ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん
・マリア
(レッドデリシャス)
・アリス
(ユニバーシティオブラブ)
・ローズ
(モニークマニフィーク)
・ティナ
(セイディスプリンクル)
・リディ
(キスミートゥルー)
・ニーナ
(ミシャティビャーリュブリュー)
・ユリア
(ローシェックモルセー)
・カレン
(シャルロットデフルール)
・アメリア
(レジーナ・アーウェン)
・イザベラ
(ビアンカパール)
・ジュリア
(スコッティマム)
・エステル
(サリー・サルマガンディ)
*べべ
(メラニーユビークガール)
・メアリー
(ダークラビットホール)
・ソフィア
(ミンティーマジック)
・メロディ
(プレイフルレインドロップス)
・ルーシー
(デヴィデラクール)
・グリシーヌ
(アドアーズ・アナ)
・クラリッサ
(ホームスウィートホーム)

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

ブログ内検索

  • 2014
  • 10/22
  • Wed

オススメ。

この前読んだ、「その女アレックス」が個人的にヒットしましたので、同作者の「死のドレスを花婿に」をそそくさと購入。
「その女アレックス」は読み始めた当初、予想し得なかった展開へと向かうミステリで。
それだけでも驚かされますが、一人の女性の闘いの記録でもあって、そこも胸に来ました。
フランスミステリに北欧ミステリのエッセンスが加えられたかのような感じ。
(北欧ミステリが苦手な人は、ちょっと描写的に辛い部分があるかも)

あんまり書くとネタバレしてしまいそうなので、感想は控えますが。
ボストン・テラン「音もなく少女は」
アーナルデュル・インドリダソン「緑衣の女」
キャロル・オコンネル「天使の帰郷」とか、好きな人にはオススメかと。
(あくまで私の感じた範囲ですが)

気になっている人は、ネタバレに出くわす前に早めに読んだ方がいいよ!

その女アレックス (文春文庫)その女アレックス (文春文庫)
(2014/09/02)
ピエール ルメートル

商品詳細を見る



top↑