09

January February March April May June July August September October November December
2018(Wed)

意気込みテンプレート

企画。

「蝶のいた庭」「動く標的」「ミランダ殺し」読了。
「蝶がいた庭」は少女たちを攫い、自分にとっての楽園を作る庭師の欲望がおぞましかった。
直接的な描写はないんだけれど、これは個人的に駄目な部類でした。
でも、捜査官のヴィクターさんが優しくて救われた。彼の背後にある家族も素敵(直接は出てこないけれど)
このお話は私にとって駄目要素が辛かったけれど、シリーズ物らしいので続編が翻訳されたら読むかな。
(ミステリなので、この作品だけで事件は解決してます)

「動く標的」はマーガレット・ミラーの旦那さんロス・マクドナルドの新訳版。読んだことがなかったので、読んでみた。
初期作品らしいので、手応えはそこまでではなかったけれど。
解説が作品とその背景にある夫婦や家族のエピソードまで及んでいて、マーガレット・ミラー作品共々、読んでいきたいです。
「ミランダ殺し」はそのマーガレット・ミラーの作品。(繋がりで、積ん読本崩し)

と、読書に一区切りがついてからと思っていたら、既に覆面企画が開催されており。
かなり乗り遅れた感がありますが、以下は「意気込みテンプレート」に回答しました。

(5/24に、作品サンプル集を最後に追加しました)



■作者名
松原冬夜

■サイト名&アドレス
夜の夢 http://www.geocities.jp/matubaratouya/

■参加ブロック
Dブロックです。

■自己紹介、プロフィールページはありますか?
http://www.geocities.jp/matubaratouya/matubara.htm#3

■好きなWEB作家さん&WEB小説作品はありますか?
×百冊という積ん読の壁に阻まれまして、そちらにまで手が回っておりません……。

■好きな作家さん&作品を教えてください。
自己紹介のページにも書いてますし、そこからまた好きな作家さんが増えて、
百本の指があっても足りない。
とりあえず、去年読んだマイベスト10とか。
「蜜蜂と遠雷」恩田陸
「辺境図書館」皆川博子
「神経内科医の文学診断」岩田誠
「嘘の木」フランシス・ハーディング
「ルート66〈上・下〉」キャロル・オコンネル
「湖の男」アーナルデュル・インドリダソン
「プリンス・チャーミングと呼ばれた王子たち」クリストファー・ヒーリー
「ワニの町へ来たスパイ」ジャナ・デリオン
「ガイコツと探偵をする方法」レイ・ペリー
「怪物はささやく」パトリック・ネス

皆川博子さんが大好きです。現在はほぼ海外ミステリがメインです。
幻想、怪奇も大好物。読書遍歴は「こちら

■最近読んだ本の中で、オススメの1冊と言えば何ですか?
とりあえず、ミステリでは、キャロル・オコンネルの「生贄の木」ですね。
キャシー・マロリーシリーズの最新刊です。
強烈な個性を持った登場人物たちが、好きなのです。
物語も毎回、胸を締め付けられる切なさと苦しさがあります。

ファンタジー小説では「緑の扉は夢の入口」とか。
時間旅行者シリーズのケルスティン・ギアの新刊です。YA向けですが、面白いよ。

他に、幻想小説では「夢のウラド」ですね。
シャープ・マクラウドと男女二つのペンネームで作品を発表していた作家の短編集です。
孤独な王というモチーフが私は好きで、表題作「夢のウラド」はマルセル・シュオッブの「黄金仮面の王」に匹敵するくらい、ツボでした。シャープ名義の「丘の風」の活き活きとした自然描写もまた堪らなく良かったです。
装幀も素敵。


■作家以外の趣味はなんですか?
現在は、ブライス人形にハマっています。
気がつけば20人のお嬢様方と暮らしております。可愛いお嬢さんたちの写真を撮ったり、着せ替えしたり。
そこから色々とハンドメイドなども。

■今まで、覆面作家企画に参加されたことはありますか?
第四回と、第五回に参加しました。

■前回参加時、あなたの作品はどなたの作品だと間違われましたか?
ええっと、記録を残していないので、忘れてしまいました。

■前回参加時、あなたは誰の作品の作者と間違われましたか?
上に同じ。

■前回と同じブロックだった作者さん、今回もいますか?

■この作品を書くのに、どのくらい時間がかかりましたか?
この題材(設定など)で書きたいなと思ってからは約一ヶ月。書いたのは二日で。
書きたかった話(ストーリー)と全然違う物になりましたしたけど、まあ、いつもそんな感じです……。

■推理をかわすための作戦は?
特になにも……。ひとつだけ、柄にもないことをしているだけですかね。

■ズバリ言って、今回、あなたの作品を推理するのは簡単ですか?
短編だと、どうしてもある型に落ち着いてしまうといいますか。
一番好きなスタイルで書いてしまうので、作風とかより、型を見抜けば簡単だと思います。
あと、まあ、題材の時点で……。

■この企画のために書いた作品、他にもありましたか?
ないです。

■その作品を提出しなかった理由は?

■あなたが最近、良く書いている作品のジャンルは何ですか?
ここ半年、書いてないんですが(汗)
ジャンルは決まっておりません。引き出しが多い作家さんが好きなので、そこを目標に色々なお話を書けたらと思ってますので。
節操なく。

■この企画への参加作品以外で、一番最近書いた作品は?
半年前に書いたものなんですが、更新し損ねていた「姫様の仰せのままに」

■その作品は、推理のための重要なヒントになりますか?
これまた、型にはまっております。

■参加者さん&読者さんに一言。
ここ数年は、お人形世界にどっぷりと浸っていたので(今もですが)
既に忘れられているかと思いますので、皆様、初めまして。
よろしくお願いいたします!

以下、Twitterの方で見かけました作品サンプルリストです。
色々と被っているのがある気がしますが。
①一人称のサンプル「君が呼んだ、その先で」
②三人称のサンプル「王の聖婚」
③現代のサンプル 「ハロウィン・ナイト」
④FTのサンプル「俺様と竜の姫」
⑤SFのサンプル
⑥ミステリーのサンプル 「ガラスの卵」
⑦童話のサンプル「クリスマス・プレゼント」
⑧歴史もののサンプル
⑨性癖展覧会会場「灰と散りても」「死神の花婿」「死神の抱擁」性癖、一番好きなのはツンツンツンなとにかく強い女性なんですが。それはないので。
二番目に好きな傾向は……多分、残酷というか、暗黒物語?猛毒小説。
⑩ホラーのサンプル「怪奇な家」(違う気もしますが)
⑪コメディのサンプル「イーズデイル家のとりとめのない日常」


Edit