04

January February March April May June July August September October November December
2015(Thu)

読書のまとめ。

雑談。

五月の読書のまとめ。
電子書籍で、青空文庫やコミックスなどを読んでいたので、冊数だけは多いですね。
でも本にしたら4、5ページほどのエッセイや掌編だったり。
今月末にでる「マルセル・ジュオッブ全集。皆川さん山尾さんの推薦文に、最近面白いなーと読んでいるボルヘスさんや渋澤さんと、そんな方々に影響を与えたとなれば、とっても気になり。
青空文庫で3編、掌編があったので読んでみたら――ああ、私の好きな感じだ!
そんなわけで、購入するために節約しなきゃ、な日々です。(来月のブライスさんも欲しいんだ!)
まあ、でも、本は買っちゃうよね……
五月は「誰でもない彼の秘密」と「スウェーデンの騎士」が良かったです!


期間 : 2015年05月
読了数 : 59 冊
向ヒ兎堂日記 1巻
鷹野 久 / 新潮社 (2012-11-09)
★★★★☆ 読了日:2015年5月31日
向ヒ兎堂日記 2巻
鷹野 久 / 新潮社 (2013-05-09)
★★★★☆ 読了日:2015年5月31日
向ヒ兎堂日記 4巻
鷹野 久 / 新潮社 (2014-08-09)
★★★★☆ 読了日:2015年5月31日
向ヒ兎堂日記 3巻
鷹野 久 / 新潮社 (2013-12-09)
★★★★☆ 読了日:2015年5月31日
外つ神  (1) (バーズコミックス)
斎藤岬 / 幻冬舎コミックス (2009-10-24)
★★★★☆ 読了日:2015年5月31日
白暮のクロニクル(4) (ビッグコミックス)
ゆうきまさみ / 小学館 (2015-01-14)
★★★★☆ 読了日:2015年5月31日
白暮のクロニクル(3) (ビッグコミックス)
ゆうきまさみ / 小学館 (2014-07-30)
★★★★☆ 読了日:2015年5月31日
白暮のクロニクル(2) (ビッグコミックス)
ゆうきまさみ / 小学館 (2014-04-30)
★★★★☆ 読了日:2015年5月30日
クルーシブル [DVD]
ウィノナ・ライダー , ダニエル・デイ・ルイス / 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント (2004-05-28)
★★★★☆ 読了日:2015年5月29日
【ストーリー】17世紀の後半、マサチューセッツ州セイラム。農夫のジョン(ダニエル・デイ・ルイス)は性的に淡白な妻エリザベス(ジョアン・アレン)をよそに、召使の少女アビゲイル(ウィノナ・ライダー)と一夜の情事を交わした。そのことを知ったエリザベスはアビゲイルを解雇。しかし、性の快楽に目覚めてしまったアビゲイルは、ジョンを我が物にすべくエリザベスを魔女としてでっちあげていく…。
ともしい日の記念
片山 広子 /
★★★★☆ 読了日:2015年5月28日
鷹の井戸
片山 広子 /
★★★★☆ 読了日:2015年5月28日
灯火節
片山 広子 /
★★★★☆ 読了日:2015年5月28日
蝙蝠の歴史
片山 広子 /
★★★★☆ 読了日:2015年5月28日
東北の家
片山 広子 /
★★★★☆ 読了日:2015年5月28日
まどはしの四月
片山 広子 /
★★★★★ 読了日:2015年5月28日
あけび
片山 広子 /
★★★★☆ 読了日:2015年5月28日
「王の玄関」イエーツ戯曲
片山 広子 /
★★★★☆ 読了日:2015年5月26日
コーヒー五千円
片山 広子 /
★★★★☆ 読了日:2015年5月26日
三本の棗
片山 広子 /
★★★★☆ 読了日:2015年5月26日
さよなら、シリアルキラー (創元推理文庫)
バリー・ライガ / 東京創元社 (2015-05-11)
★★★★☆ 読了日:2015年5月24日
「さよなら、シリアルキラー」バリー・ライガ著/

ジャズは高校三年生。町ではちょっとした有名人だ。ある日、指を切りとられた女性の死体が発見され、ジャズは連続殺人だと保安官に訴える。なぜジャズには確信があったのか―彼が連続殺人犯の息子で、父から殺人鬼としての英才教育を受けてきたからだ。親友を大切にし恋人を愛するジャズは、内なる怪物に苦悩しつつも、自ら犯人を捕えようとする。全米で評判の青春ミステリ。

