ブログランキング
この瞳に映るもの この瞳に映るもの

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

松原冬夜

Author:松原冬夜
「夜の夢」というサイトで小説などを書いています。
現在、ブライスさんに夢中。
写真は家のお人形さん

↓本館・夜の夢

↓ブライス写真ブログ

↓「彩」名義のお題サイト
88x31.jpg

Instagram

↓最近読んだ本など。
  




カテゴリー

応援してます!

  • 翻訳ミステリー大賞シンジケート
  • 被災地を応援しています
  • 覆面作家企画5

ブログ内検索

  • 2016
  • 05/07
  • Sat

読書のまとめ。

気がついたら、五月ですか。そうですか。
本しか読んでないので、本の感想を書く以外にブログに書くこともなく。
その本の感想も書きたいと思いつつ、日が経ち……。
気がついたら、五月ですか。そうですか。(二回目)



とりあえず、四月の読書のまとめ。
皆川さんの「クロコダイル路地」は読み応えがあって、さすがでした!

期間 : 2016年04月
読了数 : 21 冊
倫敦千夜一夜物語 ふたりの城の夢のまた夢 (集英社オレンジ文庫)
久賀 理世 / 集英社 (2016-04-20)
★★★★☆ 読了日:2016年4月30日
「倫敦千夜一夜物語 ふたりの城の夢のまた夢」久賀理世著/

19世紀末、英国。兄アルフレッドとともに貸本屋“千夜一夜”を営むサラの毎日は、ささやかな謎に満ちている。消える蔵書票。店の片隅でひとり涙する少年。そして兄の旧友ヴィクターとともにでかけたピクニックで若い女性の遺体を発見したサラは、やがてロンドンを騒がせる連続殺人事件に深く関わることになり!?名作文学が鍵を握る、ヴィクトリアン・ミステリー!!

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
ノッキンオン・ロックドドア (文芸書)
青崎 有吾 / 徳間書店 (2016-04-08)
★★★☆☆ 読了日:2016年4月29日
「ノッキンオン・ロックドドア」青崎有吾著/

密室、容疑者全員アリバイ持ち、衆人環視の毒殺など「不可能(HOW)」を推理する御殿場倒理と、理解できないダイイングメッセージ、現場に残された不自然なもの、被害者の服がないなど「不可解(WHY)」を推理する片無氷雨。
相棒だけどライバル(!?)な探偵ふたりが、数々の奇妙な事件に挑む! 新時代の本格ミステリー作家が贈る、ダブル探偵物語。

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
先生、大事なものが盗まれました (講談社タイガ)
北山 猛邦 / 講談社 (2016-04-19)
★★★☆☆ 読了日:2016年4月28日
「先生、大事なものが盗まれました」北山猛邦著/

愛や勇気など、形のないものまで盗む伝説の怪盗・フェレス。その怪盗が、凪島のアートギャラリーに犯行後カードを残した!灯台守高校に入学した雪子は、探偵高校と怪盗高校の幼馴染みとともに調査に乗り出す。だが盗まれたものは見つからず、事件の背後に暗躍する教師の影が。「誰が?」ではなく「どうやって?」でもなく「何が盗まれたのか?」を描く、傑作本格ミステリ誕生!

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
向ヒ兎堂日記 6巻
鷹野 久 / 新潮社 (2016-01-09)
★★★★☆ 読了日:2016年4月26日
クロコダイル路地2
皆川 博子 / 講談社 (2016-04-20)
★★★★★ 読了日:2016年4月25日
「クロコダイル路地1・2」皆川博子著/

革命は終わった。登場人物たちは、フランスを脱出してイギリス・ロンドンへ。ローラン、ピエール、コレットは革命期に負った「傷」への代傷としての「復讐」を試みる。「革命という名の下になされた不条理に、私は何もなし得ない。ゆえに、個が個になした犯罪の是非を糺す資格も、私は持たない。私は、法がいうところの犯罪者になるつもりだ」私は、殺人を犯す。それは罪なのか?あの“バートンズ”も登場!小説の女王の最新ミステリ長編。産業革命期のロンドンを駆け巡るイギリス篇。

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
クロコダイル路地1
皆川 博子 / 講談社 (2016-04-20)
★★★★★ 読了日:2016年4月23日
「クロコダイル路地1」皆川博子著/

1789年7月14日、民衆がバスティーユ監獄を襲撃。パリで起きた争乱は、瞬く間にフランス全土へ広がった。帯剣貴族の嫡男フランソワとその従者ピエール、大ブルジョアのテンプル家嫡男ローラン、港湾労働と日雇いで食いつなぐ平民のジャン=マリと妹コレット。“革命”によって変転していくそれぞれの運命とは。小説の女王が描く壮大な叙事詩的物語と、仕組まれた巧妙な仕掛け。革命期の貿易都市ナントから始まるフランス篇。
マダム・プティ 7 (花とゆめCOMICS)
高尾滋 / 白泉社 (2016-04-20)
★★★★★ 読了日:2016年4月22日
おちくぼ (花とゆめコミックス)
山内直実 / 白泉社 (2015-08-20)
★★★★☆ 読了日:2016年4月21日
夜な夜な天使は舞い降りる (はじめて出逢う世界のおはなし チェコ編)
パヴェル ブリッチ / 東宣出版 (2012-11)
★★★★☆ 読了日:2016年4月18日
「夜な夜な天使は舞い降りる」パヴェル・ブリッチ著/

