ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん
・マリア
(レッドデリシャス)
・アリス
(ユニバーシティオブラブ)
・ローズ
(モニークマニフィーク)
・ティナ
(セイディスプリンクル)
・リディ
(キスミートゥルー)
・ニーナ
(ミシャティビャーリュブリュー)
・ユリア
(ローシェックモルセー)
・カレン
(シャルロットデフルール)
・アメリア
(レジーナ・アーウェン)
・イザベラ
(ビアンカパール)
・ジュリア
(スコッティマム)
・エステル
(サリー・サルマガンディ)
*べべ
(メラニーユビークガール)
・メアリー
(ダークラビットホール)
・ソフィア
(ミンティーマジック)
・メロディ
(プレイフルレインドロップス)
・ルーシー
(デヴィデラクール)
・グリシーヌ
(アドアーズ・アナ)
・クラリッサ
(ホームスウィートホーム)

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

応援してます!

  • 翻訳ミステリー大賞シンジケート
  • 被災地を応援しています
  • 覆面作家企画5

ブログ内検索

  • 2016
  • 03/03
  • Thu

ひな祭り。

気がついたら、三月ですか。そうですか。
花粉が飛び始めて、若干鬱な今日この頃です。

だけど、まあ。とりあえず、ひな祭り!ひな祭り!
ということで、カレンさんとジュリアさんにピンクなお着物を着ていただいて、ひな祭りっぽく。




前回の日記に書きました通り、「カクヨム」さんで小説公開しています。
とりあえず「薔薇の女王」「飛べない鳥たちの恋歌」「蒼天の君」を本編、完結まで。
あと「秘密を閉じ込めて」を現在、6話まで。ぼつぼつと更新していきます。
サイトに掲載されているものと内容は変わっておりませんので、ご注意を。





↓以下、二月の読書のまとめ。

期間 : 2016年02月
読了数 : 12 冊
Dollybird vol.23
ホビージャパン (2016-02-26)
★★★★★ 読了日:2016年2月27日
幸せのレシピ 特別版 [DVD]
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ , アーロン・エッカート / ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-04-21)
★★★☆☆ 読了日:2016年2月21日
L.A.コンフィデンシャル [DVD]
ジェリー・ゴールドスミス , ラッセル・クロウ / 日本ヘラルド映画(PCH) (1999-01-20)
★★★☆☆ 読了日:2016年2月21日
モネ・ゲーム [DVD]
コリン・ファース , キャメロン・ディアス / Happinet(SB)(D) (2013-11-02)
★★☆☆☆ 読了日:2016年2月19日
おひとり様物語(6) (ワイドKC Kiss)
谷川 史子 / 講談社 (2016-02-12)
★★★★★ 読了日:2016年2月19日
チョコレート・ダンディ 〜可愛い恋人にはご用心〜 (コバルト文庫)
我鳥 彩子 / 集英社 (2016-01-29)
★★★★☆ 読了日:2016年2月14日
よいこの君主論 (ちくま文庫)
架神恭介 , 辰巳一世 / 筑摩書房 (2009-05-11)
★★★★☆ 読了日:2016年2月11日
Butterflies(初回限定盤)(DVD付)
BUMP OF CHICKEN / トイズファクトリー (2016-02-09)
★★★★★ 読了日:2016年2月11日
カルテット!人生のオペラハウス [DVD]
マギー・スミス , トム・コートネイ / ポニーキャニオン (2013-11-02)
★★★☆☆ 読了日:2016年2月7日
黄昏の彼女たち〈下〉 (創元推理文庫)
サラ・ウォーターズ / 東京創元社 (2016-01-29)
★★★★☆ 読了日:2016年2月6日
「黄昏の彼女たち 上・下」サラ・ウォーターズ著/

リリアンの衝撃的な告白が、秘密の恋人たちの仲に変化をもたらすなか、ある夜ついに悲劇は起きる。人の死というかたちを取って。予想外の事態に翻弄されるフランシスとリリアン。だが、それはさらなる怒濤の展開の始まりにすぎなかった……。大家と下宿人から道ならぬ恋人同士に至ったふたりの関係と「事件」は、いかなる結末を迎えるのか。一九二〇年代のロンドンを舞台に圧倒的な描写力で読ませる、ウォーターズのミステリ大作。

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
薔薇とハナムグリ シュルレアリスム・風刺短篇集 (光文社古典新訳文庫)
モラヴィア / 光文社 (2015-05-12)
★★★★☆ 読了日:2016年2月6日
「薔薇とハナムグリ シュルレアリスム・風刺短篇集」モラヴィア著/

官能的な寓話「薔薇とハナムグリ」、眠り続けるモグラの怪物の夢に操られる島民の混乱を描く「夢に生きる島」。ほかに「ワニ」「疫病」「蛸の言い分」など、シュールで風刺のきいた世界が堪能できる20世紀を代表する作家モラヴィアの傑作短篇15作。「読まねば恥辱」級の面白さ!

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
黄昏の彼女たち〈上〉 (創元推理文庫)
サラ・ウォーターズ / 東京創元社 (2016-01-29)
★★★★★ 読了日:2016年2月1日
「黄昏の彼女たち〈上〉」サラ・ウォーターズ著/

第一次世界大戦で父と兄弟を喪い、母とふたりで生きていくため屋敷の部屋を貸すことにしたフランシス。下宿人になったのは、快活なレナードとおとなしいリリアンのバーバー夫妻だった。ひとつ屋根の下で暮らすうち、フランシスとリリアンには互いを想う感情が芽生えていく。そんな彼女たちの関係は、ある人物に死をもたらし、何人もの運命を思わぬ形で変えるのだった。時代に翻弄される女性たちを流麗に描く、傑作文芸ミステリ最新

↑本の内容紹介から。

top↑