ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

応援してます!

  • 翻訳ミステリー大賞シンジケート
  • 被災地を応援しています
  • 覆面作家企画5

ブログ内検索

  • 2014
  • 09/04
  • Thu

読書のまとめ。

ガシガシと本が積まれていってますが、何か?





以下、八月の読書のまとめ。
まあ、写真でわかる通り、タニス・リーにハマり、ごそごそと集め出しております。
現在、私の中では怪奇幻想ブームのようですよ。
ヘレン・マクロイの「逃げる幻」も怪奇ちっくな雰囲気が、好きで。
期間 : 2014年08月
読了数 : 17 冊
死せる者の書 (創元推理文庫)
タニス・リー / 東京創元社 (2014-08-21)
★★★★★ 読了日:2014年8月31日
「死せる者の書 パラディスの秘録」タニス・リー著/

パラディスは生者の、半生者の、蘇生者の、死なざる者の都であると同時に、死者の都でもあるのです。婚礼の新床で花嫁が夫の手で殺された。夫が死ぬまで隠し通したその理由とは。(「鼬の花嫁」)周囲の人間が次々と衰弱し死に至るという、不吉な噂が囁かれる女性の正体は。(「美しき淑女」)退廃と背徳の都パラディスに眠る死者の物語8編を収録。闇の女王タニス・リーの傑作短編集。

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
×××HOLiC・戻(3) (KCデラックス ヤングマガジン)
CLAMP / 講談社 (2014-08-20)
★★★★☆ 読了日:2014年8月29日
スペシャリテには罠をひとさじ (ヴィレッジブックス)
アンドレア・ペンローズ / ヴィレッジブックス (2014-08-20)
★★★★☆ 読了日:2014年8月27日
「スペシャリテには罠をひとさじ」アンドレア・ペンローズ著/

没落した貴族令嬢アリアナは、父の仇を追い、情報通のレディの屋敷にフランス人天才コックとして潜りこんだ。しかしある夜、彼女の特製デザートを食べた英国皇太子が毒に倒れてしまう。犯人として追われるアリアナは、謎めいた黒髪の伯爵にかくまわれることになるが―19世紀ロンドンを舞台に、華麗なる復讐と社交界の陰謀、贅沢なチョコレートの味わいが溶けあう、魅惑のロマンティック・ミステリー!レディ・アリアナとセイブルック伯爵が活躍するリージェンシー・ミステリー三部作の第一作。

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
逃げる幻 (創元推理文庫)
ヘレン・マクロイ / 東京創元社 (2014-08-21)
★★★★★ 読了日:2014年8月24日
「逃げる幻」ヘレン・マクロイ著/

家出を繰り返す少年が、開けた荒野の真ん中から消えた―ハイランド地方を訪れたダンバー大尉が聞かされたのは、そんな不可解な話だった。その夜、当の少年を偶然見つけたダンバーは、彼が何かを異様に恐れていることに気づく。そして二日後、少年の家庭教師が殺される―スコットランドを舞台に、名探偵ウィリング博士が人間消失と密室殺人が彩る事件に挑む傑作本格ミステリ。

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
わらの女 【新版】 (創元推理文庫)
カトリーヌ・アルレー / 東京創元社 (2006-06-27)
★★★☆☆ 読了日:2014年8月20日
「わらの女」カトリーヌ・アルレー著/

翻訳の仕事をする知的で打算的なドイツ人女性ヒルデガルデ、34歳独身。彼女が見つけた新聞の求縁広告は“莫大ナ資産アリ。ナルベクはんぶるく出身ノ未婚ノ方、家族係累ナク…”というものだった。こうしてすべてが始まった。そして彼女は億万長者の妻の座に。しかしそこには思いも寄らぬ罠が待ち受けていた。精確無比に組み立てられた完全犯罪。ミステリ史上に燦然と輝く傑作。

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
鏡の森
タニス リー / 産業編集センター (2004-10)
★★★★☆ 読了日:2014年8月18日
「鏡の森」タニス・リー著/

雪のごとく白い肌、森のごとく黒い髪、血のごとく赤い唇―美しい森の城の王女アルパツィアは、十四歳になった冬、城を襲った征服王ドラコによって連れ去られ、陵辱される。ドラコの王妃となった彼女は、「豊穣の女神デメトラの土地」と呼ばれるベルグラ・デミトゥで、敵に囲まれ心を閉ざしたまま、一人の赤ん坊を産み落とす。コイラと名づけられ、乳母に育てられた赤ん坊は、七歳になったある日、城で時折見かける氷のように美しく冷たい女が、自分の母であることを知るのだが―。さまざまな物語要素がまるで鏡のように乱反射し、紡ぎ出されるタニス・リーならではの美しくダークなエロティック・ファンタジー。愛を求めてさまよう二人の「白雪姫」の物語。

