ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

応援してます!

  • 翻訳ミステリー大賞シンジケート
  • 被災地を応援しています
  • 覆面作家企画5

ブログ内検索

  • 2014
  • 10/08
  • Wed

「もしも宮中晩餐会に招かれたら」渡辺誠著

「もしも宮中晩餐会に招かれたら」渡辺誠著/

皇室に伝わる究極のマナー。もしも皇室から招待を受けたら……。日本に古くから伝わる伝統、習わし。元・皇室料理人であった著者が、分かりやすいでアドバイスする究極のマナーガイドの1冊!

↑本の内容紹介から。

前から読みたかった本なのですが、紙の本は絶版品切れ。
だけれど、電子書籍で読めることを知り、ポチリ。読み始めたら、面白くて一気読みしました。
昔、皇室の料理人であった著者が、「もしも宮中晩餐会に招かれたら」そのときはどうすればいいかを教えてくれるガイド本……というよりは、こんな世界もあるんだね~と、別世界を楽しむ本と思った方がよいかな。
レストランと宮中晩餐会では当然ながら、マナーが違えば、宮中ですからちょっとした余所行きのお洋服などでよいはずがなく、さてどうしましょ?というところから、一般で招かれた人は浮かれすぎて大枚をはたいてしまいそうになる人に、苦笑しつつ盛装などについてお話しくれる(まあ、あくまで招待されて混乱した人たちの話を聞いての、仮の話みたいな位置づけ)
さすがに、一夜の衣装に何百万とか……そ、そういう世界が本当にあるのか、ないのか。
訪問前に準備するお洋服の話から、実際に晩餐会でのお料理やテーブルマナーについて。
マナーについても、厳しくではなく、そのマナーにはこういう理由があってという形で語ってくださるので、おしつけがましく感じない。
他、宮中ではエリザベス女王訪問に対して、一年前から羊から育てて料理を作ったとか。
一般人には信じられない裏話。
また握手をする際には本当は手袋をはずすことはないのだけれど、皇后さまはあえて手袋をはずして握手をしてくださるとか。
晩餐会では皿が下げられるタイミングは主賓や主催者が食べ終わったタイミングなのだそうで、
だけれど百人近くの客が揃う晩餐会では当然時差も出てくれば、両陛下は一口分をあえて残し、
皆が食べ終わる頃を見計らって最後の一口を口にする、などといった、気配りやお人柄を感じるエピソードなどもあって、良かったです。
実生活には直結しないマナー本のような気もしますが、もし万が一にも招かれた場合のことを考え、皆様も是非!(笑)

もしも宮中晩餐会に招かれたら 至高のマナー学 (角川oneテーマ21)もしも宮中晩餐会に招かれたら 至高のマナー学 (角川oneテーマ21)
(2014/07/10)
渡辺 誠

商品詳細を見る

top↑