03

January February March April May June July August September October November December
2014(Fri)

読書のまとめ。

雑談。

全然、読んだ本の感想書いていませんね……。
面白くないからとか、そんなことはなく。どれも面白かったです。
オイオイ、書きたいと思います。はい。
九月はHUlUの方で、ミステリドラマを観てました。
「名探偵モンク」面白いです。
刑事コロンボや古畑任三郎などが好きな人に、オススメ。
他にも「アウトランダー」も面白かったです。あちらの放送から週遅れで日本放送と画期的といいますか。
まだシーズンの途中ですが、こちらも面白いです。18世紀のスコットランドにタイムスリップした女性のお話(ミステリではない)
年齢制限がかけられているのは、時代が時代で血なまぐさい部分があるからかな。
そこら辺りが気にならない、歴史好きの人にはオススメです。クレアが素敵で、ジェイミーもいいよ!
「ホワイトチャペル」、過去の猟奇事件を模倣したような犯罪に立ち向かう警察ミステリ。猟奇的な事件(シーズン1は、切り裂きジャック事件)を扱っているので、映像的にグロい部分もあるので、こちらは注意が必要かと。

動画を観ていると、時間があっという間に過ぎてしまうので、暫くお休み。
Huluは、2週間無料で見れるので、気になった方はチェックしてみてください。
登録しなくても、1話だけ無料で見れるものもあります。

以下、九月の読書のまとめ。

期間 : 2014年09月
読了数 : 16 冊
名探偵MONK シーズン3 DVD-BOX
トニー・シャルーブ , ビティ・シュラム / ジェネオン・ユニバーサル (2011-09-22)
★★★★☆ 読了日:2014年9月30日
死体が多すぎる ―修道士カドフェルシリーズ(2) (光文社文庫)
エリス ピーターズ / 光文社 (2003-03-12)
★★★★★ 読了日:2014年9月30日
「死体が多すぎる」エリス・ピーターズ著/

シュルーズベリは混乱の極みにあった。ヘンリー一世を後ろ盾とする女帝モードがフランスにいる隙に、イングランドの多くの貴族達に推される対抗馬、スティーブン王がシュルーズベリ城を陥落させたからである。その戦いで捕虜となり処刑された者、94名。ところが、埋葬を頼まれたカドフェルが見たのは95名の遺体だった。死体が多すぎる。誰が何のために死体を紛れ込ませたのか?高潔の人、カドフェルの追及が始まる。

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
容疑者 (創元推理文庫)
ロバート・クレイス / 東京創元社 (2014-09-20)
★★★★☆ 読了日:2014年9月27日
「容疑者」ロバート・クレイス著/

ロス市警の刑事スコットは相棒とパトロール中、銃撃事件に遭遇する。銃弾はふたりを襲い、相棒は死亡、スコットも重傷を負った。事件から九カ月半、犯人はいまだに捕まっていない。警備中隊へ配属となったスコットはそこで新たな相棒―スコットと同様に、大切な相棒を失ったシェパード、マギー―に出会った。アメリカ探偵作家クラブの生涯功労賞を受賞した著者の大作登場。

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
名探偵MONK シーズン2 DVD-BOX
トニー・シャルーブ , ビティ・シュラム / ジェネオン・ユニバーサル (2011-08-24)
★★★★★ 読了日:2014年9月23日
刑事たちの四十八時間 (創元推理文庫)
アレックス・グレシアン / 東京創元社 (2014-09-12)
★★★★☆ 読了日:2014年9月20日
「刑事たちの四十八時間」アレックス・グレシアン著/

英国中西部の炭鉱の村で、夫婦と幼児が突如失踪した。ロンドン警視庁のディ警部補とハマースミス巡査部長が捜索に派遣されたが、与えられた時間はわずか二日間。地下の坑道のため沈みゆく村を襲う原因不明の奇病、発見された不気味な目玉と血染めのドレス…。謎に次ぐ謎が刑事たちを翻弄する。迷信と因習が残る村の闇と、刑事たちの光がせめぎ合う、ノンストップ警察小説!