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
([お]8-1)おとぎ話の忘れ物 (ポプラ文庫)
小川 洋子 / ポプラ社 (2012-04-05)
★★★★☆ 読了日:2014年8月16日
「おとぎ話の忘れ物」小川洋子著/

「何の遠慮もいりません。元々は忘れ物なのですから」。キャンディー屋の中に設えられた『忘れ物図書室』。部屋には世界中の不思議なおとぎ話たちが収められていた…。画家・樋上公実子のイラストをモチーフに、作家・小川洋子が紡ぎだした残酷で可憐な四編の物語。
↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
ダウントン・アビー [DVD]
ヒュー・ボネヴィル , エリザベス・マクガヴァーン / NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2014-08-06)
★★★★☆ 読了日:2014年8月15日
怪奇文学大山脈 (1) (西洋近代名作選 19世紀再興篇)
荒俣 宏 / 東京創元社 (2014-06-28)
★★★★★ 読了日:2014年8月15日
「怪奇文学大山脈 (1) (西洋近代名作選 19世紀再興篇)」荒俣宏編/

双子の兄を救うために人心を惑わす妖女と対決する弟の苦悩を描く、神話的な恐怖とロマンティシズムに満ちた中篇「人狼」(クレメンス・ハウスマン)、列車で遭った異形の強盗、仮面について物語る謎の美女との出会いから、二転三転する恐怖が展開する「仮面」(リチャード・マーシュ)など、本邦初訳作を中心とした14篇に、編者による詳細なまえがき・作品解説を付す。

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
ホワイトカラー シーズン3 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]
マット・ボマー , ティム・ディケイ / 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2014-08-06)
★★★★★ 読了日:2014年8月9日
ドールハウス・コーディネイト・レシピ (Dolly*Dolly BOOKS(ドーリィドーリィブックス))
ロザリンペルレ / グラフィック社 (2014-08-07)
★★★★☆ 読了日:2014年8月9日
眠れない夜のおはなし (花とゆめCOMICS)
橘裕 / 白泉社 (2014-08-05)
★★★★☆ 読了日:2014年8月9日
うちのポチの言うことには 8 (花とゆめCOMICS)
橘裕 / 白泉社 (2014-08-05)
★★★★☆ 読了日:2014年8月9日
ハリー・クバート事件 下
ジョエル・ディケール / 東京創元社 (2014-07-30)
★★★☆☆ 読了日:2014年8月4日
「ハリー・クバート事件 下」ジョエル・ディケール著/

ハリー・クバートの代表作『悪の起源』は、34歳のハリーと15歳の少女ノラの愛を下敷きにしていた!少女殺しの嫌疑をかけられたハリーの無実を証明すべく青年作家マーカスは独自の調査をもとに『ハリー・クバート事件』を書き上げ、再びベストセラー作家となったが…。次々に判明する新事実、どんでん返しに次ぐどんでん返し…。全世界32か国以上で翻訳出版され、眠れぬ夜を過ごす人々を続出させたスイス発のメガヒット・ミステリ。

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
エコアンダリヤのかごバッグ&帽子―サイズで選べる子どものアイテムつき
リトルバード / 成美堂出版 (2014-02)
★★★★☆ 読了日:2014年8月3日
chiyoのかわいい手づくり雑貨の本 ~chiyoのかわいいイラストで楽しめるジュタドールキット&ぺたんこバッグ~ (GEIBUN MOOKS 965)
:trunk:chiyo / 芸文社 (2014-07-08)
★★★☆☆ 読了日:2014年8月3日
ハリー・クバート事件 上
ジョエル・ディケール / 東京創元社 (2014-07-30)
★★★☆☆ 読了日:2014年8月3日
「ハリー・クバート事件 上」ジョエル・ディケール著/

デビュー作が大ヒットして一躍ベストセラー作家となった新人マーカスは第2作の執筆に行き詰まっていた。そんなとき、頼りにしていた大学の恩師で国民的作家のハリー・クバートが、少女殺害事件の容疑者となる。33年前の失踪した美少女ノラの白骨死体が彼の家の庭から発見されたのだ!マーカスは、師の無実を証明すべく事件について調べはじめる。全欧州で200万部のメガセラーとなった若きスイス人作家ディケールの傑作ミステリ。

↑本の内容紹介から。

top↑