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
白暮のクロニクル(1) (ビッグコミックス)
ゆうきまさみ / 小学館 (2014-01-30)
★★★★☆ 読了日:2015年5月23日
林檎のうた
片山 広子 /
★★★★☆ 読了日:2015年5月23日
或る国のこよみ
片山 広子 /
★★★★★ 読了日:2015年5月23日
よめいり荷物
片山 広子 /
★★★★☆ 読了日:2015年5月23日
アラン島
片山 広子 /
★★★★★ 読了日:2015年5月23日
大へび小へび
片山 広子 /
★★★★☆ 読了日:2015年5月23日
古い伝説
片山 広子 /
★★★★★ 読了日:2015年5月23日
小さい芸術
片山 広子 /
★★★★★ 読了日:2015年5月23日
お嬢さん
片山 広子 /
★★★★★ 読了日:2015年5月23日
季節の変るごとに
片山 広子 /
★★★★☆ 読了日:2015年5月23日
ミケル祭の聖者
片山 広子 /
★★★★☆ 読了日:2015年5月23日
赤とピンクの世界
片山 広子 /
★★★★★ 読了日:2015年5月23日
過去となつたアイルランド文学
片山 広子 /
★★★★☆ 読了日:2015年5月23日
イエスとペテロ
片山 広子 /
★★★★☆ 読了日:2015年5月23日
L氏殺人事件
片山 広子 /
★★★★☆ 読了日:2015年5月23日
掏摸と泥棒たち
片山 広子 /
★★★★☆ 読了日:2015年5月23日
北極星
片山 広子 /
★★★★★ 読了日:2015年5月23日
ばらの花五つ
片山 広子 /
★★★★☆ 読了日:2015年5月23日
四つの市
片山 広子 /
★★★★☆ 読了日:2015年5月23日
明治緋色綺譚(3)
リカチ / 講談社 (2012-04-13)
★★★★☆ 読了日:2015年5月23日
スウェーデンの騎士
レオ ペルッツ / 国書刊行会 (2015-05-15)
★★★★★ 読了日:2015年5月18日
「スウェーデンの騎士」レオ・ペルッツ著/

1701年冬、シレジアの雪原を往く二人の男。軍を脱走し大北方戦争を戦うスウェーデン王の許へ急ぐ青年貴族と、〈鶏攫い〉の異名をもつ逃走中の市場泥坊――全く対照的な二人の人生は不思議な運命によって交錯し、数奇な物語を紡ぎ始める。泥坊が一目で恋におちる美しい女領主、龍騎兵隊を率いる〈悪禍男爵〉、不気味な煉獄帰りの粉屋、〈首曲がり〉〈火付け木〉〈赤毛のリーザ〉をはじめとする盗賊団の面々ら、個性豊かな登場人物が物語を彩り、波瀾万丈の冒険が展開されるピカレスク伝奇ロマン。

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
林 綾野 / 講談社 (2011-07-16)
★★★☆☆ 読了日:2015年5月18日
家政婦は名探偵 (創元推理文庫)
エミリー・ブライトウェル / 東京創元社 (2015-05-11)
★★★★☆ 読了日:2015年5月17日
「家政婦は名探偵」エミリー・ブライトウェル著/

とびきり善人だが、刑事としての才能はほぼ皆無なウィザースプーン警部補。事件のたび困りはてる主人を放っておけない“名探偵”の家政婦ジェフリーズ夫人をはじめ、彼を慕う屋敷の使用人一同は、秘かに探偵団を結成する。今回警部補が担当するのは、毒キノコによるらしき殺人事件。探偵団は先回りして解決し、主人の手柄にできるのか?痛快ヴィクトリア朝ミステリ新シリーズ。

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
放課後さいころ倶楽部(1) (ゲッサン少年サンデーコミックス)
中道裕大 / 小学館 (2013-09-12)
★★★★☆ 読了日:2015年5月16日
VANILLA FICTION(1) (少年サンデーコミックス)
大須賀めぐみ / 小学館 (2012-12-12)
★★★★☆ 読了日:2015年5月16日
火刑法廷[新訳版] (ハヤカワ・ミステリ文庫)
ジョン・ディクスン・カー / 早川書房 (2011-08-25)
★★★★☆ 読了日:2015年5月15日
「火刑法廷」ジョン・ディクスン・カー著/

広大な敷地を所有するデスパード家の当主が急死。その夜、当主の寝室で目撃されたのは古風な衣装をまとった婦人の姿だった。その婦人は壁を通り抜けて消えてしまう……伯父の死に毒殺の疑いを持ったマークは、友人の手を借りて埋葬された遺体の発掘を試みる。だが、密閉された地下の霊廟から遺体は跡形もなく消え失せていたのだ! 消える人影、死体消失、毒殺魔の伝説。無気味な雰囲気を孕んで展開するミステリの一級品。《ミステリマガジン》オールタイム・ベスト(2006年)第2位! 黄金期の巨匠最大の傑作が新訳で登場!【解説:豊崎由美】