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
薔薇王の葬列(2) (プリンセス・コミックス)
菅野 文 / 秋田書店 (2014-09-16)
★★★★★ 読了日:2014年9月19日
ビーズがかわいい刺繍ステッチ
CRKdesign , 遠藤 安子 / グラフィック社 (2011-08-05)
★★★★☆ 読了日:2014年9月18日
両シチリア連隊
アレクサンダー・レルネット=ホレーニア / 東京創元社 (2014-09-12)
★★★★☆ 読了日:2014年9月18日
「両シチリア連隊」アレクサンダー・レルネット=ホレーニア著/

1925年、二重帝国崩壊後のウィーン。大戦時に両シチリア連隊を率いたロションヴィル大佐は、娘のガブリエーレとともに元トリエステ総督の催す夜会に招かれた。その席で彼は、見知らぬ男から、ロシアで捕虜となって脱走した末、ニコライ大公に別人と取り違えられたという奇妙な体験談を聞く。そして宴もお開きになるころ、元両シチリア連隊の将校エンゲルスハウゼンが、邸宅の一室で首を捻られて殺害される。六日後には、事件を調べていた元連隊の少尉が行方不明となり…。第一次世界大戦を生き延びた兵士たちが、なぜ今“死”に見舞われるのか。謎に次ぐ謎の果て、明らかとなる衝撃の真相とは。二重身、白昼夢、幻視、運命の謎。夢想と論理が織りなす、世の終わりのための探偵小説。反ミステリの金字塔。

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
名探偵MONK シーズン1 DVD-BOX
トニー・シャルーブ , ビティ・シュラム / ジェネオン・ユニバーサル (2011-07-06)
★★★★★ 読了日:2014年9月15日
もう年はとれない (創元推理文庫)
ダニエル・フリードマン / 東京創元社 (2014-08-21)
★★★★☆ 読了日:2014年9月14日
「もう年はとれない」ダニエル・フリードマン著/

捕虜収容所でユダヤ人のあんたに親切とはいえなかったナチスの将校が生きているかもしれない―臨終の床にある戦友からそう告白された、87歳の元殺人課刑事バック・シャッツ。その将校が金の延べ棒を山ほど持っていたことが知られ、周囲がそれを狙ってどんどん騒がしくなっていき…。武器は357マグナムと痛烈な皮肉。最高に格好いい主人公を生み出した、鮮烈なデビュー作!

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
怪奇文学大山脈 (2) (西洋近代名作選 20世紀革新篇)
荒俣 宏 / 東京創元社 (2014-08-29)
★★★★★ 読了日:2014年9月13日
「怪奇文学大山脈 (2) (西洋近代名作選 20世紀革新篇)」荒俣宏編/

西洋怪奇小説の山脈は、無尽蔵の宝の山である―豊饒なる鉱脈に眠る傑作群の紹介と翻訳に尽力した、21世紀を代表する碩学・荒俣宏。その幻想怪奇にまつわる膨大な知識の集大成ともいうべき巨大アンソロジー。第二巻では、怪奇小説黄金期を代表する名手―H・R・ウエイクフィールド、J・D・ベリズフォードらの知られざる傑作ほか、異様な迫力に満ちた海洋怪談の力篇「甲板の男」(F・マリオン・クロフォード)、墓碑銘を捜す不気味な男と老いた堂守のやり取りを憂愁に満ちた筆致で描く「遅参の客」(ウォルター・デ・ラ・メア)などの18篇に、編者による詳細なまえがき・作品解説を付す。本邦初訳作多数。

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
甘々と稲妻(3) (アフタヌーンKC)
雨隠 ギド / 講談社 (2014-09-05)
★★★★☆ 読了日:2014年9月8日
Whitechapel Series3/ホワイトチャペル シリーズ3[PAL-UK][リージョン2][日本語字幕無]
ルパート・ぺンリー=ジョーンズ , Rupert Penry-Jones /
★★★★☆ 読了日:2014年9月7日
huluで視聴。
LIFE in the DOLL HOUSE お人形遊びのススメ
オダニミユキ / グラフィック社 (2014-09-05)
★★★★★ 読了日:2014年9月7日
Whitechapel Series2/ホワイトチャペル シリーズ2[PAL-UK][リージョン2][日本語字幕無]
ルパート・ぺンリー=ジョーンズ , Rupert Penry-Jones /
★★★★☆ 読了日:2014年9月4日
huluで視聴。
悪意の糸 (創元推理文庫)
マーガレット・ミラー / 東京創元社 (2014-08-29)
★★★★☆ 読了日:2014年9月4日
「悪意の糸」マーガレット・ミラー著/

不穏な空気をはらんだ夏の午後、医師シャーロットの診療所にやって来た若い女。ヴァイオレットと名乗るその娘は、夫ではない男の子どもを妊娠したという。彼女の“頼み”を一度は断ったシャーロットだが、混乱しきった様子が気に掛かり、その晩、ヴァイオレットの住まいへと足を向け…卓越した心理描写を武器に、他に類を見ないミステリを書き続けた鬼才による傑作、本邦初訳。

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]

Edit