23

January February March April May June July August September October November December
2014(Sun)

「さよならの手口」若竹七海著

読感/国内小説

「さよならの手口」若竹七海著/

探偵を休業し、ミステリ専門店でバイト中の葉村晶は、古本引取りの際に白骨死体を発見して負傷。入院した病院で同室の元女優の芦原吹雪から、二十年前に家出した娘の安否についての調査を依頼される。かつて娘の行方を捜した探偵は失踪していた―。有能だが不運な女探偵・葉村晶が文庫書下ろしで帰ってきた!

↑本の内容紹介から。

有能だけれど、不運な女探偵・葉村晶シリーズの新刊です。
何でも、十三年ぶりだとか。
私は多分、そんなに待っていないけれど。
そして前作の「悪いウサギ」がまあ、ブラックだったということしか覚えていない(オイ)
と、そんな感じなので、ちょっぴり心配していましたが。この話から読んでも全然、大丈夫!
(他作品のネタバレもないようです)
契約を結んでいた探偵社が店じまいして、現在探偵稼業休業中。
その間、知り合いに頼まれて古本屋(ミステリ専門店ですよ!)でのバイト中という、晶さん。
住人が亡くなった家の遺品整理の際に出てくる古書を引き取るお仕事中、その家の床をぶち抜き床下にあった頭蓋骨に頭突きし、入院――と、序盤からなかなかの不運ぶりを発揮!(スマホは壊れるわ、入院するわと)
しかし、まだメインの事件に入らぬうちから、一件事件を解決しちゃうから、凄いわ晶さん。
まあ、そんなこんなで入院した部屋で同室になった元女優に、二十年前に失踪した娘を捜して欲しいと依頼され捜査を始めます。
だけど、前に捜査していた探偵は消え、他にも消えている人間がいる。
依頼人の元女優にはある大物政治家との関係が――。
メインの事件捜査を進めるも、晶さんの周りではまたざわざわと騒々しく。
別の事件で警察に目をつけられては脅されるわ、またも入院するわ、スマホ台無しにされるわと。
(何回入院したでしょう?というクイズが出来そうですよ)
散々な目にあって、ボロボロな晶さんに同情しつつも笑いがこぼれる。
事件の真相はなかなかベビィですが
あと、ミステリ専門店でフェアを開催するとのことで、ミステリ本が沢山出てくるのがなかなかに嬉しい。
(巻末にはそれらの本についても触れられており、好きな作家が出てきたらテンション上がるし、つい一冊、釣られて本を買ってしまったりと)
ミステリ小説が好きな人にはオススメです。

さよならの手口 (文春文庫)さよならの手口 (文春文庫)
(2014/11/07)
若竹 七海

商品詳細を見る
悪いうさぎ (文春文庫)悪いうさぎ (文春文庫)
(2004/07)
若竹 七海

商品詳細を見る


Edit