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
世界悪女物語 (文春文庫)
澁澤 龍彦 / 文藝春秋 (2003-11-10)
★★★★☆ 読了日:2015年5月9日
プライド 1 (クイーンズコミックスDIGITAL)
一条 ゆかり / 集英社 (2003-08-19)
★★★★☆ 読了日:2015年5月7日
厨房のちいさな名探偵 (コージーブックス)
ジュリー ハイジー / 原書房 (2015-05-08)
★★★★☆ 読了日:2015年5月7日
「厨房のちいさな名探偵」ジュリー・ハイジー著/

「世界でもっとも重要な台所」と呼ばれる、ホワイトハウスの厨房で働くオリーは、小柄ながら腕と舌は確かなアシスタント・シェフ。彼女の任務は、大統領の朝食から晩餐会にいたるまでの献立を吟味し、期待以上の料理で彼らの胃袋をつかむこと。ところがある日、ホワイトハウスに不法侵入した男をフライパンで打ちのめしたせいで、彼女は国際手配の殺し屋から命を狙われることに! いっぽう厨房では、一週間で重要な国賓晩餐会のメニューを決めるという前代未聞の事態が発生。オリーは、夢だった総料理長の座を射止めるためにもこの大ピンチを乗り切れるのか!? ホワイトハウスの舞台裏で大活躍する料理人を描くシリーズ第一弾! アンソニー賞、バリー賞、ラヴィー賞受賞の話題作。

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
瑠璃宮夢幻古物店 : 2 (アクションコミックス)
逢坂八代 / 双葉社 (2014-12-10)
★★★★☆ 読了日:2015年5月5日
ザ・ワンピース 篠原ともえのソーイングBOOK
篠原 ともえ / 文化出版局 (2015-04-24)
★★★★★ 読了日:2015年5月5日
モーリス・ルヴェル短篇集 2 大時計
モーリス ルヴェル , Maurice Level / メエルストレエム (2014-07-08)
★★★★☆ 読了日:2015年5月4日
透明カメレオン
道尾 秀介 / KADOKAWA/角川書店 (2015-01-30)
★★★★☆ 読了日:2015年5月4日
「透明カメレオン」道尾秀介著/

ラジオのパーソナリティの恭太郎は、冴えない容姿と“特殊”な声の持ち主。今夜も、いきつけのバー「if」で仲間たちと過ごすだけの毎日を、楽しくて面白おかしい話につくり変えてリスナーに届ける。恭太郎が「if」で不審な音を耳にしたある雨の日、びしょ濡れの美女が店に迷い込んできた。ひょんなことから彼女の企てた殺害計画に参加することになる彼らだが―。陽気な物語に隠された、優しい嘘。驚きと感動のラストが心ふるわす―。

↑本の内容紹介から。
癩病やみの話
マルセル シュウォッブ /
★★★★★ 読了日:2015年5月3日
法王の祈祷
マルセル シュウォッブ /
★★★★☆ 読了日:2015年5月3日
浮浪学生の話
マルセル シュウォッブ /
★★★★☆ 読了日:2015年5月3日
誰でもない彼の秘密
マイケラ・マッコール / 東京創元社 (2015-04-27)
★★★★★ 読了日:2015年5月2日
「誰でもない彼の秘密」マイケラ・マッコール著/

1845年、アメリカの小さな町。ディキンソン家の娘、15歳のエミリーは洒落た身なりの美青年と出会う。身内の問題を解決するため、この町に来たらしい。名のるほどの者ではないと言った、謎めいた彼に惹かれたエミリーは町を案内する約束を交わす。ところが数日後、家の敷地内で男性の死体が発見される。それは先日出会ったばかりの彼だった。彼―ミスター・ノーバディが何者なのか、いったいなにが起こったのかを突きとめたい。その一心でエミリーは慣れない調査をはじめる。瑞々しい感性と抜群の観察眼を持つ、偉大な詩人エミリー・ディキンソンの少女時代を描いた鮮やかな力作!

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
臨床犯罪学者・火村英生のフィールドノート 英国庭園の謎 (あすかコミックスDX)
麻々原 絵里依 / KADOKAWA / 角川書店 (2015-04-25)
★★★★☆ 読了日:2015年5月1日
怪盗の伴走者 (ミステリ・フロンティア)
三木 笙子 / 東京創元社 (2015-04-27)
★★★☆☆ 読了日:2015年5月1日
「怪盗の伴走者」三木笙子著/

高広と礼は、怪盗ロータスが起こした一連の窃盗事件の主任検事となっていた安西と再会する。その折、ロータスが盗みに失敗したとの一報が舞い込んだ。稀代の怪盗らしからぬ椿事を訝しむ高広はこの件を調べ始める。安西は今ロータスと敵対する立場にあるが、かつて何物にも囚われぬ自由な魂に惹かれ、並んで駆けた時代があった。決別した二人が再び相まみえたとき、検事の選択は──。大怪盗の思惑が高広と礼を巻き込み帝都を騒がせる〈帝都探偵絵図〉シリーズ第四弾。

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]

Edit