。
差別と医療の歴史を学べるかなと思っております。


死刑執行人といえば、フランスではサンソンで。
彼が脇役で登場するジャン=フランソワ・パロの「ニコラ警視シリーズ」も好きなんですけどね。
でも出版社が倒産しちゃって……続き……が……(しくしく)
海外ではテレビドラマになっているので、DVD化しないかなぁと指をくわえて待ってます。
聖餐城 (光文社文庫)聖餐城 (光文社文庫)
(2010/04/08)
皆川 博子

商品詳細を見る
首斬り人の娘 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)首斬り人の娘 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
(2012/10/05)
オリヴァー ペチュ、Oliver Potzsch 他

商品詳細を見る

ブラン・マントー通りの謎 (ニコラ警視の事件1) (ランダムハウス講談社文庫)ブラン・マントー通りの謎 (ニコラ警視の事件1) (ランダムハウス講談社文庫)
(2008/11/10)
ジャン フランソワ パロ

商品詳細を見る
鉛を呑まされた男 (ニコラ警視の事件2) (ランダムハウス講談社文庫)鉛を呑まされた男 (ニコラ警視の事件2) (ランダムハウス講談社文庫)
(2009/08/10)
ジャン=フランソワ パロ

商品詳細を見る
ロワイヤル通りの悪魔憑き (ニコラ警視の事件3) (ランダムハウス講談社文庫)ロワイヤル通りの悪魔憑き (ニコラ警視の事件3) (ランダムハウス講談社文庫)
(2010/02/10)
ジャン=フランソワ パロ

商品詳細を見る
死刑執行人サンソン ―国王ルイ十六世の首を刎ねた男 (集英社新書)死刑執行人サンソン ―国王ルイ十六世の首を刎ねた男 (集英社新書)
(2003/12/17)
安達 正勝

商品詳細を見る

top↑