ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

応援してます!

  • 翻訳ミステリー大賞シンジケート
  • 被災地を応援しています
  • 覆面作家企画5

ブログ内検索

  • 2015
  • 09/26
  • Sat

「消えたメイドと空家の死体」エミリー・ブライトウェル著

「消えたメイドと空家の死体」エミリー・ブライトウェル著/

人柄の良さに反比例して刑事の才能はない主の警部補のため、こっそり事件を解決してきた屋敷の家政婦ジェフリーズ夫人と使用人たちは、その実績を見こんだ知人に、行方知れずのメイド捜しを依頼される。一方、警部補は新たに身元不明の若い女性が殺された事件を担当することに。捜査を始めるや、このふたつの事件が意外な形で結びつく?話題沸騰、痛快ヴィクトリア朝ミステリ。

↑本の内容紹介から。

ひっそりと刑事であるご主人様の事件解決を助ける、家政婦ジェフリー夫人と使用人仲間たちの活躍を描く、
ヴィクトリア朝時代を舞台にしたライトミステリの、第二弾です。
前作「家政婦は名探偵」で、ご主人様ウィザースプーン警部補を助けた(あくまでひっそりと、ご主人様が自分で解決したように)ジェフリー夫人たちですが、謎解きというか、探偵ごっこの魅力とりつかれるも、平穏な日々に少し暇を持て余し気味だったところ、前回の事件で知り合い、夫人たちの活躍ぶりを知ったルティ・ベルから知人の消えたメイド捜しを頼まれます。
既に消えて数ヵ月、事件に巻き込まれたのなら望みはないと思いつつも、探偵ごっこの刺激的な日々を得ようと、引き受けます。
そうして調査に奔走するなか、
ご主人様のウィザースプーン警部補は空家で発見された死体の事件を担当することになり――と。
まあ、ミステリを読みなれていると、少しばかり筋道が読める(まだ可能性は残っているのに、早々に結論付けるところは、ミスリードを誘っているのかなと)部分もあるんですが。
二転三転と夫人らが翻弄されては最後まで飽きさせない展開で前作にも増して、面白くなっていました!
そしてこのシリーズのいいところは、仲間が皆、ちゃんとそれぞれ役割を持って動いているところ。
ぼんやり従僕のウィギンズなんて、大活躍だし。
ルティ・ベルにも役割があれば、彼女の執事にも。
そうして、前作同様ラストでは次の事件らしい予告も差し挟まれて、次も楽しみ!
来年の春が待ち遠しい。

消えたメイドと空家の死体 (創元推理文庫)
エミリー・ブライトウェル
東京創元社 ( 2015-09-12 )
ISBN: 9784488200053

家政婦は名探偵 (創元推理文庫)
エミリー・ブライトウェル / 東京創元社 ( 2015-05-11 )


top↑