プラハのとある教会では、守護天使たちが集い、ワイン片手に、自らが見守っている人間たちの話を繰り広げている。
ハンググライダーに熱意を注ぐアレックスの天使は過労気味で、ワイン作りにすべてをかけるチェニェクの天使は圧搾機でつぶされてしまう……。かつて美男子であったという天使は美しいアニンカに恋してしまい、サッカー選手アントン・オンドルシュの天使は一緒にゴールを決めた! あるじを裏切ってしまった天使や、ヴァスコ・ダ・ガマを見守りインド航路を発見した天使など、国を超え時も越えた天使たちのおしゃべりは、夜な夜な続く。

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
ゴールデンカムイ 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
野田サトル / 集英社 (2015-03-19)
★★★★☆ 読了日:2016年4月17日
ゴールデンカムイ 5 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
野田サトル / 集英社 (2016-01-19)
★★★★☆ 読了日:2016年4月17日
ゴールデンカムイ 3 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
野田サトル / 集英社 (2015-06-19)
★★★★☆ 読了日:2016年4月17日
ゴールデンカムイ 4 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
野田サトル / 集英社 (2015-09-18)
★★★★☆ 読了日:2016年4月17日
ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
野田サトル / 集英社 (2015-01-19)
★★★★☆ 読了日:2016年4月17日
倫敦千夜一夜物語 あなたの一冊、お貸しします。 (集英社オレンジ文庫)
久賀 理世 / 集英社 (2015-03-20)
★★★★☆ 読了日:2016年4月17日
「倫敦千夜一夜物語 あなたの一冊、お貸しします。」久賀理世著/

19世紀末・英国。ロンドン郊外の静かな町で、貸本屋“千夜一夜”を営むサラとアルフレッド兄妹。とある事情から侯爵家の生まれという身分を隠して暮らしているふたりだったが、店にはとっておきの一冊を求めて今日もたくさんの客がやってくる。そんなある日、「探してほしい本がある」という貴族の兄弟が店をおとずれて…。ヴィクトリアン文学ミステリー!!

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
Dolly*Dolly 2016spring (お人形BOOK)
Dolly*Dolly編集部 / グラフィック社 (2016-04-07)
★★★★☆ 読了日:2016年4月12日
暗幕のゲルニカ
原田 マハ / 新潮社 (2016-03-28)
★★★★☆ 読了日:2016年4月11日
「暗幕のゲルニカ」原田マハ著/

一枚の絵が、戦争を止める。私は信じる、絵画の力を。手に汗握るアートサスペンス! 反戦のシンボルにして2 0世紀を代表する絵画、ピカソの〈ゲルニカ〉。国連本部のロビーに飾られていたこの名画のタペストリーが、2003年のある日、突然姿を消した―― 誰が〈ゲルニカ〉を隠したのか? ベストセラー『楽園のカンヴァス』から4年。現代のニューヨーク、スペインと大戦前のパリが交錯する、知的スリルにあふれた長編小説。

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
二人のウィリング (ちくま文庫)
ヘレン マクロイ / 筑摩書房 (2016-04-06)
★★★★☆ 読了日:2016年4月10日
「二人のウィリング」ヘレン・マクロイ著/

ある夜、自宅近くのたばこ屋でウィリングが見かけた男は、「私はベイジル・ウィリング博士だ」と名乗ると、タクシーで走り去った。驚いたウィリングは男の後を追ってパーティー開催中の家に乗り込むが、その目の前で殺人事件が…。被害者は死に際に「鳴く鳥がいなかった」という謎の言葉を残していた。発端の意外性と謎解きの興味、サスペンス横溢の本格ミステリ。

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
レディ・ヴィクトリア アンカー・ウォークの魔女たち (講談社タイガ)
篠田 真由美 / 講談社 (2016-02-18)
★★★★☆ 読了日:2016年4月3日
「レディ・ヴィクトリア アンカー・ウォークの魔女たち」篠田真由美著/

アルヴァストン伯爵家で行われた晩餐会の夜、「エトワール」と讃えられるダイヤモンドの耳飾りが片方だけ、忽然と消えた。スコットランド・ヤードも手を焼くその事件は、噂話には事欠かないヴィタ・アメリ・シーモア元子爵夫人に持ち込まれることに。天真爛漫なレディと笑顔ひとつ見せない美貌で有能なメイド。19世紀ロンドンを舞台に自由な女性たちの冒険が、はじまる!

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]
ベリーカルテットの事件簿 薔薇と毒薬とチョコレート (集英社コバルト文庫)
青木祐子 / 集英社 (2013-12-10)
★★★☆☆ 読了日:2016年4月3日
新釈 グリム童話 -めでたし、めでたし?- (集英社オレンジ文庫)
谷 瑞恵 , 白川 紺子 / 集英社 (2016-03-18)
★★★★☆ 読了日:2016年4月2日
「新釈グリム童話」谷瑞恵/白川紺子/響野夏菜/松田志乃ぶ/希多美咲/一原みう著/

老舗ホテルの一人娘として生まれた「眠り姫」は、経営不振の実家を救うためにお見合いをすることに。「ヘンゼルとグレーテル」は廃屋から届くケーキの注文に戸惑っていた。自分こそが学年一の美少女だと思っている「白雪姫」は、同じくらい美しい無愛想な少女の存在が気になっていて…。誰もが知る“グリム童話”を大胆にアレンジ!人気作家の作品、全六編を収録。

↑本の内容紹介から。
[続きを読む]

top↑